旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

母島の密林に眠る高角砲。

f0217617_17535258.jpg
母島の密林のなかには、
今もいくつものの高角砲が眠っています。
設置したのはもちろん旧日本軍ですね。
サイパンが陥ち硫黄島も陥落。
次はいよいよアメリカ軍は小笠原に迫ってくるに違いないと、
島民を強制疎開させ、
小笠原諸島の要塞化を図ったのでしょう。
高角砲以外にも、
岩壁の随所をくり抜いたトーチカや、
そのトーチカとトーチカを結ぶ塹壕跡も見られます。
しかし実際には、
アメリカ軍は自軍の被害も大きい上陸作戦は極力避け、
いわゆる「飛び石作戦」で、
主要な島のみを攻めました。
そんな危険を冒さなくても、
すでにサイパン方面からB-29で
直接日本を空襲できるようになっていましたしね。
かくして幸いなことに小笠原の高角砲はあまり活躍することなく、
今も静かに首を垂れたまま、
朽ちゆくときを待っています。

f0217617_17543716.jpg
調べてみると「四五口径十年式十二糎高角砲」というもので、
当時の軍艦にも搭載されていたもののようです。

f0217617_17545753.jpg
周辺を歩いていると、
「まさか不発弾が埋もれていたりしないよな」
とちょっとへっぴり腰になってしまいます。

f0217617_17552646.jpg
高角砲のほうは、一応米軍によって
利用できないように処理はされたようですが。
こんな楽園のような美しい島にも
厳しい歴史の現実があったのですね。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-04 17:57 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 紫陽花と蝸牛。 母島北端。かつてここに村があった。 >>