旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

かつてここに山小屋があった。

f0217617_141325.jpg
雲取山から奥秩父主脈へ向かって
西に下ったところにある鞍部、通称三条ダルミ。
ここに昔山小屋が建っていたのを知ったのは最近のこと。
昭和初期の地形図を眺めていて偶然見つけた。

f0217617_1412612.jpg
これまでに三条ダルミは何度も歩いているけれど、
そんなことは思いもつかなかった。
今回改めて行ってみると、
たしかにそこには「いかにも」といった平らな場所がある。
南北に開けたこの場所は、
絶好の展望地ではあるけれども、
南北からの風はもろに受ける地形だ。
小さな平地が南側に若干低いところにあるのも、
ここに山小屋があったときに、
少しでも北からの強風を避けようとした名残なのかもしれない。
そんな日だまりポイントが、
今ではハイカーたちの絶好の休憩場所になっている。

f0217617_141577.jpg
平地の片隅に板が何枚か放置されているのは、
もしかしたら小屋のなんらかの遺構ではないかと想像してわくわくしたが、
きっと関係ないんだろうな。
山梨県。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-11-16 14:03 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 今日のお昼ごはん:収獲祭のお土... 『トランピン』30号は雪山号。 >>