旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『ブシメシ!』を読んだ。

f0217617_1635847.jpg
コミック『ブシメシ!』を読んだ。
これは江戸時代の食事事情を漫画という手段で紹介したものだ。
『孤独のグルメ』以降、最近この手の漫画はとても多いが、
江戸を舞台にしたというのは初めてではないだろうか。
もうひとつ斬新なのが、
この漫画の原作者が江戸時代に実在した人物であるということ。
紀州藩出身の酒井伴四郎というお武家さんが、
勤番のために江戸に単身赴任した際、
自分の食事事情を事細かに日記に残していて、
それを元にお話が構成されているのだ。
当時、参勤交代で江戸住まいを余儀なくされていた藩主に従って、
江戸の藩邸内の長屋に暮らしていた
下級武士たちの生活も新鮮に描かれているし、
なによりも作中に出てくる食事の美味そうなこと。
「蛤鍋」や「泥鰌の丸煮」、
そして「胡椒飯」……。
彼らが食べていたそんな食事を自分でも作ってみたくなる。
このところ時代小説にハマッている僕にとってはなおさらですね。
実はこの本、オトウトが連載から単行本化まで担当したもの。
うまいことやって、ぜひ続刊も出してほしいものです。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-01-16 16:37 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 小田急ロマンスカーに乗るときは……。 今年も線路沿いを歩く旅が始まる。 >>