旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『子犬工場』を読んだ。

f0217617_1763550.jpg
気がつけば、いつのまにか30年近いつきあいになる友人にして、
これまでに何冊も僕の無理な企画で本を書いてくれた著者が
新しい本を上梓した。
タイトルは『子犬工場』。
一見かわいらしい響きだが、
その言葉が意味するものは重く、厳しい。
狭く、不衛生な場所で死ぬまで子犬を産まされ続けるお母さん犬。
お母さんの愛情を知る間もなく、
ペットショップへ「出荷」される子犬。
大きくなってしまうと商品価値が落ちるので、
なるべくエサを与えずに小さいままにさせようとするペットショップ。
いっぽうの育てる側も、
子供の誕生日プレゼントとして与え、
自分たち海外旅行に行くのに、
面倒を見る人がいないとか、
ペットホテルが割高だという理由で、
保健所へ送り、結果殺してしまう親。
そしてこれらの悪循環を断ち切るために
著者たちが行っている新しい活動。
本書で書かれているのは犬と猫についてだが、
それ以外のほ乳類、鳥類、爬虫類、両棲類、魚類、昆虫……、
あらゆる「生き物を飼う」ということについて深く考えさせられる。
こういった本で残念なのは、
一番読んでほしい読者、
たとえばカワイイという理由だけで、
ぬいぐるみ感覚で衝動買いしてしまうような人の元に
なかなか届かないということ。
本書が平易な文体で書かれ、
漢字にもルビがふられているのは、
まだ、従来の悪しきペット感覚に染まっていない子供にも
読んでほしいという気持ちからだろう。
これから犬や猫を飼いたいと思っている人には、
ぜひご一読をお勧めします。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-12-07 17:08 | 日々のなかの旅 | Comments(2)
Commented by トチ母 at 2015-12-07 20:34 x
読んだ上に取り上げてくれて、ありがとう!
私に一番初めに「犬の本」を書かせてくれた編集者さんなのに、献本もしないでごめんなさい。
サトークンが言うとおり、一番届いてほしい人たちにはなかなか届かず……、
せめて子どもたちに知ってもらいたくて、児童書になりました。
Commented by apolro at 2015-12-09 18:21
出版おめでとうございます。
近しい人の著書こそ身銭を切って購入せねば、というのが出版不況下における僕の持論です。
たくさんの子どもたち(大人もね)が読んでくれるといいなあ。
<< ほかの昆虫を薬漬けの奴隷として... 懐かしの本郷界隈を散歩してみた。 >>