旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
轢かれるまであと20センチ。
at 2017-06-29 13:58
夭折した人々。
at 2017-06-28 11:52
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

懐かしい道具と恥ずかしい思い出。

f0217617_15155081.jpg
道具箱から懐かしい道具が出てきた。
長さ10センチほど。
先端に針状のものがつき、
柄の部分には燦然と輝く
「MADE IN SWEDEN」の文字。
登山用品です。
これを使ったことのある人はそこそこの年配者かな。
正解は登山用灯油コンロのノズル掃除用ニードル。
「MADE IN SWEDEN」の文字からもわかるように、
スウェーデンのメーカー「オプティマス」の純正品です。
真鍮製の通称「ラジウス」と呼ばれたコンロは、
灯油を燃料にしているため、
どうしてもノズルにススがたまりやすく、
そのままにしておくと燃焼不良を起こすのですね。
適当にやるとノズルのなかでこの針が折れてしまい、
とっても厄介なことになります。
高校生時代、
放課後に山岳部の部室で
ラジウス本体は「ピカール」で磨き、
このニードルを使ってノズルを掃除するというのが
1年生の日課でした。
そういえばこの道具のことを
うちの部では「マンドリン」と呼んでいたのですが、
あの呼びかた、うちだけだったのかなあ。
当時、新大久保にあったICI石井スポーツに行って、
「マンドリンください」って言ったら、
キョトンとされました。
慌てて「あの、あの、コンロのノズルを掃除する針です」
と言い直したのは高校生にとってもちょっと恥ずかしい思い出です。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-01-26 15:16 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(2)
Commented by おじいさん at 2016-01-26 17:09 x
マンドリンじゃないのですか?
「後家どおし」なんて言ってるヤツもいましたが
Commented by apolro at 2016-01-27 10:54
「後家どおし」はさすがに高校生にはレベル高すぎですが、「マンドリン」という呼び方は登山歴にかかわらず、知っている人と知らない人がハッキリしているんですよね。
<< カッパの足跡? Macのなかから不穏な音が。続編。 >>