旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

喜界島の戦争遺跡その2。掩体壕。

f0217617_10303872.jpg
喜界島に現存する太平洋戦争の残滓。
こちらは掩体壕と呼ばれる施設。
鹿児島から飛んできた特攻機を整備、給油する最中、
米軍機に襲われないようにするための格納庫だそうだ。
上に草木が覆い茂っているのが、
年月の経過を感じさせる。
コンクリートで頑丈に作られているが、
やはり柵が張られているので、
内部には立ち入らないほうがよいようだ。

f0217617_10311436.jpg
天井部分にはいくつも亀裂が入っていて、
たしかにいつ崩壊してもおかしくないのかもしれない。
しかし飛行機を格納するにはずいぶん小さい気がする。
1機、互い違いにしてもせいぜい2機がいいところではないだろうか。
そこで現地の解説版を読んでみると、
当時、掩体壕は島内に50ヶ所以上あったとのこと。
ただし物資不足のせいか、
ほとんどは三方に土を盛って、
上には木の枝をかぶせただけという、
子どものつくった秘密基地を大がかりにしたようなものだったそうだ。
隠すことしか存在意義はなかったんだな。
この掩体壕だけが唯一コンクリート製だったために、
現在も残っているという次第。
しかし敵機が来襲したら、
本来は迎撃に出るべき自機を真っ先に隠したり、
木の枝を屋根した掩体壕をつくったりしていた時点で、
もはやこの戦いに勝機はないと思いそうなものだが、
やはりじわじわと少しずつ環境が変わっていくことに関しては、
人間はなかなか気づけないものなのだろうか。
喜界島/鹿児島県。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-05-25 10:33 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 喜界島の戦争遺跡その3。電探基... 喜界島の戦争遺跡その1。戦闘指揮所。 >>