旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

カテゴリ:旅の生き物、日々の生き物( 356 )


今年の唐辛子第1号。

今年は3種類の唐辛子を植えました。
『伏見甘長』『鷹の爪』『島とうがらし』です。
どれもほぼ同時にスタートをきったのですが、
まっさきにゴールに飛び込んできたのはこの『伏見甘長』ですね。
もう収穫を始めていいんじゃないでしょうか。
これにやや遅れて『鷹の爪』が実を結びつつあります。
そして一番遅いのが『島とうがらし』。
こちらは背丈ばかりずんずん伸ばしていて、いまだに花も咲かせません。
頑張れ、島太郎!(今、命名)
2010年。
f0217617_13564381.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-08 13:58 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ヤモリがピンチ?

先日、東京都内からナミゲンゴロウが絶滅したという発表がありました。
たしかにあの4センチもある大きなゲンゴロウは、一度も捕まえたことがない。
それどころか自然環境下でも見たこともないけれど、
「絶滅」ということばはかなりショッキングです。
でも、もっとびっくりしたのは、ニホンヤモリも、
都区内では絶滅「危惧」種に指定されたということ。
うちにはワラワラいて、この時期、夜になるとどこの窓ガラスにも
ペタペタはりついているというのに。
ニホンヤモリが少なくなった原因として、
「区部では古民家などが減少して生息場所が減ったことが原因」とありました。
古民家って……。うちですか。
2010年。
f0217617_1242620.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-03 12:05 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(2)

深い緑に。

このところサッカーにかまけていたら、
いつのまにか中庭が緑に呑み込まれていましたよ。
蚊取り線香焚いて草むしりしなくちゃ。
苔を残して雑草だけ抜くというのがけっこう難儀です。
梅雨ですね。
2010年。
f0217617_11185223.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-02 11:21 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(3)

タナゴたちの春。

飼っているタイリクバラタナゴの産卵管がニューッと伸びてきました。
おしりのあたりからぶら下がっているのは、フンじゃないですよ。
去年にくらべると時期が遅いなあと思っていたのですが、ここにきて急に。
写真には写っていませんが、オスのほうも豪華絢爛な婚姻色で出てきてます。
ここから実際に産卵まで持ち込むのはけっこう大変らしいです。
あ、タナゴの周囲をエスコートするように泳いでいるのはフナですね。
2010年。
f0217617_10563135.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-29 10:57 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

梅雨入り。

関東地方も梅雨入りしたそうで。
梅雨というと、雨ばかりで蒸し蒸ししてという印象だけど、
こうも天候不順だと、「6月になって梅雨がきた」という当たり前のことだけで、
なんか安心したりします。
近所を歩いてもあちこちで紫陽花が満開ですが、
昔にくらべると本当に品種が増えたみたいで、
見たことのない花もたくさんあります。
うちの庭先に咲いている、大家さんが植えた紫陽花は昔ながらのガクアジサイかな。
2010年。
f0217617_16143213.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-14 16:15 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

復活のガジュマル。

去年の今ごろ、ガジュマルの鉢植えを手に入れました。
夏が過ぎ、秋が来て、なんとか冬越しも成功、
ようやく春になり、そろそろ外に出してもいいかなと移動させた数日後、
あの雪が降るような寒気がやってきました。
気づくとガジュマルはポロポロと葉を落とし丸裸に。
なんとか蘇生してくれと、こまめに家に入れたり外に出したりを繰り返したところ、
復活ですよ! 若葉がフツフツと出てきました。
ありがとう、ガジュマル!
ちゃんと面倒見るからね。
2010年。
f0217617_9372429.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-10 09:40 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

庭先の暴君。

プランターに植えているトウガラシの葉の裏側に、
小さなカマキリを発見しました。
今年もどこかで無事に孵化したんだな。
まだまだ全長数ミリしかないけれど、
どんどんアブラムシ等を捕食して、どんどん大きく育ってください。
そして、庭の昆虫生態系の頂点として君臨していただきたい。
実際には成虫にまでなれるのは、ほんのわずからしいけれども。
2010年。
f0217617_185514.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-06 18:55 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(2)

街灯チェック。

男子たるもの、夏の樹林帯のそばに街灯でも点いていようものなら、
当然、足もとチェックは怠りません。
子どものころから、そこには感動と落胆のドラマが
何度となく繰り広げられていたわけですから。
バリ島に行ったときにも、もちろん確認しました。
そしたらやっぱりいました! カブトムシ!
うれしかったです。
思わずホテルまで連れて帰ってしまいました。
あのあとどうしたんだっけかな?
このへんの記憶の曖昧さも、子どものころから一緒です、よね?
バリ島/インドネシア。2004年
f0217617_11412814.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-04 11:42 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

よい天気で。

晴れ上がりました。
6月に入ったにも関わらず湿度は低く、
空気はからりと乾いています。
こんな日はお昼から公園のベンチでビールを飲んで、
木陰で本を読みながら昼寝をしたら最高でしょう。
写真はカンクン/メキシコ。1998年。
f0217617_10465429.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-01 10:47 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

小さな中庭のできごと。

小さな中庭は固い赤土で水はけ不良、
陽当たりも悪いです。
園芸用土を入れてみたり、掘り返してみたりと
いろいろ試みましたがどうにもならず、
ここ数年はあきらめて放っておきました。
するといつのまにか、きれいな苔が育ち、
少しずつ、しかし着実に、赤茶けた庭を埋めつつあります。
適材適所。
2010年。
f0217617_115496.jpg

[PR]

by apolro | 2010-05-27 11:05 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)