旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

民生食堂の旅、失意編。

f0217617_11374494.jpg
高円寺に現存する民生食堂「天平」に入ったのは今年の5月のこと。
くわしくはコチラ。
http://apolro.exblog.jp/25237767
終戦直後に成立した「民生食堂」というシステム。
そしてそれがまだ平成の世にも残っているのを知って、
いたく感動したのだった。
そしてまだ都内に数軒残っている民生食堂を訪ねようと決意。
しかし。
人は日常に流され、
日々は知らぬまに過ぎ、
ようやく2軒めの民生食堂へ向かったのは先週のこと。
場所は両国。
店の名前は下総屋食堂。
どんな定食が待っているのだろうと期待すると足取りも軽やかだ。
JR両国駅の改札を出て、
国技館の前を通り過ぎて、
安田庭園のすぐ脇にその食堂はあった。
ところが、おお着いた着いたと道路の反対側から眺めてみると、
ちょっと様子が変。
人の気配がない。
灯りも消えている。
定休日、営業時間は事前に調べてきた。
そんなぬかりはない。
なんだなんだと慌てて走り寄ってみると、
そこには一枚の張り紙が。

f0217617_1138184.jpg
ガーン。
「しばらくの間休ませていただきます」
なんらかの理由で長期休業に入ってしまったらしい。
そして歴史あるお店がこの張り紙を出したとき、
多くの場合はこのまま廃業してしまうことを僕は知っている。
跡継ぎ問題か健康上の理由か……。
店の前で呆然と立っていると、
偶然、並びの民家から女性が出てきたので尋ねてみると、
この張り紙が出たのは数ヶ月前とのこと。
来るのが少し遅かったか……。
「いつか」「そのうち」はもうない。
街中の昭和は駆け足で去っていく。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-11-29 11:41 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 今日のお昼ごはん:目玉焼き丼。 追悼、フィデル・カストロ。20... >>