旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

アイスランドの「チンコ博物館」に行ってみた。

f0217617_15262915.jpg
アイスランドはレイキャビクの裏観光スポットといえばここ。
ずばり、「チンコ博物館」です。
しばらく前にテレビ「クレイジー・ジャーニー」でも紹介されていたので、
その存在をご存じな人も多いでしょう。
世界で唯一のチンコをテーマにした博物館だそうです。
まあ、ひとつあれば十分かという気もしますが。
入口には「PHALLOLOGICAL MUSEUM」なんて、
いかにも重厚な館名が掲げられていますが、
街中の看板にはずばり「PENIS MUSEUM」と書かれています。

f0217617_15224451.jpg
ちなみに「PHALLOLOGICAL」ってなんだよと思って調べてみたら、
「男根学」みたいな意味らしい。造語か?

f0217617_1523851.jpg
展示物はもちろんソレ。
大はクジラからアフリカ象から小はネズミまで、

f0217617_15232956.jpg
あらゆる哺乳類のチンコが粛々と展示されています。
こう並べられると猥雑感は全然なく、
普通の自然博物館のような趣です。
人類のそれも展示されているようなのですが、
どうわけか見つからず。
その代わりなのか、
写真やら型どりした模型が並んでいました。
まあ、自分もいちおうひとつ持っているからいいんですが。

f0217617_15235853.jpg
ちなみに館内のトイレのノブはこんな感じです。

f0217617_15242417.jpg
ミュージアムショップも充実です。

f0217617_15245376.jpg
僕はお土産に「チンコパスタ」を購入。
「KING SIZE」と書かれています。
そして、入場者は意外にも女性が多いですね。
帰り際、女性たちが大はしゃぎで盛り上がっているのに対し、
男性はどこか肩をまるめて、自信喪失風に見えたのは、
やはりそういうことでしょうか。

f0217617_15251626.jpg
レイキャビク/アイスランド。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-07-16 15:27 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 『旅の手帖』8月号が届いた。 尾根上に謎の無人探査船? >>