旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

人が去った集落にて。

f0217617_13511682.jpg
尾根の取り付きから人しか通れない細い登山道を歩くこと数十分。
登山道沿いに廃屋が現れてきます。
登山地図にも「廃屋跡」と記されているこの一画、
数軒の廃屋が寄り添うように建っているので、
廃屋というより廃村といってもよいのかもしれません。
それぞれの傷み具合もさまざまで、
完全に崩壊してしまったものから、
つい最近まで人が住んでいたのではないかと
思われるものまでさまざま。
一軒、また一軒とこの山中の集落から住人が去っていたことがうかがえます。

f0217617_13515656.jpg
相当傷みが激しいこの一軒。

f0217617_13521412.jpg
手前の部屋中央に囲炉裏の跡があります。
往時にはここを家族で囲んでいたのでしょうか。

f0217617_13524776.jpg
大きな羽根つき釜。
薪でご飯を炊いていたのですね。

f0217617_13531485.jpg
かなり古いタイプの洗濯機。
電気は通っていたことがわかります。


f0217617_13534363.jpg
手前に突きだしているこの部分、
トイレでしょうか。

f0217617_1354129.jpg
こちらの家はまだけっこう新しい。
玄関のガラスもしっかりしています。
家の目の前に石仏が祀られているのがちょっと不思議です。

f0217617_1354519.jpg
完全に倒壊し、
屋根が登山道まで覆いかぶさってしまっている家。
通過するときは沢のスノーブリッジをくぐるような怖さがあります。

f0217617_13551231.jpg
家のなかに残されていた古い漫画本。
タイトルは『父の魂』。
この作品は1968年、
まだ隔週刊だった少年ジャンプ創刊時に連載されていたものだそうです。
僕もこの作品のタイトルだけは知っていましたが、
さすがに読んだことはありません。
少なくとも50年前には、
まだこの集落は生きていたということですね。
今後ますます日本の人口は減少、
そして都市部への集中が進んでいくことで、
こんなふうに「あそこも昔は人が住んでいてねー」などと語られる、
廃村ならぬ、廃町や廃市が現れてくるのかもしれません。
山梨県。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-11-09 13:57 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 三条の湯で山休み。 アカマツ林で感じた、ある気配。 >>