旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

黄葉の飯縄山とテングノムギメシ。

f0217617_1753022.jpg
長野県の飯縄山の山道は黄葉に包まれていました。
この付近の地名は「飯綱」なのに、
山の名前だけはなぜか「飯縄」で、
よみかたはどちらも「いいづな」という不思議。
この「いいづな」という名前は本来は、
「飯砂(いいずな)」に由来するそうで、
その飯砂というのはそもそもなんなのかというと、
「食べられる土」として知られる「テングノムギメシ」のことなのか。
さらにさらにテングノムギメシとはなにかといえば、
信州地方でまれに採取される、
土中の菌類や藻類が集合体となった塊。
過去には飢饉のときの救荒食としてや、
修験者が食用にしていたという話も伝わっています。
最近ではめっきり少なくなって、
場所によっては天然記念物の指定を受けているようです。
どんな味なのか、
一度食べてみたい気もしますが、
きっと想像しているだけのほうが美味しいんだろうな。
長野県。
[PR]

by apolro | 2016-10-24 17:07 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 『マタギ奇談』が東京新聞に。 サラダにあしらうゆでタマゴをど... >>