旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
SUP初体験。
at 2017-06-19 15:06
焼きそばと納豆はマリアージュ..
at 2017-06-18 15:48
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

狼信仰が残る山里。

f0217617_1048731.jpg
秩父の二本木峠から尾根道を歩き、
辿り着いたのが釜伏峠。
ここは昔から秩父と熊谷方面を結ぶ交易路として用いられて、
いわゆる「秩父往還」の一部となっています。
今では舗装路が抜けているので、
ハイカーよりも自転車のパスハンターに人気があるようです。
そして、この峠にあるのが釜山神社。
なんの予備知識もなくここに辿り着いたのだけれど、
狛犬の姿から一目瞭然。
奥秩父の三峯神社や、
奥多摩の御嶽神社同様、
この神社も狼を祀っているのですね。
引き締まった肉体。
口から顔を覗かせている牙。
やはり稲荷神社のキツネとは一線を画します。

f0217617_10483194.jpg
なかにはこんな愛嬌のあるのや、

f0217617_10484752.jpg
『バビル二世』に出てくるロデム様みたいのもいますが。

狼が悪役にされることが多い、
ヨーロッパの昔話を聞かされた世代からすると、
山のなかの峠越えなんて、
それこそ狼に襲われたらどうしようという、
不安にかられたんじゃないかと思いますが、
当時の人は狼が人を襲わないということを知っていたのですね。
それどころか、
シカやイノシシの食害から畑を守ってくれる神としても
崇められていたのでしょう。

f0217617_10502521.jpg
平日とあって静かな拝殿。
その奥にも小径が続いていたので辿ってみると、
一度山を下り、
さらに崩れやすい蛇紋岩の急登を登り返したところに、
奥の院がありました。

f0217617_10532416.jpg
ここも狼に守られています。

f0217617_10504135.jpg
こちらは谷を釜伏峠とは谷を挟んで東側、
堂平山の麓に位置する萩平の集落で見かけた護符。
狼信仰は秩父広域にわたっているのですね。
埼玉県。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-05-11 10:53 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 自宅で勝手に「高円寺カレー戦線... 鹿児島の廻る寿司屋でご当地ものを。 >>