旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

いつものバーで旦敬介さんに出会った夜。

f0217617_18592276.jpg
先日のこと。
いつものようにいつもの飲み屋で呑んでいたわけです。
この日は通常営業とちょっと違い、
「キューバ&オアハカ」ナイトっぽいイベントナイト。
しばらくカウンターで飲みながら、
例によってしょうもない話をしていると、
お店の人が隣りに座っている人を紹介してくれた。
「佐藤さん、隣りのかた、旦敬介さんていう……」
どひー!
「だだだだ、旦敬介さんといったらひょっとして、あの名作『ようこそ奴隷航路』を書かれた、あの旦敬介さんですか?」
「そうです」
もうテンション上がっちゃいましたね。
『ようこそ奴隷航路』といったら、
この30年の僕的ベスト3に入るかもしれないほどの愛読書。
そんなかたとこんなところで肩を並べて酒を呑んでしまうとは。
おまけに彼が今出している
フリーペーパー「ピメンタメンチ」もいただいちゃいました。
いやあ、あのときはイイ歳こいたオッサンが
酒の勢いもあってグイグイ舞い上がっちゃって、
本当に申しわけありませんでした。
迷惑だっただろうなー。
でも、新作書いてくださいね。
本当に寡作なかたなんですよ。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-08-17 19:01 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< お世話になったから籠を編む。 『不滅の映画音楽集』とワタクシ。 >>