旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
轢かれるまであと20センチ。
at 2017-06-29 13:58
夭折した人々。
at 2017-06-28 11:52
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2013年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧


剛気な鳩好き?

f0217617_9395150.jpg
郊外を歩いていたら、昭和初期様式っぽいカッコイイ家を発見。
入口が角にあるあたり斬新ですね。
近づいてみると、窓のところには大きな金網が張られていて、
そこにたくさんの鳩がいました。
住人が鳩好きで窓に鳩舎を据えているんだと思いつつも、
なにか違和感があったのでよくよく見てみると、
鳩が室内にも自由に出入りしています。
さらに室内からは多数の鳩の「クルックー」声が。
なんとこの家、一軒まるまる鳩舎ではないですか!
世の中には豪気な人がいるもんです。
群馬県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-31 09:40 | 旅の日々 | Comments(0)

群馬の歌舞伎町。

f0217617_1132947.jpg
全然知らなかったのですが、
群馬県太田市は、最近では「群馬の歌舞伎町」と呼ばれているらしいですね。
駅を降りて驚きました。
駅前から南にすっと目抜き通りが延びていて、その左右が風俗関係だらけじゃないですか。
いきなり駅前からですよ。
セクシーパブ、ランジェリーパブ、チャイニーズパブ、
コリアンパブ、ニューハーフパブ……。
ありとあらゆるその手のお店がひしめいています。
目算では全体の7割がそっち関係でしょうか。
「お店紹介所」なんて、歌舞伎町以外で初めてみました。
夜7時頃、そんな風景に圧倒されながら歩いていると、
いきなり道路の反対側から、
そこそこクルマの往来もあるその通りをダッシュで横切って、
ボクに向かって一直線に走ってくるひとりのお兄ちゃんが。
なんだなんだと多少ビビリつつ身構えると、
「お兄さん!どうすか!?オッパイギャル侍!」
「おっぱいぎゃるさむらい」ってなんなんだよー!
逆に気になるわ!
一説によると、この町はスバルの城下町で(スバル町という町名もある)、
若い独身男性が多いことからこんな状況になったといわれていますが、
真実はどうなんでしょ。
群馬県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-30 11:34 | 旅の日々 | Comments(0)

一発ネギむき機だ!

f0217617_10375926.jpg
世の中には専用機械というものがいろいろあって、
なかなか一般人の目にふれる機会は少ないものです。
そんななか、ネギ好きの僕としては
ぜひとも一度使ってみたいのがこのマシン一発ネギむき機「バズーカ」です。
そもそも「ネギむき」ってどんな作業?
出荷前に一番表の皮をむくんでしょうか。
そんでもって名前が「バズーカ」。
しかも後付けで「防音型」。
ユーザーから、音がうるさいという苦情がでて改良したのか、
もとから音なんかしなかったのに、
そのネーミングから誤解を受けてあわてて「防音型」としたのか……。
そもそも立て看板で宣伝をうって、効果があるんでしょうか。
群馬県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-29 10:38 | 旅の日々 | Comments(0)

ロウバイが咲いたよ。

f0217617_11123736.jpg
ロウバイの花が咲き始めました。
最近は、梅よりもこの「蝋梅」が目立つような気がします。
「梅」ついても梅とは別種とのこと。
種子には毒があるんだってさ。
群馬県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-28 11:13 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

さざえ堂便り。

f0217617_2015953.jpg
「さざえ堂」というのをご存じでしょうか。
これは特殊な構造を持った仏堂の通称で、
特殊な構造というのは、回廊式の建物でぐるぐると上層に上がっていくうちに
やがてそれがいつのまにか下り階段となって降りてきてしまうというもの。
その仕組みは、遺伝子の二重螺旋構造によく例えられます。

f0217617_20161690.jpg
回廊を巡りながら観音様を拝んでいきます。

「さざえ堂」と呼ばれる所以も、
サザエの殻の構造にもよく似たり、ということでしょうか。
そんなさざえ堂のひとつに行ってみました。
場所は群馬県太田市の曹源寺。
ひとくちにさざえ堂といってもその設計にはいくつかあるようで、
ここのさざえ堂は床の段差や手すりを巧みに利用して、
上りで歩いた回廊を歩かずにまた下まで降りて来られるというものでした。

f0217617_20171892.jpg
手すりと段差で一方通行を成立させています。
それにしても、やはり江戸時代に再建されたというここのさざえ堂、
当時の大工さんにしては、まさに腕の見せ所だったことでしょう。

f0217617_20183522.jpg
このあたりの構造はなかなか興味深いです。

解説には「外から見ると二階建てなのだが、実際は三階建てである」と、
書かれているのですが、まあそこそこ三階建てにも見えますね。
f0217617_20242493.jpg

それ以外にも、
「日本の三大さざえ堂のなかでは最大のものである云々」
というのも随所に書かれているのがなんともかわいらしく、
思わず、友人でさざえ堂にはちょっとうるさいポンチハンターさんに、
メールで報告したところ、
「日本のさざえ堂は別に3つしかないわけじゃないんだけどね」
と、とても冷静なご返事をいただきました。
そしてここだけじゃなく、全国に散在するさざえ堂を
すべからく訪ねてみたくなった次第。
やはり真っ先に行くべきは、一番有名な会津若松の旧正宗寺三匝堂でしょうか。
あそこのは、回廊が本当に二重螺旋構造になっていてすごいらしいぞ。
また旅のテーマが増えてしまいました。
ちなみに堂内には、いろいろとありがたいお言葉が掲示されているのですが、
これはちょっとちがうんじゃないか。

f0217617_20203648.jpg
仏様のお言葉というよりは、なんだか安手の自己啓発書のようですね。

群馬県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-27 00:01 | 旅の日々 | Comments(0)

畑に並ぶエイリアンの卵。

f0217617_14451574.jpg
畑にずらっと並んだ白菜が、
エイリアンの卵に見えてしかたがない。
理由は簡単。
はい、先日テレビでやっていた『エイリアン2』を見ちゃったからなのですが。
そういえば、それで思い出した。
あの映画のラストシーンに登場して、
エイリアンと大立ち回りをやったパワーローダーのプラモデル持ってたよ。

f0217617_14453683.jpg
ごていねいにシガニー・ウイーバーまで付属して。
こいつをつくって白菜でも剝いてもらいますか。
2013年。群馬県。
[PR]

by apolro | 2013-01-26 14:47 | 旅の日々 | Comments(0)

一度駕籠に乗ってみたかった。

f0217617_18422019.jpg
わざわざ。
ひとりしかいないのに。
セルフタイマーで撮ってみた。
一度駕籠に乗ってみたかったんだよ。
ええ、バカです。
歳をとると羞恥心が薄らぐっていうのはホントだな。
2013年。群馬県。
[PR]

by apolro | 2013-01-25 18:40 | 旅の日々 | Comments(0)

ワイルドな謝意。

f0217617_17494474.jpg
東武線の壬生駅構内で発見した表示。
乗客への謝意を表すのはよいと思うのですが、
それにしてもワイルドすぎやしませんか。
ひと文字ずつテープで製作していく過程、大変だっただろうなー。
ごくろうさまです。
栃木県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-22 17:50 | 旅の日々 | Comments(0)

壁にマンモス。

f0217617_16484720.jpg
アウトドアブランド『マムート』のショップに打たれていた、
ブランドのロゴ型クライミングホールド。
なんかカワエエですな。
ちなみにクライミングホールドというのは、
フリークライミング用の壁に設置する人工の突起物のことナリ。
「 no climbing 」だけれども。
福岡県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-21 16:49 | 旅の日々 | Comments(0)

荒物に萌える。

f0217617_14232190.jpg
栃木の街では、蔵造りの昔ながらの荒物屋さんを発見。
テンションがあがってしまい、ついいろいろと衝動買い。
笊や箒は消耗品だからいくらあってもこまりませんが、
問題はこの鬼おろし。
今までは使ってこなかった道具です。

f0217617_14233965.jpg
お店のオジサンに尋ねたところ、
「これは、大根や人参を粗くおろして、『しもつかれ』をつくるときに使うんですよ」
とのご返事。
しもつかれ! ここでも登場ですか!
僕が思っているよりも、ずっと根ざしている食べ物なんですね。
さて、僕が「しもつかれ」をつくるかどうかは置いておいて、
ざっくりとおろした野菜は、ほかにどんな料理に使えるかな?

この日の反省:リュックを背負ってこれから一日歩くという日の朝に、こういう嵩張る買い物をしてはいけません。

栃木県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-01-20 14:24 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)