旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
SUP初体験。
at 2017-06-19 15:06
焼きそばと納豆はマリアージュ..
at 2017-06-18 15:48
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

追悼、フィデル・カストロ。2000年、キューバへの旅。

f0217617_10521669.jpg
キューバを訪れたのは2000年のこと。
それ以前から行きたいとは思っていたのだが、
いかんせん日本からだとアクセスがよろしくなく、
当時はまだ会社に勤めていて、
休暇にも限りがあったのでなかなか難しかった。
それでも、やはりキューバにはカストロが存命中にいかなければならんと、
世紀をまたごうとするこの時期にようやく重い腰を上げた。
東京からだとまずアメリカ西海岸で乗り継ぎ。
そこからメキシコ・シティまで飛んでそこで一泊。
翌日の便でようやくハバナに到着という段取り。
当時、映画『ブエナビスタ・ソシアルクラブ』の公開されたこともあって、
キューバ音楽は世界でちょっとしたブームに。
そのせいかどうか知らないけれど、
日本航空もハバナ直行便を就航させたのだけれど、
そのルートというのが、
アンカレッジで給油(懐かしい!)をして、
ハバナまで延々14時間飛び続けるというもので、
それならいっそメキシコ泊を選んだのだった。
行ってみて、歩いてみた彼の地には、
思い描いていたような、
美しく、開放的で、ラテンのリズムにあふれたキューバと、
「カストロよ、これでいいのか?」と思わせるキューバが混在していた。
冒頭の写真はクラブ・トロピカーナのナイトショーで、
圧巻の踊りを見せるおねえさん。

f0217617_10523775.jpg
古いアメリカ車を小まめにメンテしながら乗り続けるハバナっ子。

f0217617_1053965.jpg
トリニダーの駅に留まっていた古い蒸気機関車。「フィラデルフィア」という刻印があったので、おそらくこれも革命前にアメリカから持ち込まれたものだろう。

f0217617_10532821.jpg
レールバス? キューバ製?

f0217617_10534539.jpg
節電なのか、夏の暑さ対策なのか、室内には昼でもあまり日が差さない。

f0217617_10554491.jpg
なにごともなく、静かに迎えたハバナの新年。

「カストロが生きているうちに……」なんて、
失礼なきっかけで訪ねたキューバだけれども、
彼はあれから16年も生き続け、
アメリカとの国交回復を見届けた。
安らかにお眠りを。
2000年。ハバナ、トリニダー/キューバ。
[PR]

by apolro | 2016-11-28 10:58 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 民生食堂の旅、失意編。 門前仲町の赤提灯。 >>