旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2017年 06月 03日 ( 1 )


海南島の真珠。

f0217617_1184448.jpg
先日、中国の海南島・三亜において
日本人がスパイ容疑で拘束されたという報道があった。
海南島といえば中国の南端に位置する島。
島とはいってもその面積は九州よりもやや大きいくらいなので、
日本人の感覚でいう島とはちょっとスケールが異なる。
現在緊張が高まっている南シナ海に面していることもあって、
軍事的機密も多く、
日本人が拘束されたのもそのへんが関わっているようだ。
僕がこの島を訪れたのは1984年のことだったか。
中国南部、広壮チワン族自治区の省都・南寧から、
電車とバスを乗り継いで二日がかりで行った。
玄関口にあたる海口という都市は、
南国特有の穏やかな空気感に包まれていて、
旅の疲れをいやすのにはうってつけの場所だった。
海口からおんぼろバスで島を南下、
三亜という街までさらに一日。
海南島の中央部には2000メートル近い山々があり、
車窓から眺める光景は熱帯雨林そのものだった。
三亜は海南島最南端に位置する街で、
ということは中国の最南端だ。
目の前には南シナ海が広がっていた。
現在は「中国のハワイ」などと呼ばれて、
一大リゾートになっているそうだが、
当時は鄙びた小さな漁村にすぎなかった。
浜辺の青空自由市場には、
さまざまな海産物が並べられていて、
買い物帰りのおばちゃんが
カブトガニをぶら下げながら帰る姿に度肝を抜かれたりもした。
その市場で入手したのがこの真珠。
僕が買えたくらいだから、
値段は全部で200〜300円程度だったと思う。
どれもいびつな形をしていて、
宝石的な価値は皆無だろうけれど、
逆にそれが天然物っぽさを醸し出していた。
地元の人がこれをどう使うのかは知らなかったが、
自分へのお土産としてはうってつけだ。
そしていざお金を払って真珠を受け取ろうとしたところ、
いきなり店のおねえちゃんが、
真珠をすり鉢に放り込んで挽き始めようとしたので慌てて制止。
おねえちゃんは怪訝そうな顔して、
そのままの真珠を紙に包んで僕に渡してくれたが、
その瞬間、真珠の用途がわかった。
彼らはこれを粉にして服用、
つまり漢方薬の一種なのだな。
幸運にも粉にされなかった真珠は、
今も僕の旅の思い出棚に並んでいる。
三亜/中国。1984年。
[PR]

by apolro | 2017-06-03 11:12 | 旅の日々 | Comments(0)