旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

春の埼玉スタジアム。

f0217617_11285852.jpg
春の埼玉スタジアムへ向かいます。
実は今年の初参戦。
ホーム開幕戦でいきなり発生した、例の情けない事件の影響もあるのでしょう。
いまひとつ足が向かなかったのですが、
昨日は、いきなり思い立ち出かけました。
昼間の暖かい陽気もその気にさせたのでしょう。

f0217617_11283739.jpg
最近は当日直接スタジアムに行っても、
そこそこよい席のチケットが手に入るのがうれしいような、かなしいような、
で、それほど並んでもいないチケット売り場の最後尾に並んでいると、
見知らぬ男性から、
「チケット1枚余っちゃってるんですけど、買ってもらえませんか」と声を掛けられ、
格安でチケットを譲ってもらえました。
こいつは春から縁起がいいですね。

f0217617_11291940.jpg
会場には、昨シーズンで引退した鉄人・山田暢久選手の引退試合の案内が。
チケットの席種名はすべて「暢久」しばり。
個人的には「暢久自由大人」が一番しっくりくるでしょうか。

対戦相手は川崎フロンターレ。
最近あんまり相性のよくないチームですね。
試合のほうは、川崎のねちっこいパスまわしに手を焼きつつも、
浦和はワンタッチパスをつなげてゴールに迫るという展開。
アクセントのようにときどきゴール前に放り込まれるボールに一喜一憂です。
結局、後半半ばに少ないチャンスもものにした浦和が、
そのままシャットアウトで逃げ切りました。
いやあ、お互いがお互いのストロングポイントを前面に出せた、
よいゲームだったのではないでしょうか。

f0217617_11294472.jpg
この日の入場者数は3万5239人。
最近ではまずまずの数字ではないでしょうか。

f0217617_1130454.jpg
ゲーム終了後、
いつもなら雑踏が一息つくのを待つためもあり、
スタジアム前のアフターバーで
ビールの1〜2杯も引っかけてから帰路につくのですが、
(ゲーム中ももちろん飲んでるくせに)
この日は一人ということもあり、
さらには日中の暖かさとはうって変わった厳しい寒さに勝てず、まっすぐ帰宅。
おかげで電車は都心まで立ったままでしたとさ。
しかし、やっぱりスタジアムはいいな。
チケットも取りやすいことだし、今年はもっとふらりと行ってみよう。

ところで、僕にチケットを譲ってくれた男性。
「並びの席なんで、試合が始まったらまた会いましょう」と挨拶して別れたのですが、
結局来ることはありませんでした。
僕の隣りは最後まで空席のまま。
彼はひょっとして「これからはもちっと来るんじゃぞ」という、
フットボールの「席」の神様だったのでしょうか?
埼玉県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-20 11:36 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 今年も東の窓際はこいつに占拠されり。 シャガがあちこちで咲いている。 >>