旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

君は妖怪「土転び」か。

f0217617_10433036.jpg
山道を歩いていると傍らに奇妙なものが。
一見、山の斜面から突き出てきた樹木の根っこのようではあるが、
こんなに毛がぼうぼうに生えている根っこは見たことがない。
さらに近づいてみると……。

f0217617_10435450.jpg
まるでマンモスの脚みたい。
いや、いくらなんでもそれはない。
たしか、水木しげる先生の描く
「土転び」という妖怪の質感がこんな感じではなかったか。
いやいや、それもない。
ひとりで山を歩いていると、
いろいろとしょうもないことを妄想するものである。
少し歩くとまた出てきた。

f0217617_10442135.jpg
今度は登山道にまたがって横たわっている。
さらにしばらく歩くと、
ひとつのヒントが現れた。

f0217617_10445562.jpg
山腹の一角にシュロの木が群生していたのである。
シュロの根っこというのを見たことはないが、
樹皮の毛むくじゃら状態を見れば、
根っこも似たような形状なのだろうと想像できる。
もしかしたら一帯広域にわたってシュロが生えているのかもしれない。
そしてあの妖怪「土転び」も、
それらの根っこが飛び出してきたのかもしれない。
だが、そこで新たな疑問が。
なんでこの一角にだけシュロの群林があるのだろう。
シュロというのは寒さに弱いものの、
いっぽうでは鳥などに種が運ばれ、
容易に移植、繁殖しやすいものだそうだ。
そして近年の温暖化。
このシュロ林もそれが原因か。
そして、もうひとつの推理は人の手によるもの。
シュロの皮はタワシやホウキなどの日用品の材料に用いられる。
この場所は山麓最後の集落からさほど遠くない場所。
もしかしたら集落の住民が加工用に植えたのかもしれない。
いずれにしても山怪の類でなさそうで、
よかったよかった。
山梨県。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-01-28 10:50 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 交差点のど真ん中に立つ石仏。 鰹節の最後のひとかけらをどうするか。 >>