旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2011年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧


崖の先の世界。

f0217617_2152270.jpg
大台ヶ原を歩いていると、
大蛇嵓(だいじゃぐら)と呼ばれる場所がありました。
岩峰の端っこなんですが、
その先は高度差1000メートルにわたってスッパリ切れているとか。
もちろん一般登山道です。
過去にはここで修行を重ねた修験者もいたのかもしれません。
現在は鎖を張って、万が一の事故がないようにしていますが、
これまでにはきっと調子にのって悪ふざけして、
おっ死んじゃった人もいたのでしょうね。
僕は足先を出してみるくらいが精一杯。
奈良県。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-30 21:53 | 旅の日々 | Comments(2)

ハムストリング筋を使ってみた。

もも裏のハムストリング筋を鍛えると、
体幹が強くなってボディバランスが鍛えられるというので、
先日の山歩きでは意識して、もも裏の筋肉を使ってみました。
意識して、とはいってもときどき思い出したように力を込めてみた程度ですが。
結果。
いつもは何日も歩いてもあまり筋肉痛がでないもも裏がパンパン。
ふくらはぎと干渉して正座ができません。
もちろん筋肉痛もハンパなし。
個人的には、こんなところに筋肉痛がくるのってすごく珍しいです。
僕の経験では、ボーリングと、そして稲刈り!
農民は体幹が強くボディバランスも良いということか。
ちなみに下の表紙は最近読んでいるコミック『フットボールネーション』。
サッカー漫画の体裁をとって、ハムストリング筋の効能とか深視力とか、
スポーツ科学? をいろいろ解説してくれておもしろい。
f0217617_1843144.jpg

東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-29 18:44 | 旅の日々 | Comments(0)

伊吹山を歩いた。

f0217617_15244238.jpg
一昨日は取材で滋賀県の伊吹山へ。
この伊吹山、関東だとあまり聞き慣れませんが、
関西方面ではそこそこの初心者フレンドリーな有名山。
平日にもかかわらず山ガールたちもちらりほらり。
観光地でありつつ山歩きも楽しめるというと、
関東でいうところの高尾山とか筑波山みたいな位置づけでしょうか。
日本百名山にも数えられています。
山腹は高原状で視界良好、
眼下には田園地帯とそのはざまの小さな裏山たちが
ポコポコと盛り上がっています。
そして遠望できる水面は琵琶湖。
気持ちのよい山歩きでした。
米原市/滋賀県。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-28 15:26 | 旅の日々 | Comments(0)

稲刈りへ。

f0217617_1141558.jpg
f0217617_1143620.jpg

6月に田植えをした田んぼのお米も順調に実り、昨日に無事稲刈り。
台風一過の青空の下、湿度も低く爽やかな風に吹かれながらの作業となりました。
鎌を片手にわしわしと刈り取りを進める人、
刈られた稲を束ねて結って、はさ掛けの準備にいそしむ人、
きっと千年以上前からこの国でこなされてきたであろう仕事を、
みんな軽口をたたきながらこの日もこなしていきます。
刈り取られた後の田んぼには、
ゲンゴロウやらホタルの幼虫やらクモやらといった昆虫たちが
新たな隠れ場所を探して大慌て。
こんなに生物相が豊富なのも無農薬でやっているからなのでしょうね。
はさ掛けで10日ほど干された稲は、脱穀、籾摺りを経て玄米へ。
さらに精米をすれば白米へ。
秋の収穫祭が楽しみです。
埼玉県。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-25 11:04 | 旅の日々 | Comments(0)

お気に入りビールの危機。

f0217617_1827556.jpg
ここしばらく秘かにお気に入りだったビール(と呼んじゃいけないんだっけ)が、
サッポロの「クリーミーホワイト」。
爽やかな飲み口ながら適度なコクがなかなかイケます。
ベルギーのヒューガルテンあたりを比較に出したら怒られそうですが。
しかし、このクリーミーホワイトが最近なかなか見つからなくなってきました。
まず、コンビニでは完全に見かけず。
酒屋さんでも置いているのは一部。
しかも「陳列一列のみ」みたいな、もはや風前の灯火。
置いてある酒屋ではなるべくまとめ買いをして、
「売れてる」感をアピールしているのですが焼け石に水か。
このまま、消えてしまうのでしょうか。
がんばれクリーミーホワイト!
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-23 18:28 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

ツクツクホーシを探せ!

f0217617_22455911.jpg
子どもの頃は、毎年夏になると何百匹とセミを捕まえたものです。
一番カンタンに捕まえられるのはアブラゼミ。
こいつは素手でいけました。
ジージー騒ぎすぎて、敵が近づいているのに気がつかないんじゃないかというくらい。
逆に難敵だったのがツクツクホーシで、
こいつは小さいうえに用心深く、さらに羽根が透明で見つけにくい。
網を使っても失敗することがしばしばでした。
先日、意外と低いところにこのツクツクホーシがとまっていたので、
思わずシャッターを切ったのが上の写真。
こうやってあらためて写真で見てみても、こりゃわかりづらいな。
一瞬、あさっての方向の写真を撮っちゃったのかと思いましたよ。
さあ、この写真を見てどこにツクツクホーシがいるかすぐにわかった?
埼玉県。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-21 22:46 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

健康診断における高度なテク。

f0217617_19164345.jpg
健康診断の申し込みをしたところ、
検便用の容器等を取りに来るようにといわれた。
病院で受け取り、それを家であらためて確認してみたら、
最近は便のみならずオシッコも家から持参するシステムなんですね。
その容器が写真のもの。
説明書によると、
「排尿の途中以降のものを紙コップに入れ、それを透明の容器に移して密閉云々……」
と書かれている。
たしかに、この細い透明容器に直接注入するのは至難の業だろう。
だけど。
紙コップからこの容器に注ぐのも、それはそれでなかなかの技術じゃないの?
一滴もこぼさずに任務を遂行する自信はまったくありません。
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-20 19:17 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

東の空が小さくなってゆく。

f0217617_923966.jpg
中野警察学校跡地の再開発が、どんどんと進んでいる。
でっかいビルがひとつ姿を現れたのでこれで一段落かと思ったら、
そこ以外の区画にもタワークレーンが次々と立ち並び、
毎日、恐竜の首のようにクレーンを振り回している。
まだまだビルが建つみたい。
東の空がどんどん小さくなってくる。
工事終了の暁には、この周辺の暁の刻はなくなっちゃうのかも。
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-19 09:24 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

捕食者か、被捕食者か。

f0217617_14495525.jpg
昨日から、簾の裏側に張り付いたまま動かないカマキリ。
夜になって、家の灯りに誘われてやってくる蛾などを狙っているのでしょうか。
でも、キミと同じようなことはヤモリも考えていて、
やっぱり夜になるとガラス面をペタペタと歩いているよ。
自分がエサにならないように注意だね。
東京と。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-18 14:50 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

イタリアンパセリがスカスカなワケ。

f0217617_17403515.jpg
今朝、イタリアンパセリの鉢植えを見たら妙にスカスカ感がありました。
なんだー? と思ってまじまじと観察してみると、
わああ、幼虫です! しかもけっこう育ってる。
このところあんまり面倒みてなかったから気がつかなかったんだな。
この写真のなかだけでも、よく見ると5匹も写ってます(苦手な人は探さぬように)。
この幼虫のデザイン、たぶんキアゲハじゃないかと思って調べてみると、
案の定、キアゲハの幼虫の食べ物はセリ科です。パセリもセリ科。ビンゴですね。
もうこの鉢植えのパセリはキミたちにあげます。
その代わり、しっかり育って美しい姿を見せてくれたまえ。
しかしアゲハとキアゲハって成虫は、単に色違いみたいなのに、
幼虫は姿も食べ物も、まるで違う。フシギ。
東京都。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-09-15 17:42 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)