旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2017年 05月 13日 ( 1 )


神津島の向こうに見える陸地はどこ?

f0217617_9395283.jpg
三宅島から南を望むと視認できるのは御蔵島のみで、
なかなかの孤島感を味わえるが、
いっぽう、北の海には、
大島、利島、新島、式根島、神津島と、
伊豆諸島が意外なほどの距離で居並び、
島同士の親近感が感じられる。

f0217617_9375287.jpg
昔の人はこれらの島を視認しながら、
「次はあの島へ」と順々に渡っていって、
最終的に伊豆諸島の最南端、
青ヶ島まで辿り着いたのかもしれない。
そんなふうに有人島の成り立ちを想像しながら、
島々を眺めていたところ、
ふと疑問が湧いてきた。
神津島の南端には、
重なるように起伏のある陸地が見えているのだが、
最初はこれを伊豆半島の突端あたりだと思っていた。

f0217617_9372541.jpg
しかし地図と見くらべてみると、
三宅島の北端から眺める神津島に南には、
伊豆半島は飛び出さないことが判明。

f0217617_9432030.png
とすると御前崎あたりかなとも思ったが、
そこも神津島からは飛び出さない。
えっ、ということはさらにその先の渥美半島なの!?
渥美半島ってもっと平らな印象があるし、
それにいくらなんでも近くに見えすぎではないだろうか。
仮に渥美半島だとすると、
伊良湖水道を挟んで反対側の志摩半島も見えていいはずだが、
それはない。
うーん、謎だ。
三宅島/東京都。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-05-13 09:44 | 旅の日々 | Comments(0)