旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『謎のアジア納豆』を読んだ。

f0217617_1215645.jpg
高野秀行の『謎のアジア納豆』を読んだ。
これがもう、抜群におもしろい!
いや、最初はちょっと不安だったんですよ。
高野秀行といえばこれまでに
多くのノンフィクションを書いているけれど、
実在すらはっきりしていない
西南シルクロードの密林を徒歩と象で突破したり、
『北斗の拳』状態になっているといわれた
ソマリアに単独で足を踏み込んだり、
なっかなかの激しい旅をしていることで知られています。
それが今回は納豆。
まさか、「アジア各地にもこんな納豆がありましたよ!」
だけに終始したらどうしようと心配だったのですが、
それは杞憂でした。
日本はもちろん、タイ、ラオス、ミャンマー、
ネパール、ブータンといった国々、
そして納豆の発祥を巡って時間と空間を自在に旅する興奮の展開。
そして最後には壮大な仮説が現れる……。
読んでいて感動で泣きそうでしたよ。
彼の本はたぶん全部読んでいると思うのですが、
この衝撃は『西南シルクロードは密林に消える』以来かも。
ちなみに納豆に関わろうとした理由のひとつが、
日本人が外国人に向かってよく「納豆、食べられる?」って、
いかにも納豆は日本オンリーみたいな顔をしていることが
気になっていたのだそうです。
これって近年の日本人が、
自分で自分のことをやたり「日本はすごいんだ!」って
自画自賛して喜んでいる気持ち悪さへの、
ある種の問いかけではと思ってしまったのは勘ぐりすぎでしょうか。

f0217617_1222751.jpg
この写真は僕が2006年にミャンマーを訪ねたときのもの。
シャン人の街であるカローの市場で発見した納豆です。
ふふふ、僕だって納豆見つけてたもんねと、
ちょっとほくそ笑んだのですが、
それで終わってしまうのと、
そこからこれだけの話を展開できるのとは、
もう、まるで違いますね。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-07-26 12:04 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 川俣ダム、水少ない。 夏空の鬼怒沼湿原へ。 >>