旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

突然、胃に激痛! ま、まさか。

f0217617_14462861.jpg
テレビ中継がないので、
しかたなくネットで情報収集していた昨日のサッカー、浦和対横浜戦。
試合はなんとか浦和が逃げ切ったのですが、
そのあたりからどうも胃に痛みが。
なんだろう。とくに食べ過ぎた記憶もないしな。
それに食べ過ぎなら、胃だけではなく腸、そしてトイレ方面も活性化するはず。
そんなことを考えながらも、
一晩我慢して寝ちゃえば直るでしょと、
必殺「一晩寝かせる」作戦(パソコンなんかはけっこうこれで直る)を結構したのですが、
痛みで1時間おきに目が覚めてしまい、
これはちょっとヤバイかもとひとり深夜に不安になります。
しかしその段になっても、腸&トイレの両者はいたって健全。
胃だけがこんなに痛い病気ってなんだ……、
ま、まさかアニサキス!
でも近日のアジサバ系の生ものなんて食べて、 いた。
イワシのマリネ食ったよ、オレ。
腹痛に七転八倒しながらも、
心の中はどこか「あら−、とうとうオレも来たか」と冷静でした。
翌朝一番で近所の大病院に行き、まずは症状を説明。
先生も痛みの位置などから、
敵は胃袋にありと判断したようで、
まずは採血で肝炎などの可能性を潰していき、
いよいよ内視鏡(胃カメラ)です。
口から内視鏡を入れるのは初めてなんだけど(下からは経験アリ)、
いやあ、なめてましたよ。
あんなにツライものだとは。
入れる前のミスト状の麻酔を喉に吹く時点ですでにオエオエ。
入れはじめてからも、もうえづきまくり。
昨晩から何も食べてないから何も戻ってはこないんだけど、
顔は涙と汗でびっしょりです。
女性の先生も「痛くはしませんから……」とか、
「体の力を抜いて……」とか、
「目は開けておいてね……」とか、
どっかで聞いたことがあるようなセリフで僕をリラックスさせようと一生懸命です。
そしてようやく開放されたのちの先生の言葉は、
「いませんね、アニサキス」
ガーン! なんですとー!
イワシはシロ! アニサキス冤罪!
こんな苦しみをしてその見返り?がないとは……。
まあ、胃カメラ初めてだし、胃のチェックができたからいいんだけど(←負け惜しみ)。
では真犯人は誰だったのか?
それがよくわからんのです。
胃カメラ直後は、胃の痛みもマックス状態まで上がっていて、
「これがアニーちゃんのせいでないとしたらいったい……」と、
全身に不安がよぎったのですが、
その後もう一回診察してもらうのに小一時間待っていたところ、
次第に痛みも穏やかになってきてしまったんだな。
先生は、胃けいれん的な可能性に言及するし。
とりあえず、痛み止めその他の薬を処方してもらい帰宅。
実際のところ、原因はなんなんだろう。
ちなみに、過去にサッカー・ナビスコカップの決勝、
浦和対鹿島戦を見ていたときにも調子が悪くなったことがあって、
このときは前日食べたレバ刺しによる
カンピロバクター・ジュジュニ菌由来の食中毒でしたとさ。
いずれも浦和が勝っていることから、
我が身を挺してチームに福を与えているのではないかと思います。
きっとそうに違いない。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-30 14:46 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)
<< 朝と夜とが入れ替わるとき。 よもぎのパンが美味しくて。 >>