旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

カテゴリ:旅の生き物、日々の生き物( 341 )


結氷とチューリップ

桜も咲いたというのに、昨日一昨日と東京は寒い!
それでも頑張って寒中花見を楽しんだ人もいるみたいだけど。
今朝なんか玄関先の睡蓮鉢に氷が張ってましたよ。
もう4月になろうというのに。
そんで、そこから視線をちょっとずらすとチューリップが咲いていて。
結氷とチューリップ。
今までそんな組み合わせあったかなあ。
高円寺。2010年。

f0217617_2255433.jpg

f0217617_22564879.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-31 00:10 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

調べました。

ナゾの卵の正体、調べてみました。
水槽の住人のうち、まず独り者のドジョウは除外。
続いて、ヤリタナゴ、バラタナゴといったタナゴの仲間たちは
二枚貝の中にしか産卵しないので、これも除外。
(彼らになんとか産卵させようと、去年は二枚貝を導入しましたがダメでした)。
キンブナなどのフナ系は、たしか水草に産みつけるというのを聞いたことがあるようなないような。
とすると、残るはクチボソですか。
ネットで「クチボソ」「産卵」をキーワードに調べてみると。ありましたよ、情報が。
クチボソは野生の状態では石などに産みつけると。水槽下ではガラス面に産卵すると。
状況証拠だけですが、これにてナゾの卵の親御さんはクチボソ夫婦ということがほぼ確定です。
写真にいる柳の葉っぱみたいなシルエットでちょい受け口のこの二匹です、たぶん。
すっきりしました。
さてこの卵、どうしたものか。
なんか最近生き物ネタが多いのは、春ということで。
高円寺。2010年。
f0217617_18104586.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-27 18:12 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ナゾの卵。

朝起きて水槽を見ると、ガラス面にナゾの卵が産みつけられていた。
直径1ミリほどで数十個。
現在、この水槽の住人はキンブナ、バラタナゴ、ヤリタナゴ、ドジョウ(独り身)、クチボソの5種。
さあ、犯人?は誰だ。調査結果を待たれよ。
高円寺。2010年。
f0217617_1273693.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-27 12:08 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

いろんなイミで春。

暖かくなったり寒くなったりの今日この頃。
庭先になにか蠢くものを発見。
よく見ると、春になって目覚めたヒキガエルではないですか。
しかも一匹の上にもう一匹が覆いかぶさって。
雨で散った梅の花びらのなか、いろんな意味で春ですなー。
カエル嫌いの人ゴメン。
高円寺。2010年。
f0217617_23381839.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-21 23:38 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

アーモンドの花

今朝、鉢植えのアーモンドの花が咲きました。
葉っぱの形が桃に似てるので、花が咲く時期も同じ頃なのでしょうか。
さあ、ここからあのアーモンドの実?へたどり着くのか。
あれって種の中身だよね?
前に花が咲いたときは小さい種してできなくて、
とてもとても、さらにその中身を採る状態じゃなかったけど。
とりあえずは陽に当てて、肥料あげればよいのか?
高円寺。2010年。
f0217617_8552713.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-18 08:55 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

寒いの飽きた。

この間の暖かな日々から一気に春が来るかと思ったけど、甘かったねー。
雪の降りかたも中途半端だし。
いや、寒いのも嫌いじゃないんだけど、もう飽きた。
春希望。
ということで、去年の夏のうちの玄関先の緑をひとつ。
ゴーヤ、ミツバ、ハバネロ、オオタニワタリ、ラズベリー、モンステラ、セージ、ホップほかがこの中にいます。あ、ウツボカズラも健在ですね。どれがどれかわるかな。
高円寺。2009年。
f0217617_083323.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-11 00:08 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

4月のヒマワリ

4月の南大東島では、もうヒマワリが咲いていた。
南大東島といえば気象通報。
高校生のころ、冬山のテントのなかでラジオの気象通報を聴きつつ
天気図を起こすのは下級生の仕事だった。
外は激しく吹雪いている夜。
ラジオは各地の気象情報を淡々と述べていく。
「南大東島では、南南西の風、風力3、気温21度……」
真冬に20度以上って! どんな南の楽園だよ!
と、マイナス20度の八ヶ岳で憧れたものでした。
ようやく機会があって行きました。
南大東島。2008年。
f0217617_23402520.jpg
f0217617_23403963.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-06 23:41 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ニッパ椰子の森で。

石垣島の北側、米原のキャンプ場の先にはニッパ椰子の森が広がっていた。
夜、ハブに怯えつつも散歩でもしようと外に出て、その森を眺めた。
椰子の森は風に揺らぎながら、漆黒のなかで唸っていた。
そこにハブとはまったく違うなにかの恐怖感を感じ、そそくさと戻る。
翌日、あらためて椰子の森に入ってみる。
意外にも、森のなかは静寂。ときおり鳥の声が響く。
椰子の木の高さに思わず空を見上げると、シルエットとなった葉の隙間から、
夏を迎える八重山の青い空と白い雲が、ちぎれちぎれに顔をのぞかせていた。
石垣島。1996年。
f0217617_22452577.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-06 22:45 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

厳寒のヨタヨタ散歩

シーズンオフの平日だと、ときとしてびっくりするような格安ツアーがありますね。
このときは、年末で世の中が忙しいさなかにド格安の「1泊2日旭山動物園ツアー」というのを見つけて、思わず参加してしまいました。
動物園に入ったとき園内の気温はたしかマイナス15度くらい。
そしてそのときのメインイベントがこれ、「ペンギンのパレード」。
園内の歩道を一部利用して、ペンギンたちがぐるりと散歩するというもの。
目前1メートル以内をペンギン軍団がキョロキョロ、ヨタヨタ歩くさまはたまりません。
旭川/北海道。2007年。
f0217617_18391037.jpg

[PR]

by apolro | 2010-03-01 23:28 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

春になれば。

今朝、窓を開けると庭(大家さんのだけど)の梅の花が見頃でした。
春、もうすぐだな。
暖かくなれば、散歩やら旅やら釣りやらキャンプやら山歩きやら庭いじりやらと、
楽しいことが盛りだくさんですよ。
皆さん、今のうちにいろいろプラン立てますよー。
高円寺。2010年。
f0217617_14584261.jpg

[PR]

by apolro | 2010-02-21 14:58 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)