旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『山と溪谷』6月号が届いた。

f0217617_947241.jpg
今年の『梅棹忠夫・山と探検文学賞』を受賞した
中村逸郎さんにお会いし、
記事にまとまめたものが
現在発売中の『山と溪谷』6月号に掲載されました。
『梅棹忠夫・山と探検文学賞』の受賞者といえば、
これまで高野秀行、角端唯介、服部文祥といった、
プロの「探検」作家といったベクトルの人が受賞していましたが、
今回受賞した中村さんの本業はロシア政治学者。
受賞作の『シベリア最深紀行』はそのタイトル通り、
ロシア国外はもちろん国内でさえも、
その存在があまり知られていない辺境の集落を
丹念に取材してまわっていて興味深い。
シベリアといえば僕もまだソ連の時代に二度ほど訪れたことがあり、
その手続きの面倒さに閉口した思い出があるのだが、
現在のシベリアはビザさえ取っちまえば、
ほぼどこでも好き勝手に歩きまわれるらしい。
こりゃあ大変だ!
自分の「行きたい場所」リストを急いで改訂しなくては。
書店でお手にとっていただければ幸いです。
東京都。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-05-14 09:49 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 日曜日は『山形酒祭り』へ。 神津島の向こうに見える陸地はどこ? >>