旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

テンカラ釣り自主練へ。

f0217617_11413248.jpg
渓流釣りもシーズンに入り、
SNS上にも釣果の写真がチラホラ上がるようになってきたので、
僕も近郊の川でテンカラ釣りのキャスティング練習へ。
1時間ほど竿を振っていたらなんとなく感覚が戻ってきたけれど、
ここはあくまでも川面も上空も展けた川原だからねー。
実際には背後や川の上にも枝が伸びていて、
それに四苦八苦することのほうが多い。
そしてキャスティングより問題なのは、
川面に浮かべた毛鉤を視認できないこと。
ちょっと流れに呑まれるともうさっぱり。
度の強い眼鏡を掛ければいいのだろうけれど、
そうすると今度は老眼も強くなって、
手元で毛鉤を結んだりするのに難儀する。
かといって常に首から老眼鏡を提げておくのもうっとうしい。
「テンカラ釣りは視力がものをいう」といっていたのは、
山本素石さんだったか。
この問題、諸先輩はどのようにクリアしているのだろう。
そして、うっかりウグイでも掛かってくれんものかと思ったが、
そううまくはいかんねえ。
山梨県。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-04-25 11:42 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 喜界島に来た理由。 切り分けた海苔巻きのようなオオ... >>