旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

雲取山山頂写真に頑張っていた理由。

f0217617_10543422.jpg
秋晴れの雲取山山頂。
休日とあって続々とハイカーがやって来ます。
そんななかにときどき、
「ずいぶん頑張って山頂写真を撮っているなあ」
と感じる人たちがいてちょっと不思議でした。
パーティはみんなでキメ写真を狙い、
ソロの人は山頂にいた人にお願いして、
納得いくまで何度も取り直し。
でも、山頂を渡る風に乗って聞こえてきた会話で
その理由がわかりました。
「……来年用の年賀状に……」
なるほどね。
来年は2017年。
そして雲取山の標高は2017メートル。
標高が入った山名標とツーショットを狙っているわけですね。
いろいろな山の楽しみかたがあるものです。
彼らの頭には向こう10年ぶんくらい、
西暦に対応した標高の山がすでに入っているのかな。
ちなみに標高2018〜2027メートルの山、
僕は全然思いつきませんでした。
お隣の和名倉山はどうだっけ?
と思って地図を開いてみたら2036メートル。
まだ先だなあ。
それにあの山はそこそこ山深いですよ。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-11-14 11:02 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 『トランピン』30号は雪山号。 田んぼ収獲祭2106年。 >>