旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2012年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


今年も歩いた、そして飲んだ。

f0217617_14381434.jpg
あっというまに大晦日。
今年もいろいろありました。
個人的にはルーマニアに行ったのと、
長年の懸案だった山形の朝日連峰を歩けたのがトピックスかな。
これからも旅を続けるには、なによりも健康が第一と実感した一年でもありました。
来年はもう少し自分のからだを労ろうかしら、
といいながらも、年の瀬一人飲み歩きを続けるのであった。
皆さん、良いお年をお迎えください。
そして来年もよろしくお願いいたします。
古本酒場「こくている」にて。
2012年。東京都。
[PR]

by apolro | 2012-12-31 14:39 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

マルタイラーメン勢揃い。

f0217617_1661085.jpg
マルタイの九州ご当地ラーメンシリーズをまとめてゲット!
マルタイラーメンって、昔から山屋に絶大な支持を受けているんだよね。
ヒマラヤ遠征隊なんかも、よく現物スポンサードを受けていたみたい。
棒ラーメンなのでかさばらないのが、山屋に人気大きな理由だと思うんだけど、
実際、僕も愛用してきました。
いつの間にか「山の棒ラーメン」なんていうブランドもできて、
これは登山用品店で売られているのです。
そういえば一度、マルタイの本社に取材でお伺いしたこともあったなー。
さあ、お正月のアクセントにあれこれ食べますよ。
東京都。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-30 16:06 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

玄関先のミステリー。

f0217617_1517323.jpg
朝起きて、新聞を取りに玄関の郵便受けに行ったところ、
足下に土が散乱していた。
たぶん植木鉢がひっくり返ったのだろう。
猫が蹴倒したのか。
まあ、こういう事故がたまにあるもの。
ただ不思議なのは、倒れた植木鉢がないのである。
もしかしたら、新聞屋さんが足を引っかけて倒してしまい、
とりあえず元にだけ戻しておいた、という線も考えられるので、
周囲にある植木鉢を全部チェックしてみたけれど、
異状のある鉢は皆無。
土が減っている様子もない。
鉢を倒したうえでその鉢を持ち去った?
そんな可能性もあるので、
ではなくなった鉢があるのか思い出そうとしてみたのだが、
これが情けないことに思い出せない。
全部あるような気がする。
うーん、事件は迷宮入りかな。
東京都。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-29 15:17 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

峰を臨む駅。

f0217617_1122556.jpg
最近なにかと出かけることの多い東武日光駅なのですが、
このアングル限定で眺めてみると、
ちょっとシャモニーあたりの駅にも見えて素敵なことが判明。
後ろに聳えているのは赤薙山、
そして栃木産イチゴの名前にもなった「女峰」山でしょうか。
栃木県。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-28 11:03 | 旅の日々 | Comments(0)

『モーニング』の悲劇、再び!?

f0217617_1502147.jpg
合併号だったとはいえ、
先週は間違って、『週刊モーニング』の同じ号を二週連続で買っちゃったからな。
まったく情けない話だったぜ。
でも今週は大丈夫。
表紙の絵も先週と違うし、間違いないですよー、
って、これ『モーニング』じゃないじゃん! 『モーニング2』じゃん!!
……。ホント、大丈夫かオレ!?
ちなみに、あらためて正しい今週の『モーニング』を買い直したところ、
読みたかった『ジャイアント・キリング』は今週も休載でした……。
東京都。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-27 15:01 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

ワシワシ歩く。ワラワラ降られる。

f0217617_1318469.jpg
恥ずかしながら還って参りました(古い!)。
大晦日には戻るといいながらの途中撤退です。
いやあ、12月とはいえ雪がハンパなかったなー。
折しもクリスマス寒波直撃だそうで。
久しぶりにラッセルしましたよ。
でも、新雪の上を歩くのは楽しいな(モチロン、程度にもよる)。
テンマツは3月発売の『トランピン』にて。
滋賀県。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-27 13:20 | 旅の日々 | Comments(0)

日光の古道を歩く。

f0217617_10471174.jpg
日光といえば東照宮や二荒山神社が有名ですが、
喧噪の観光地はちょっと……というかたには、この古道がオススメです。
大谷川側から見て東照宮の裏手、香車堂から滝尾神社へ至る道は、
古い苔むした石畳が敷き詰められ、
周囲を樹齢500年は越えるであろう杉の老木が囲みます。
観光バスが並ぶ表玄関からは想像もつかないほどの静寂が囲む、
まさに「もうひとつの日光」と呼べるでしょう。
滝尾神社まではのんびり歩いても一時間ほど。
そこからぐるりと二荒山神社をまわっても二時間半というところ。
小学校の修学旅行以来の再訪だった東照宮界隈でしたが、
実は、一番印象に残ったのがこの道でした。
栃木県。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-23 10:48 | 旅の日々 | Comments(0)

今日の昼ごはん:西山ラーメンの味噌味。

f0217617_17453371.jpg
今日みたいに昼間になっても気温が上がらない日には、
やっぱりラーメンが美味しいですね。
しかも味噌ラーメン!
札幌の「西山ラーメン」というのをお裾分けでいただいたので、
本日はこれがお昼ご飯。

f0217617_17455884.jpg
炒めた野菜を上にのせていただきます。
麺が太めの縮れ麺で、コクのある味噌味によく合いますな。
体が冷えてたこともあって、ツルツルツルと一気に完食。
調べてみたら、この西山ラーメンというのは
札幌では超定番の製麺所なんですね。
東京でもどこかで手に入るのかな。
東京都。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-22 17:46 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

アブナイ橋を渡ったぜ。

f0217617_121378.jpg
鬼怒川は龍王峡付近の沢に架かるこの橋。
一見、なんでもない普通の吊り橋です。
もともとは、足下が金網だけで下の谷底が丸見えの橋なんでしょう。
下までかなりの高度差があって、
たしかにその上を渡るのはなかなかのスリルが味わえそうです。
たぶん、そんなことからその金網の上の木製のコンパネを張って、
恐怖感を軽減させたのでしょうが、
これはこれでかえってコワイ!
だって、これじゃコンパネの下の金網の老朽化具合が全然確認できないし、
コンパネ自体も腐ってブカブカだし。
コンパネがズボッと抜けて、
さらにその下の金網をダメになっていたらと想像したら……、
思わず四つん這いになりたくなりました。
栃木県。2012年。
[PR]

by apolro | 2012-12-21 12:01 | 旅の日々 | Comments(0)

同じ号だよ……。

f0217617_14162626.jpg
んがー! 2週間続けて同じモーニングを買っちまった!
もう合併号の季節に入っていたとは……。
最初は『GIANT KILLING』また休載かよーと、
ちょっと怒り気味だったんですが、
もしや!と思ってほかを読んでみると、先週買った号でした。
しかし、表紙を見ても気がつかないとは、
ワレながら終わった感があふれるぜ。
東京都。2012年
[PR]

by apolro | 2012-12-20 14:17 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)