旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

2017年 06月 05日 ( 1 )


名瀬の居酒屋にて。

f0217617_11335973.jpg
奄美大島・名瀬では、
宿のおばあちゃんに教えてもらった居酒屋へ。
旅先でひとりふらりと居酒屋をのぞくことのぜいたくよ。
土地の食材を使った肴が豊富だとなおうれしい。
このお店では生ビールに続いて島焼酎へ。
肴は夜光貝のお刺身とマグロのモツ煮込み。
夜光貝って東日本ではあまり馴染みがないけれど、
奄美から沖縄にかけてはよく目にしますね。
身には柔らかいところとコリコリしたところがあって楽しい。
この貝、食用としてよりも螺鈿細工の素材として
昔から重宝されていたそうで、
岩手にある世界遺産・中尊寺金色堂の螺鈿細工には、
喜界島産の夜光貝が大量に使われていることが
調査でわかっているそうです。
日本の南から北にかけて航路による通商が、
1000年近く前に僕らが想像するよりも普及していたのかもしれません。
もうひとつ頼んだマグロのモツは弾力があって、
もはや豚のモツのよう。
魚類の内臓もマグロほどの大きさではこうなるんですね。
ほかにも食べてみたいものはいろいろあったけれど、
残念ながらお腹のほうがくちくなってきました。
いろんなものをちょっとずつ試しにくいのが一人飲みの弱点かな。
奄美大島/鹿児島県。2017年。
[PR]

by apolro | 2017-06-05 11:35 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)