旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

アイスランドの山旅。その2。

f0217617_19565137.jpg
アイスランドの山旅2日目のテント場です。
大きな山塊を越えてきて標高を下げたところに現れた湖、
その畔りにありました。
湖は雪渓の雪解け水で成り立っているようで、
このテント場も時期によっては湖の底なのかもしれません。
背景には頂にまだ雪を残した山々。
このコースで出会ったハイカーは、
ヨーロッパ、イギリス、アメリカからの人が多いのですが、
やはり北欧という土地柄でしょうか、
いわゆるカマボコ型のテントが意外と目立ちます。
耐風性や居住性を考える(身長高いからね、彼ら)と、
この形状が伝統的に生き残ったのでしょうか。
このタイプとしては、
日本でもスウェーデンのヒルバーグのテントが知られていますが、
それ以外にもいろいろあるんですね。
とくにベルガンスなんて、
アリーのフォールディングカヌーが日本では有名ですが、
このメーカーのテントも見かけました。
ノルウェイでしたっけ、アリー。
テントの生地に濃い色を使っていることがあるのも興味深く、
なかには黒いテントも。
日本の夏だったらなかはエライ温度なってしまうかもしれません。
やっぱりこのへんも北欧ゆえんなのでしょうか。
そしてアメリカ人にはMSRやREIのテントが目立ち、
フランス人が使っているのは「ジャメ」というブランドのもの。
たしかフランスの高名なアルピニストに
アンドレ・ジャメというかたがいたように思いますが、
彼由来のブランドなのでしょうか。
テントにもやはりお国柄がでるようです。
そういう僕も今回は国産、
ファイントラックのテントを持ち込みました。
コンパクトさではピカイチだった気がします。
レイキャビク/2016年。
[PR]

by apolro | 2016-07-08 19:57 | 旅の日々 | Comments(0)
<< アイスランドにて鯨を食べたること。 本来、ここでアイスランドを応援... >>