旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

ワレ黄金週間の高尾山登頂ニ挑ムモ。

f0217617_11201834.jpg
晴天の黄金週間ど真ん中の高尾山。
それは山に静けさを求めるハイカーにとっては、
北アルプス・風雪の北鎌尾根よりも難易度が高いかもしれない。
昨日、そんな難峰に挑戦した。
京王線の高尾山口駅を出ると、
そこはもはや渋谷のハチ公前かというほど、
ハイカーがあふれている。
待ち合わせの相手を見つけるのもひと苦労だ。
そんな人の群れがケーブルカー駅までぞろぞろと続く。
この日はそれほどではなかったが、
前日はケーブルカーに乗るのに40分待ちだったとか。
待っている間に頂上着いちまうよ。
ここで早くも恐れをなした我々は、
高尾山の頂上へ至る数多くのルートのうち、
比較的マイナーな稲荷山コースからのアタックを試みる。
さすがに人出はいくぶん減ったが、
それでも周囲には常にほかのハイカーの姿があり、
やはり静かな山歩きというわけにはいかない。
1時間と少し歩くと、山頂直下を鉢巻き状にぐるりと回る5号路と合流。
われわれはハタと考えた。
静かな山歩きが楽しめるとされる稲荷山ルートでさえこの人出。
そして当たり前のことだが、
頂上へはこれ以外の何本ものルートから登ってきた
ハイカーたちが殺到する……。
ここでちょいとプチ会議。
そしてリスクマネジメントを勘案した結果、
無念ながら、頂上へのアタックは断念。
鉢巻き道路でモミジ台園地へとエスケープするという
苦渋の決断を選ばざるを得なかった。
頂上から一歩奥高雄へと足を踏み入れたモミジ台は、
景信山方面への縦走者以外は辿る人も比較的少なく、
昼前ということもあってか茶屋も空いていた。

f0217617_11221697.jpg
この茶屋に腰を据えての残念会。

f0217617_11224530.jpg
だからといって実質4人で、茶屋でビール8本空けるのはいかがかと思うが。
なかには日本酒に手を出している人もいるし……。
黄金週間の高尾山。
なめてかかるとイタイ目に遭いますぜ。
東京都。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-05-07 11:32 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 5月の三宅島で釣れたもの。1日目。 黄金週間は三宅島。 >>