旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

湯久保集落の「湯」の字が気になって。

f0217617_11574835.jpg
檜原村の湯久保集落に行って見たかったのにはほかにも理由があって、
それは湯久保という地名につく「湯」の漢字。
地名に「湯」の字がつく場所は、
えてして温泉に関係があることが多い。
そして以前なにかの文献で、
湯久保にも過去に温泉があったという記述を見た気がしたのだ。
しかし、現在の湯久保界隈には温泉はない。
地図にも温泉マークはない。
手元の書籍をひっくり返しても、
ネットで検索をかけても、
それにまつわる資料はなし。
あれは単なる思い込みだったのかと、
自分の記憶にも自信がなくなっていて、
それもあって今回現地を歩いてみた。
けれどもそれでもヒントは見つからず、
やっぱり思い違いだったのかと思いながらも、
帰り際にものは試しと寄ってみた檜原村の郷土資料館で、
あっさり答えは見つかった。
それは受付で見せていただいた、
『檜原村村史』という分厚い書籍のなかにあった。
やはり過去には湯久保集落の南を流れる湯久保沢沿いに源泉があり、
その温度はゆで卵できるほどだったらしい。
湯久保の地名もそこから発祥しているとのこと。
もしかしたら、
湯久保は本来「湯窪」なのかもしれない。
残念ながら明治中期から徐々に湧出が止まってしまったそうだ。
案の定、湯久保は温泉がらみの地名だったのだ。
村史には湧出していた場所も明記されていた。
そうなるとまた、
その場所を確認してみたくなるわけで、
暖かくなったら沢登り、
あるいはヤマメ釣りにかこつけて行ってみようかと思う。
東京都。2017年。
 


[PR]

by apolro | 2017-01-14 12:08 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 睡蓮鉢が今冬初結氷。 湯久保集落ぶらり散歩。 >>