旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧


雨ときどき霙。

昨日までのポカポカ陽気とはうって変わって、
今日は凍えるような雨模様。
昼すぎに外出したら雨が霙になっていましたよ。
こんな寒い日は、冷蔵庫にあった大根と芹を使って雑炊です。
しみじみと暖まります。
f0217617_16103651.jpg

2011年。東京都。
[PR]

by apolro | 2011-02-28 16:11 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

スタンプガール?

目白の切手博物館へ。
別にいまさら切手収集をしているわけではないのだけれど、
届いた葉書にきれいな切手が貼ってあったりすると、
やっぱり水に浮かせてはがし、保存してしまいます。
で、切手ではなくてストックブックのほうが欲しくなって、
切手博物館のミュージアムショップ?に行ったのですが、
驚きました。
なんだか若い娘さんがたくさん来ています!
今までは、自分も含めておっさんしかいなかったのに。
みんな友達同士で来て、外国のきれいな切手を
キャーキャーいいながら買っているではないですか。
女子に切手収集がブームなんですか?今。
スタンプガールの時代なんですか?
f0217617_151282.jpg
2011年。東京都。
[PR]

by apolro | 2011-02-27 15:02 | 旅の日々 | Comments(0)

二十数年ぶりの駅。

秩父鉄道の終点・三峰口。
じつに二十数年ぶりの再訪でした。
10代のころは、お金がなくて奥多摩や秩父の山ばっかり行ってたから
けっこうお馴染みだったんですが。
しかし、びっくりするほど変わっていませんでした。
それどころか、三峰山のロープウエイがなくなっちゃったせいか、
よりひなびた感が。
あの頃と変わらず、やっぱり山へ入るのでした。
f0217617_19453641.jpg
f0217617_19455413.jpg

2010年。埼玉県。
[PR]

by apolro | 2011-02-26 19:46 | 旅の日々 | Comments(0)

今日の昼ごはん:フキノトウとアサリのパスタ。

八百屋さんにフキノトウが並び始めました。
本当は自分で摘んできたいところだけど、まあよし。
きざんで冷水でさらし、アサリと一緒にアンチョビ風味でしあげました。
口のなかに独特のほろ苦さが広がります。
けれど、パスタより先にソースを作っておいたのは失敗。
時間がたつと、フキノトウのアクエキス?のせいか、色がどんどん悪くなってきます。
ソースもパスタも同時にフィニッシュさせて、すぐにいただくのがオススメです。
f0217617_14492025.jpg

2011年。東京都。
[PR]

by apolro | 2011-02-25 14:49 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

林芙美子記念館。

家からもほど近く、いつでもいけると思っているところほど
なかなか出かける機会がなかったりします。
ぼくにとって林芙美子記念館がまさにそんなところで、
昨日一昨日の暖かな陽気に誘われて、ようやく訪ねてみたのでした。
f0217617_12123291.jpg

新宿区落合にあるこの記念館は、林芙美子が最後に暮らしていた家を
そののまま保存してあるもので、
この家を建てるために本人は自ら建築を勉強し、建築士や大工を伴って、
京都の民家を見学にいったりしたそうです。
昭和14年に建築、途中戦争による疎開をはさんで、
戦後にようやくじっくりと腰を据えることができたようです。
以前、彼女の『放浪記』を読んだ際に、
「中野駅から家までの道すがらは野原が広がるばかりで、ときには山賊すら出た」
という一文があったので、てっきりこの家かと思っていたのですが、
今回行って見ると、家自体は現在の西武新宿線中井駅からすぐそば。
中井駅の開業は昭和2年とのことなので、
西武線があったのにわざわざ中野駅から歩いたのはちょっと不思議です。
記念館のおじさんに尋ねてみると、
彼女はこの家を建てる前にもこの落合界隈で
5回くらい引っ越しを重ねていたそうです。
だとすると、それはもっと若くてお金もないころの話ですね。
そんな彼女ですが、せっかくこんな素敵な家での暮らしが始まったのに、
昭和26年、突然心臓麻痺で亡くなります。47歳。
やっと貧困から抜け出したのにというべきか、
生きているうちに幸せになれたというべきか。
47歳、って今年の僕と同じ歳じゃないですか!
f0217617_12143318.jpg

記念館内で一番気に入ったのがこの台所。本人も台所にはよく立ち、
この台所の設計にもかなりこだわったそうです。

2011年。東京都。
[PR]

by apolro | 2011-02-24 12:17 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

『ちいさんぽ』に!

2週間ほど前でしょうか。
車窓を眺めながら中央総武線に乗っていたときのこと。
電車はゆっくりと東中野の駅に到着しました。
線路沿いに延びる細い道に目を遣っていると、
なんだかどこかで見たことのあるおじさんが歩いています。
うしろからは機材を抱えたカメラさんとか音声さんがゾロゾロと。
俳優の地井武男さんです。「ちいさんぽ」の収録なんですね。
電車が発車するまでのわずかな時間、
地井さんは目ざとく『カリカリ博士』というたこ焼き屋さんをチェックしていました。
そしてそのとき、僕は見逃しませんでした。
カメラが僕が乗っている電車をバックに地井さんを撮っていたことを!
昨日、ラテ欄を見てみると『ちいさんぽ』の特集は落合。
これはアヤシイとにらみ、録画のうえじっくりと観ていたら……、
映りこんでいましたよ、僕が!
この微妙さ。おそらく、本人しか確認できないでしょうが、
『ちいさんぽ』、とったどー!
f0217617_11521243.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-02-23 11:52 | 日々のなかの旅 | Comments(1)

今日の昼ごはん:イシモチの中華風塩焼き。

冷凍庫の中でずーっと眠っているイシモチを、
さすがになんとかせんといかんということで解凍。
ただの塩焼きでもよかったのだけれど、
それだけだとちょっとあっさりしすぎな気がしたので、
塩焼きにしてうえに白髪ネギを載せて、
熱々にしたゴマ油を上からジュワーッとかけました。
ごま油とネギの香りが部屋中に広がります。
このやりかたは、以前福岡に行ったときに入った
「洗濯船」という居酒屋で出してくれたメニューからいただきました。
あのときはイシモチじゃなくて夏イサキだったけど、
あれも美味しかったな。
f0217617_16163692.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-02-22 16:17 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

一周年。

気がつけば、このブログも本日で無事一周年を迎えることができました。
自分のなかの旅の思い出が
次第にあやふやになりかけてきたことを危惧して始めたのですが、
自分でも意外なほどこまめに書いてます。
あんまり大仰にならずに思いつきで書いているのが、
いいのかもしれません。
読んでくださったすべての人にありがとうです。
そしてこれからもよろしくお願いいたします。
もうすぐ春。旅立ちのときですよー!
f0217617_1832375.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-02-20 18:33 | 日々のなかの旅 | Comments(3)

テルモスのステンレスボトル。

ずっと使い続けてきた保温ボトルが、最近漏れるようになってきた。
テルモスのステンレスボトル。
本当はサーモスというのが正しいんだけど、
初めてこのボトルを知ったときの山道具としての呼び方は「テルモス」で、
それに慣れちゃったのでずっとそう呼んでます。
もちろん初代はガラスのやつ。
しかしなんで漏れるんだと思っていろいろ調べてみると、
どうやら栓に問題があるような。
以前は先端のところにもう一個パッキンがついてたような気がします。
洗ったりしているうちになくしちゃったのかも。
メーカーのサイトを調べてみても、
さすがにこれだけ古いとスペアパーツも扱ってないようで、そろそろ引退かな。
かれこれ20年以上使ってきました。
八ヶ岳、アイルランド、フィンランド、北海道……。
寒いところへの旅には必ず同行してたな。
ベコベコに凹んでるけど、それはみんなそんときの思い出。
そういうふうに考え出すと、捨てられないだよなー。
どうしよ。
f0217617_238292.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-02-19 23:09 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

今日の昼ごはん:菜の花のパスタ。

八百屋の店頭にも、房総産の菜花が並ぶようになりました。
これを目にすると春が近づいてきたと実感します。
今回はこれを使ってパスタ。
先日、ブロッコリーのパスタを作ったところ、
ブロッコリーの花の部分が存外ソースによく馴染んでくれるのに気がついて、
これは菜の花にも流用できるのでは、と思った次第。
刻んだ菜の花のほろ苦さとアンチョビソースのタッグマッチ。
うーん、おなかいっぱい。
パスタってついつい食べすぎちゃいますね。
f0217617_15515014.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-02-18 15:52 | 今日の昼ごはん | Comments(0)