旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

カテゴリ:旅の生き物、日々の生き物( 367 )


山茶花の咲く頃。

近所を散歩していたらサザンカの花を見つけました。
サザンカとツバキってよく似た花を咲かせますが、
ツバキが咲くのは春先で、サザンカは今頃だそう。
冬近し、という感じですね。
東京都。2010年。
f0217617_16144896.jpg

[PR]

by apolro | 2010-12-07 16:16 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

アケビの家。

文京区本郷の会社に勤めていたころ、近くにあった様子のいい家。
お昼を食べに出るたびにこの家の前を通りました。
昭和初期の建築かな? ときどきご老人が庭に出て植物の手入れをしてました。
壁を覆っている植物はアケビで、毎年秋になると多くの実が実ります。
一度食べたいなあと思っていたのですが、
このトシでさすがにアケビ泥棒はできないし……。
そんなことは考えているうちに、毎年のある日、
アケビはきれいに収穫されているのでした。
本郷に通わなくなってもう何年も経つけれど、
あの家のアケビの樹は今年もたわわに実を実らせているのでしょうか。
文京区/東京都。2006年
f0217617_12463524.jpg

[PR]

by apolro | 2010-11-17 12:49 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ブドウ味見。

ずーっと放置していたブドウの実が、ようやく食べられそうな色になりましたよ。
葉っぱも枯れてきて、このままでは鳥に先を越される可能性も高いそうだし。
ひとつ、一番色づいているのをひねって、軽く手でぬぐってぱくり。
……! 甘くて酸味があって、まごうことなき巨峰じゃないですか(当たり前)。
いやあ、なんの手入れもしないスパルタ栽培だったのに、よくぞ実ってくれました。
ちゃんと真面目にやれば、2房だけでなくもっといっぱい収穫できるのでしょうか。
遅れてきた、小さな秋の味覚でした。
2010年。東京都。
f0217617_183372.jpg

[PR]

by apolro | 2010-11-11 18:03 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

島トウガラシ、いまだ実らず。

春に植えた「島トウガラシ」。
同時に植えた「伏見甘長」は7月に初めての収穫を終えて、
その後2回ほど収穫できました。
「鷹の爪」は9月頃に実りましたが、これは枝につけたまま完熟、乾燥まで
もっていこうと思っているのでそのまま維持。
いっぽうの島トウガラシは枝振りをどんどん伸ばして大きくなってはいったのですが、
花をつけるのが遅く、10月になってやっと満開。
そして11月。花が散ったあとに小さな島トウガラシの子どもが出てきましたよ。
しかし、もう11月。
これからは冬の到来と島トウガラシが実るのとの競争になりそうです。
がんばってくれ島トウガラシ。
東京都。2010年。
f0217617_16161951.jpg

[PR]

by apolro | 2010-11-10 16:17 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ビーナスの誕生。

半年ほど育てていたドブガイがお亡くなりになりました。
淡水二枚貝はホントに難しい。
いろいろ調べてみても、飼育には植物性プランクトンが豊富な
濁った水質環境が不可欠のようで、魚といっしょのきれいな水では厳しいみたい。
わかってはいるんだけど、タナゴが婚姻色に染まって、
ペアができるとついつい貝を入れてあげたくなる
(彼らは二枚貝内に産卵するのですね)。
今回も結局産卵は失敗、ドブガイもかわいそうなことに。
形見である貝殻を水槽内にそのまま置いておいたら、
クチボソが気に入ったみたいで、いつもそのなかにいます。
「ビーナスの誕生」みたい、 ってほどではないけれど。
東京都。2010年。
f0217617_18433536.jpg

[PR]

by apolro | 2010-10-24 18:44 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(2)

庭のブドウ、その後。

そういえば7月に一回アップした庭のブドウ、
「その後、どうなった?」と訊かれました。
完全無農薬、完全放置で育っているこのブドウ、
カラスに食われたか、とっくに自分で食ったのかと思っている人もいるでしょうが、
実はまだあまり変化がないのです。
f0217617_12194970.jpg
こんな色をしてますが、いちおうこれ巨峰です。
気温差がないとなかなか熟しないのかなあ。
今年の夏は暑かったからなあと見ていたら、
その裏手にあったもうひとつの房はなかなか熟し始めてるじゃないですか!
f0217617_12212280.jpg
なんか粒が少なくなっているような気がしますが、それは気のせいでしょう……。
東京。2010年。
[PR]

by apolro | 2010-10-22 12:24 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

大人になった庭先の暴君、か?

涼しくなって、庭先のホップの葉も落ち始めてきました。
見通しがよくなった草むらに今年もいました、カマキリ。
この色合いからしてヒメカマキリの若武者でしょうか。
毎年、一匹ぐらい見かけます。
世代交代はしているようだから、
最低二匹は大人になっているはずなのですが。
f0217617_17125346.jpg
今年は暑さのせいかバッタが異常に多かったので、
彼にはもう少しハンターとして頑張ってもらいたいものです。
東京都。2010年。
[PR]

by apolro | 2010-10-16 17:14 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

こんなちいちゃな。

異常気象の影響でしょうか。
例年ならばゴーヤはもう季節を終えてもいい頃なのですが、
こんなチビたゴーヤが収穫できました。
もうちょっとそのままにしておけば、
さらに大きくなるかもしれないのに……、
ならないんです。
この先は熟して裂けて、中から赤い種子がデロデロとあふれ出すだけなんです。
東京。2010年。
f0217617_1151066.jpg

[PR]

by apolro | 2010-10-01 01:16 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

融合してます。

樹木が周囲の人工物と一体化しているのはときどき見かけますが、
これはそのなかでもかなりの融合具合です。
金網のフェンスを縦に呑み込んでいるのがちょっとスゴイ。
ここまでなると、もう分離は不可能でしょうね。
諸星大二郎の手塚賞受賞作品『生物都市』を思い出しました。
埼玉県。2009年。
f0217617_9544143.jpg

[PR]

by apolro | 2010-08-10 09:55 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

ゴーヤよ、すまん。

このところ、山に行ったり、釣りに行ったりしていたら、
軒先のゴーヤを完熟(?)させてしまいました。
こうなると食べるのはちょっと厳しいなあ。
しかも今年はカメムシが大発生してゴーヤの実にまとわりついているせいか、
形もいびつで大きくなりません。
ゴーヤよ、すまなんだ。
2010年。
f0217617_8403681.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-29 08:41 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)