旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『こち亀』連載終了。

f0217617_14184662.jpg
『こち亀』こと『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載が終了するらしい。
1976年から少年ジャンプで連載開始なので、
40年という途方もない長期連載だ。
たしか連載開始前に新人賞的なもので、
一度読み切り作品を発表したのを
僕も小学生時代に読んだ記憶がある。
40年といったら一般社会人が就職して定年を迎えるに等しい時間。
お疲れさまです。
最終回はどういうまとめかたをするのでしょうか。
まあ、『こち亀』の連載が終了するだけで、
著者の秋本治先生は引退するわけではないのだが。
朝日だか東京新聞だかにもこの件は記事になっていて、
そこで同様に超長期連載『ゴルゴ13』を持っているさいとうたかを先生が、
「さびしいような、うらやましいような」と、
正直なコメントを寄せていた。
さいとう先生もご高齢ですからね。
ちなみに上の写真は、先日でたジャンプの『こち亀』特集号に、
荒木比呂彦先生が寄せていた
『こち亀』の登場人物、中川圭のイラスト。
『こち亀』の住人が完全の『ジョジョ』ワールドの住人になっちゃっています。
彼の『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズも、
もうずいぶんやっているような気がしますが、
あれの連載は僕が大学生のときだから、
まだ30年ほど。
『こち亀』に追いつくにはまだまだですね。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-09-05 14:20 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 玄関先がジャングル状態。 飛行機の窓から見えた雲。 >>