旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

カテゴリ:日々のなかの旅( 392 )


『曇り』っていったくせに。

今朝の天気予報では、東京地方はおおむね曇り、
ところによってはにわか雨が……って、いってたのに、
ゼンゼン曇りませんでしたね。
そりゃはたしかに雲はありましたけれど、
日差しはアツイを越えて「イタイ」でしたよ。
実は早朝、5時くらいに庭でツクツクホウシが鳴いているのを聞いて、
ちょっと夏の終わりの寂しさを感じたのですが、
甘かったです。ええ。
東京都。2010年。
f0217617_19213718.jpg

[PR]

by apolro | 2010-08-11 19:22 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

21世紀東京風景。

夕闇迫る都市河川の彼方、
今にも噴火しそうな火山とそれに対峙するような古城……。
なんだかとてもシュールな光景ですなあ。
東京都。2010年。
f0217617_12114267.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-27 12:12 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

星を継ぐもの。

作家のジェイムス・P・ホーガンが亡くなったそうで。
彼のデビュー作『星を継ぐもの』 に出会ったときはたまげました。
高校生の頃、なにかのレビューを読んで手にしたと思うのですが、
最初は本文の小ささと2センチ近い分厚さにややたじろぎました。
しかし読み始めていくともう止まらず、一気に読破した記憶があります。
月面調査に向かった人類が、そこに深紅の宇宙服を身につけた人類の遺体を発見、
調べてみるとその遺体は死後5万年を経過したものだった……。
ああ、このフレーズを書いただけでも、胸にアツイものがこみあげますよ。
壮大な謎と、計算され尽くした伏線が、最後にすべて収斂してゆくことのカタルシスを
このとき初めて経験したのかもしれません。
ご冥福をお祈りします。
2010年。
f0217617_10253643.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-14 10:27 | 日々のなかの旅 | Comments(1)

久しぶりに、新橋へ。烏森口へ。

懐かしい友人と飲むので久しぶりに新橋へ。
約束の時間より少し早めに着いたのでぶらぶらしていると、
ビルの隙間に烏森神社の参道が。
焼き鳥屋やら飲み屋やらが軒を連ねてよい雰囲気だ。
実は20年以上前に、1年ほどこの駅を利用していたのけれど、
そのころは、こういう「よさ」にピンとこなかったのだろう。あまり記憶にない。
今なら、一軒一軒のぞいてみたいな。
なんて考えているうちに約束の時間がやってきた。
追伸。久しぶりの新橋飲みは案の定飲み過ぎて、降りるべき駅を寝過ごしました。
2010年。
f0217617_1624411.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-12 16:26 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

深夜の青空。

昨晩の深夜。
ほろ酔いで歩きながら空を見上げると、久しぶりの青空が広がっていました。
明日は好天の予感。
手ぶれも気にせず、思わず真上にカメラを向けてシャッターを押す。
2010年。
f0217617_11285319.jpg

[PR]

by apolro | 2010-07-10 11:29 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

希望の朝。

日本代表のワールドカップは終わりました。
PK戦の末の決着。
けれども2012年のブラジル大会へ光りが見えてきたゲームでもありました。
世界でも通用したもの、足りなかったもの……。
深夜、手元の携帯電話にはこんなメールが飛び交っていました。
「日本の4試合は最後まで心の折れないイイゲームでした。これからの子たちもがんばっておくれ」
「ホント、面白かった! 4年後、超楽しみ!」
「サッカーは面白い!! それがわかっただけで……(つд`)ウワワワワワン」
「さあ! 4年後だ!ブラジル大会へ向けて再出発だ!!」
2010年。
f0217617_1075659.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-30 10:08 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

暁のイレブン。

やあ、予選突破しましたね。
日本時間で本日未明のキックオフ。
日本が1点、また1点とデンマークを突き放すにつれて、
窓の外からは朝日が昇りはじめ、まさに「日本サッカーの夜明け」のようでした。
さあ次は決勝トーナメント、対パラグアイ戦です。
2002年の対トルコ戦を教訓に、未知の世界への扉が開くのを刮目して待ちましょう。
さあ、これから祝杯じゃー。
ちなみにオランダ戦ではハイネケン、デンマーク戦ではカールスバーグ、
パラグアイ戦は何を呑んだらいいんだ?
2010年。
f0217617_18474290.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-25 18:47 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

雨あがりの夕空に。

梅雨に入り、不安定な天気が続きます。
雨が降ったかと思えば急に晴れ間が顔をのぞかせたり、
すぐさま暗雲が空を覆ったり。
そんな日々、ときどきびっくりするような空の表情に出会えます。
黒い雲の隙間から青空が見え、そこには夏の白い雲。
2010年。
f0217617_846508.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-21 08:47 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

カメルーン戦の夜。

いやあ勝ちましたねえ、カメルーン戦。
代表の試合では、ひっさしぶりにカタルシスを感じさせてもらいました。
長谷部がキャプテンで、阿部ちゃんがアンカーを決めて、
闘莉王がしっかりディフェンスをこなして、
本田さんも大久保もあんなに守備にも貢献して……。
お父さんは泣いちゃいますよ。
さあ、これで少なくとも予選の残り2試合は、
本気の本気で応援に取り組めるというものです。
2010年。
f0217617_1375397.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-15 13:09 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

ワールドカップ開幕。

ワールドカップ開幕です。
みなさん、いろいろと思うところはあるでしょうが、
とにかく開幕です。頑張ってほしいなあ。
ちなみに4年前のドイツ大会では、
開幕直前に我が家のテレビが壊れるというアクシデントがありました。
朝テレビをつけると、日本代表のユニフォームがなぜか赤に!
最初は意味がわからなかったのですが、
よくよく調べてみるとモニターがいかれてしまったのでした。
もう、超ダッシュでテレビ買いにいきましたよ。
あれはジーコジャパンのその後への暗示だったのかなあ。
2006年。
f0217617_10191277.jpg

[PR]

by apolro | 2010-06-11 10:22 | 日々のなかの旅 | Comments(0)