旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

昭和初期の地図で雲取山界隈をのぞいてみたら。

f0217617_11433059.png
スタンフォード大学がオンラインで公開している、
明治44年測量、昭和6年修正の日本の5万分の1地形図。
ここのところネット上で話題ですね。
無料というのがすばらしい。
今から85年前の日本の様子がよくわかります。
地形図なので山岳地も網羅。
手近なところで雲取山周辺を見てみました。
現在雲取山荘があるところには、
「武州雲取小屋」という小屋が記されています。
ちょっと調べてみると、
武州雲取小屋は雲取山荘の前身で、
昭和3年に開業したのだとか。
そしてもうひとつ、
雲取山のピークから西へ。
現在「三条ダルミ」と呼ばれている鞍部にも、
もう一軒、「雲取小屋」という表記が見られます。
いつごろまであったのでしょうか。

f0217617_1144074.png
雲取山から北東へ、
七ツ石山へ目をむけると、
そこには現在ある「七ツ石小屋」はなく、
その代わりというわけではないでしょうが、
やや西、現在のブナ坂付近に「甚助小屋」という表記が。
現在の町営奥多摩小屋の前身かと思いましたが、
位置が微妙に違いますね。
ただ、奥多摩小屋の南側には、
甚助尾根や奥甚助窪といった地名が今も残されているので、
甚助さんというのは、
きっとこの界隈の開拓に活躍した人なのでしょうね。
これ以外にも、
現在はない山道なども記されているので、
これをベースの廃道散策なんかも楽しいかもしれません。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-08-09 11:44 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 山における筆記用具。 犬岩再び。 >>