旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

板塀と祖父母の思い出。

f0217617_1944997.jpg
昔はどこでもよく見かけた、こんな板塀。
今でもたまに見かけることがあって、
そしてこれを見ると、昔、祖母から聞いた話を思い出します。
うちの祖父と祖母はお互い福島県の生まれなのですが、
結婚してまだ若い頃に東京に引っ越してきて、こちらで暮らしていたそうです。
その当時住んでいた町というのが目黒区月光町。
月光町、きれいな地名ですね。
調べてみると、月光町という町名は1966年に消滅し、
今日では目黒本町と呼ばれているそうです。
目黒本町、風情のない地名ですね。
うちの祖父は、明治生まれにもかかわらず身長が180センチあり、
顔つきもまるで欧米人。
僕もときどきそんなふうに言われることがありますが、
僕から見ても祖父は日本人離れした容貌で、
どちらかというと白系ロシア人のようでした。
引っ越してきた月光町の家は、
写真のような板塀に囲まれていたそうです。
一戸建てといっても小さな家で、当然風呂はなし。
入浴は、いつも庭にたらいを出して行水していたそうなのですが、
祖父が引っ越して来た件は、近所の、とくに子どもたちの噂になったようで、
「あの家には外国人が引っ越してきた!」と評判になり、
祖父の行水中は、いつも板壁の下から子どもたちに覗かれるようになり、
祖母は子どもたちをたしなめるのがタイヘンだったとのことでした。
気の優しい祖母のことなので、叱ることができなかったんだろうな。
そんな祖父は15年前に97歳で他界し、
祖母も昨日、105歳で亡くなりました。
もっともっと、いろんな昔の話を聞いておきたかったな。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-21 19:06 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< ホームステイに来た島トウガラシ。 三囲神社の狐さん。 >>