旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
轢かれるまであと20センチ。
at 2017-06-29 13:58
夭折した人々。
at 2017-06-28 11:52
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧


安息の地。

さてこの建物はなんでしょう?
それほど大きくない島国サモア。
そのなかでも小さな島・マノノ島に行ったときのことです。
宿泊施設なんて当然なく、島までのボートの船頭が、
「知人がいないならうちに泊まりなよ」と言ってくれました。
あ、ここまで読んで、まさかと思ったかた。
大丈夫です。いくらなんでも写真の建物が家じゃないです。
家はサモアならではの壁がない大きな家。
一族郎党が一緒に暮らしていて、昔々の日本の家族のような家でした。
晩ご飯をご馳走になり、
(僕が食べ終わるまでは、みんな箸をつけないのがけっこうプレッシャー)
ようやく就寝というときに教えてもらったトイレがこれです。
床に穴が開いていて、下には青い珊瑚礁。
うーん、スバラシイ、としか言いようがない。
f0217617_095752.jpg
マノノ島/サモア共和国。1997年。
[PR]

by apolro | 2011-04-30 00:11 | 旅の日々 | Comments(0)

むしって食べたり飲んだり。

ルッコラ、グイグイ育ってきました。
f0217617_1741556.jpg
間引いた苗も、まるごと使えば十分サラダの具材になる大きさに。
ピリッとした辛みとゴマのような香りが特徴ですね。

いっぽうこちらは3年ほど前に植えたスペアミント。
f0217617_17415067.jpg
冬の間、地表部分は枯れていますが、
毎年春になるとこちらもワラワラと増えてきます。
あんまり料理への用途が思いつかないのですが、酒に放り込むのはアリです。
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-29 17:47 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

ホップが育つ。

毎年、この季節になるとホップの蔓が爆発的に育ち始めます。
1日に数センチは伸びているのではないでしょうか。
もともとは小さな苗木一鉢だったのが地下茎で増殖を続け、
いまでは、真夏になると西側の壁はホップでびっしりと埋まります。
これが西日を避ける壁面緑化になっているのですが、
最近は電線を伝って電柱にまで勢力範囲を広げようとするのが困りものです。
それでもこの時期のホップの葉の新緑は、かなり気に入っている緑色。
f0217617_12373592.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-28 12:38 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

今日の昼ごはん:アサリの炊込みご飯と青海苔の味噌汁。

あいかわらずアサリはぷっくりと太っていて美味。
生の青海苔が出回り始めたので、それをお味噌汁に。
海苔の香りがふわりと広がります。
アサリはフタが開いたのからどんどん鍋から揚げていったほうが、
ふっくらとした仕上がりになるって『ウチゴハン』でいってた!
f0217617_1232137.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-27 12:32 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

「前へーならえ!」

どんどん進行する旧中野警察学校跡地の再開発。
だんだん空が少なくなってきます。
巨大なタワークレーンが林立して、資材を次々と現場に揚げていく。
そんなタワークレーンたちも「前へーならえ!」で、
方角、角度ともにびっちり揃えて休日を迎えるわけで。
見てくれ以外に、実務上の意味もなにかあるのでしょうか。
f0217617_10432826.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-26 10:44 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

スタジアムでビール。

f0217617_11182192.jpg
Jリーグ再開初戦。
相手は昨年の覇者名古屋だし、目の前で闘莉王さんに
どや顔されたらいやだなあと今回は我慢しようかなと思っていたのですが、
朝目覚めると、昨日の嵐がウソのような快晴。
風も穏やかで、こんな日にスタジアムでビールを飲んだら
さぞかし気持ちがいいだろうなあと考えたら、
いても立ってもいられずに埼玉スタジアムを目指します。
ここのところ客足が落ちているとのことですが、
席種さえ選ばなければ、こんなふうにフラリと観戦できるのもいいものです。
駅を下りてスタジアムへ向かいながらビールを飲み、
キックオフを待つ間、新緑を眺めながらビールを飲み、
試合中は内容に一喜一憂しながらビールを飲み、
試合後は三々五々に帰路につくサポーターを眺めながらビールを飲む。
気持ちのよい日曜日でした。

え、試合結果? いやだなあ、勝ちましたよ。
だからこそビールも美味しいというものです。
埼玉県。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-25 11:19 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

ムケッカ登場。

ブラジル北西部の名物料理「ムケッカ」。
ヤマザキマリ(今話題の「テルマエロマエ」の作者ですね)さんのマンガ
「それではさっそくBuonappetito!」内で描かれているのを読んで以来、
一度は食べてみたいものだと思っていたら、
近所の『清浄』さんが作ってくれましたよー!
ありがとうございます。
魚介と野菜を豊富に使って出汁とコクがしっかり。
それをココナッツミルクで煮込んであります。
これは、なかなかに美味しいじゃないですか。
系統としてはタイのココナッツカレーと同じチームかも。
地球の真裏でも、こうして食文化に類似が現れるのは興味深いですね。
前述のマンガでは
「カイピリーニャ(蒸留酒とライムのカクテル。アルコール度高し!)」
と一緒に食べるとさらに美味とのことでしたが、
それはちょっとキケンすぎるので白ワインと一緒にいただきました。
f0217617_10522358.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-24 10:53 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

イタリアンパセリ発芽。

なかなか変化のなかったイタリアンパセリも発芽。
これで第一次種蒔き隊は全員顔を揃えました。
これから間引いたり、植え替えたり、摘芯したりしつつ、
今年の食卓に彩りを添えてもらう予定です。
みなさん、夏に向けてがんばりましょう。
f0217617_16594580.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-23 17:00 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

お買い物デイパック。

久しぶりにリュックを新調。
パタゴニアの「ライトウエイト・トラベルパック」。
最近リバイバルしている一本締めタイプの天蓋です。
テロンテロン感のある生地も、あらイイですね。
山に背負っていくというよりも、近所にお買い物に行くときや、
海外でメインバッグを宿に置いて出かけるときのサブパックとして役立ちそう。
裏返してサブポケットに収納できます。
f0217617_1311151.jpg
クラシカルなデザインを現代の素材で再構成。極薄の生地に加えて明るい色を選んだので、場合によっては若干中身が透けて見えるのが弱点かな。

f0217617_1313485.jpg
懐かしの「マジックバッグ」スタイルで収納できます。

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-22 13:09 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(2)

バジル発芽。

昨晩のような、急な寒の戻りがあると、
室内から外に移動させた観葉植物たちが心配になる。
冬の間、ずっと部屋のなかで我慢させていた植物たちに、
一刻も早く太陽を浴びさせてやりたい一心なのだけれど、
判断を誤るとそれが致命傷になることもあって、
これまでにも何度か失敗してきた。
今朝見た感じでは大丈夫みたい。
どれも雨に濡れたを葉を朝日でキラキラ輝かせている。
そんななかバジルが発芽。
カミツレ&ディルから遅れること3日。
これで「チキチキ イタリア食材発芽レース」最下位はイタリアンパセリに決定!
ちゃんと発芽するんだろな。
f0217617_9431057.jpg
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-04-20 09:43 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)