旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『風街レジェンド』に行ってきた。

f0217617_1131770.jpg
昨晩は『風街レジェンド2015』、
松本隆作詞活動45周年プロジェクトを満喫。
はっぴいえんどのメンバーはもちろん、
松本隆がこれまで詞を提供してきたアーティストが勢揃いして、
持ち歌を歌っていくという贅沢なライブです。
会場が東京国際フォーラムということもあって、
会場の2時間前には有楽町に集合し、
まずはガード下の焼き鳥屋で燃料補給です。

f0217617_11314471.jpg
「太田裕美は『木綿のハンカチーフ』を歌うとして、『さらばシベリア鉄道』はどうするよ? 」とか、
「『冬のリビエラ』聴きたいけど、まさか森進一は来ないだろうし。大瀧詠一ももういないんだぜ」とか、
「『風をあつめて』はやっぱり矢野アッコちゃんかね」とか、
いいオッサンが二人そろって中学生状態。

f0217617_11323128.jpg
そしていよいよ開演。
オープニングははっぴえんどの3人で『夏なんです』!
『はいからはくち』は佐野元春!
もちろん太田裕美は「木綿のハンカチーフ」!
このトシになって生「木綿のハンカチーフ」が聴けようとは。
『君は天然色』『A面で恋をして』といった大瀧詠一ナンバーは、
佐野元春、杉真理、伊藤銀次といったナイアガラメンバーが。
懸案だった『冬のリビエラ』はまさかの鈴木雅之ですよ。
アッコちゃんは予想に反して、
松本隆最初のヒット曲になったという、
アグネスチャンの『ポケットいっぱいの幸せ』。
もちろんアッコちゃん節全開で、
ほとんど原型は留めていませんでしたが。
『さらばシベリア鉄道』は後半に太田裕美が再び!
『風をあつめて』は、最後に細野さんが歌い上げ、
そこに参加アーティスト全員がコーラスでフィナーレ。
ほかにも、原田真二、大橋純子、南佳孝、寺尾聡、山下久美子、EPO、早見優、斉藤由貴、しょこたん、イモ欽トリオetc……。
あらためて、こんなに大勢に詞を提供していたことを再認識。
個人的には、吉田美奈子による『WOMAN~Wの悲劇より』が衝撃でした。
CD欲しい!と思ったけど、持ち歌ではないから無理かな。
7時に開演し終わったのは11時。
休憩なしのぶっ通しの甘美な4時間でした。
そして、吉田美奈子も語っていましたが、
かえすがえすも、この場に大瀧詠一がいないことの切なさよ。

f0217617_11325396.jpg
ちなみに全員がもらえるお土産は、オリジナルの「木綿のハンカチーフ」(笑)。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-08-22 11:36 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< ポルトガル巡礼道の様子を掲載さ... 万博のパビリオンがなにかに似ている。 >>