旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

カテゴリ:日々のなかの旅( 386 )


田んぼ収獲祭2106年。

f0217617_11463633.jpg
今年の田んぼ収獲祭も終了。
田んぼは農閑期に入ります。
稲の成長は良好だったそうなのですが、
どこの農産地にもれず、
ここでも今年はイノシシの激しい襲来を受け、
そうとう食べられてしまったそうです。
罠でも仕掛けて来年は牡丹鍋じゃーっと、
気勢を上げてもみたのですが、
小さなうり坊を何匹も連れ歩いている母イノシシの姿を見ると、
ちょっとそういう気にもなれないようですね。
収穫祭のほうは、
収穫した餅米で餅つきをしたり、
新米をカレーでいただいたりと例年通り。

f0217617_11465820.jpg
今年もドラム缶オーブンが活躍し、
塩イカや鶏皮を焼いたり、
ピザを焼いたり、
タンドリーチキンを焼いたりと大活躍。

f0217617_114933.jpg
日が沈むころにはみなさんなかなかの酔いっぷり。
こちらは宇宙を旅してきた麹で仕込んだという芋焼酎。
その名も「バルタン」と「ゼットン」。
スタートダッシュに遅れ、ゼットンのほうは飲みそびれました。

f0217617_11512646.jpg
会場として使わせていただいている交流センターの
片隅に置かれていた古いピアノ。
「カイザー」って知らないピアノメーカーだなと思ったら、
製造がヤマハ、販売がカワイみたいな、
今でいうOEMを先取りしたようなメーカーなのだそうです。
皆さん、お疲れさまでした。
埼玉県。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-11-13 11:52 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

『マタギ奇談』が東京新聞に。

f0217617_9425281.jpg
先日、編集実務を担当させていただいた『マタギ奇談』という本が、
今朝の東京新聞で紹介されていました。
著者が東北各地のマタギたちから聞き取った28編の奇談。
超自然的な話から、
クマとの知恵くらべ、
山の神様への畏敬、
一晩にして消えたマタギの集落。
そして有名な八甲田山大量遭難の陰で
起きていたマタギたちの悲劇など、
いままさに日本から消え去ろうとしているマタギたちの痕跡を、
なんとか遺さんとばかりに書き綴られています。
そして全編を通底して流れているのは、
「自然保護」ではなく、自然の一部として、
山野と調和しているマタギたちの生きかたです。
近年跳梁跋扈している、
いわゆる「強欲資本主義」と並び考えてみると、
人類は生物としては退化しつつあるのではと考えてしまいます。
東京都。2106年。
[PR]

by apolro | 2016-10-25 09:45 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

丹沢山中に、今も墜落した戦闘機はあったのか。

f0217617_14204166.jpg
今年、編集実務を担当させていただいた『新編 山のミステリー 異界としての山』。
著者が日本各地の山小屋や山岳救助隊員、
登山者たちから直接聞き取ってきた山の不思議な話を集めたものだ。
定番の幽霊話はもちろん、
遭難にまつわる、理屈では説明できない話、
自然界の奇妙な現象、
そして人そのものありかたに関する謎など、
その範囲は多岐にわたっているが、
個人的に一番気になったのが『消えた戦闘機』という話。

f0217617_14212687.jpg
著者は山小屋で出会ったひとりの男から、
丹沢山中に墜落した米軍機が今もそのままになっている、
という話を聞く。
彼に道案内を頼み、
その戦闘機を探しに道なき道に入り込んでゆく著者。
そしてよもやの意外な結末。
原稿を読んでいて、
自分も一緒に探しているかのような錯覚に陥った。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-10-12 14:22 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

『山釣り』を読んだ。

f0217617_11421366.jpg
今年も渓流釣りの季節が終わり、
渓に入るのは来年までお預け。
これからの季節は釣りに関する本を読んだり、
今年釣ったイワナの感触を思い返したりして春を待つ。
そんななかで読んだ一冊、
『山釣り』は渓流釣りの世界では高名な、
山本素石の釣り文学を復刻したもの。
釣り文学とはいってもその内容は多岐にわたり、
終戦直後の食糧確保のための釣りや、
山や渓で出会った超自然的な怪異、
山中の廃村に泊まった夜のできごとなど、
釣りに興味のない人でも十分入り込める作品が連なっている。
釣りの本であることは間違いないのだが、
単なる釣りの本ではなく、
釣りという遊びを触媒として、
山や渓への深い愛情を表した記録だった。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-10-10 11:46 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

山屋心と秋の空。

f0217617_94844100.jpg
今年の晩夏から初秋にかけては、
本当に好天が少なかった。
そのため、
計画していた北アルプス、富士山、北海道への
山行計画もことごとくキャンセル。
さらには先日の南アルプスでの天候見誤り。
このまま今年の秋山を終わらせるのはあまりにも悔しい。
10月中に、2度くらいは行きたいな。
10月といえば山は紅葉の時期。
この時期はひどく混み合う山域も多いので、
本来、プライベートでは避けることが多いのですが、
そうもいっておられず。
そして相変わらず、
天気は短い周期でコロコロと変わりそう。
天気図を睨みながら、
夜討ち朝駆けの山歩きになるかもしれません。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-10-07 09:50 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

気がつけば、2000本。

f0217617_111739.jpg
気がつけばブログの本数が2000本を越えていた。
開始以来約6年半なので、
年に300本のペースといったところ。
もともとは「原稿書きの毎日10分ドリル」
みたいな意味合いで始めたこのブログ。
そのほとんどはしょうもない、どうでもいい話なのだけれど、
まあ、よく続けているものである。
そのくせ筆力はちっとも上がっていないのにね。
でも、こうなったら植木等の『五万節』よろしく、
「書いたブログが50000本〜」を目指してやろうかと思ったものの、
念のため傍らの電卓で計算してみたところ、
1日1本のペースであと48000本を書き上げるには、
あと131年かかることが判明してあっさり断念。
今までどおり、
のんびり力を抜いていくことにしよう。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-10-06 11:02 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

納豆山行記。

f0217617_1054737.jpg
久しぶりに高円寺の庚申通り北縁を歩いていたら、
納豆の専門店ができていた。
メーカー直営らしいから、
アンテナショップというのが正解か。
山梨県笛吹市にあるメーカーなのに、
名前はなぜか『せんだい屋』。
昔ながらの藁苞や経木に包まれた納豆から、
お馴染みのパック入り納豆まで、
さまざまな納豆が並んでいる。
先日読んだ髙野秀行の『謎のアジア納豆』以来、
食べたことのない納豆はひと通り食べてみるようになったので、
ここでもいくつか購入。
とはいっても外見だけでは味は全然わからない。
ここはジャケ買いならぬ名前買いでふたつほど。
『八ヶ岳』と『甲斐駒』。
『八ヶ岳』は八ヶ岳山麓産の大豆で作られたものらしいが、
『甲斐駒』のほうはとくに大豆の産地に関する表記はなし。
三角形の包装から甲斐駒ヶ岳をイメージしたものか。
なかを開いてみたら、
甲斐駒ヶ岳よろしく表面に白い納豆菌が
びっしりと付着していたらおもしろいのだけれど。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-10-05 10:53 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

アイスランド語と出版業界。

f0217617_1646312.jpg
夏に訪れたアイスランドの人々は、
アイスランド語という独自の言語を話している。
アイスランド語はヨーロッパ言語のなかでも、
かなりクラシカルな構造とのことで、
中世からほとんど変わっていないらしい。
そのため文法などはかなり複雑、
単語もどう読んだらいいものやらというものが多く、
少なくともローマ字読みではまったく通じないことが多かった。
彼らのほとんどは英語も流暢に話せるので、
僕はもう完全にアイスランド語会話はあきらめた。
ところで、アイスランドの人口は約33万人。
最初にそのことを知ったときには、
「へー、少ないんだなー」
くらいにしか思わなかったのだが、
首都レイキャビクの書店をのぞいたときに、
ちょっと衝撃を受けた。
アイスランド語の本が数多く出版されているのである。
アイスランドでアイスランド語の本が出版されているのは
当たり前のことかもしれないが、
先ほども書いたようにアイスランドの人口は33万人。
このことは出版に関わったことのある人なら、
ぞっとするのではないか。
僕も書店でそのことを考えて呆然とした。
仮にすべてのアイスランド人が、
ある本を買ってくれたとしても、
33万部を越えることはないのだ。
もし33万人のうちの20万人が成人で、
そのなかの10人にひとりが本を買ってくれても、
実売2万部が限界。
実際にはその10分の1、
2000人が買ってくれればベストセラーといったところではないのか。
はたしてそれで商売的に成り立つのか?
同じ本を2冊以上買ってくれる人はまずいないし、
かといって本一冊に何万円という価格をつけるわけにもいかないだろう。
アイスランドの出版社では
どんな編集会議や営業会議が行われているのか、
とても気になるところである。
1億人以上の人口を持つ日本とはまるで異なる、
思考、方法論がとられているのだろうか?
聞くところによると、
アイスランドの人々は、
自らの言語をとても大切にしているという。
もしかしたら、そんなところがなにか関係しているのかもしれない。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-09-29 16:54 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

2016年の稲刈りも無事に終了。

f0217617_1193563.jpg
2016年の稲刈りも無事終了。
今年は悪天候で直前に稲刈り日が順延になったため、
いつもより人出は少なめ。
とくに男手が稀少でしたが、
なんとかこなしました。
完全無農薬でやっているこの田んぼは、
稲刈りの時期もトンボやバッタ、カマキリ、クモなど生き物が豊富で、
なかにはカマキリがバッタを捕らえて頭からバリバリ食べているという、
ちょっとショッキングが光景もありましたが、

f0217617_1195541.jpg
参加していたチビッコたちは、
女の子も含めて怖がることもなく、
興味深そうに観察していました。
こうして少しずつ自然の仕組みを知っていってくれるとうれしいですね。
稲刈り後は例によって田んぼの脇でお疲れ会。
今年は12インチのダッチオーブンに
あふれんばかりのモツ煮が供されましたが、
ビールやら日本酒やらワインやらを片手に。

f0217617_11101953.jpg
スッカラカンになくなりました。
皆さん、お疲れさまでした。
埼玉県。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-09-26 11:11 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

32年目の『ゴーストバスターズ』とオトウト。

f0217617_131566.jpg
1984年のことなので、
僕が大学2年生のときだ。
親から「オトウトを映画に連れていってほしい」と頼まれた。
オトウトは当時10歳。
小学校4年生くらいだね。
彼が観たかった映画は『ゴーストバスターズ』。
僕はそれほど興味があったわけではなかったが、
なにせ財布は親持ちである。
帰りにはご飯も食わせてやってくれと。
タダで映画が観られて、
しかも飯つき。
貧乏大学生には悪くない話である。
観に行ったのは、
たしか当時開業したばかりの有楽町マリオン。
そんな大都会なんてめったに来ないオトウトは、
周囲のネオンサインを見上げながら目を白黒させていた。
後の証言によると、
「あのとき兄貴とはぐれたら、絶対家に帰れない」と、
必死で僕の後ろを追いかけていたそうだ。
無事に映画も見終わり、
さすがに小学生を連れて居酒屋に入る度胸は
当時の僕にはなかったので、
銀座のシェーキーズでピザとコーラという
かわいらしいディナーを食べて家に連れ帰った。
あれから32年。
再び『ゴーストバスターズ』が日本にやって来た。
オトウトに声をかけ、
32年前のあの日のことを話しながら再び有楽町マリオンへ。
僕は前作の内容なんてほとんど忘れていたが、
オトウトはディテールまで詳細に憶えているようだった。
やはり少年時代の記憶は強烈に残るものなのだろう。
オトウト42歳。
兄52歳。
鑑賞後はさすがにピザでディナーということはなく、
銀座のひなびた居酒屋の縄のれんをくぐった。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-09-22 13:06 | 日々のなかの旅 | Comments(0)