旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2013年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧


札幌の居酒屋で食べた美味しいもの。

f0217617_10465324.jpg
札幌の居酒屋には、やっぱり美味しいものがありました。
まずは刺身の三点盛り。
上のはサクラマスを軽く酢締めにしたもので、
酸っぱくはないけど、お酢の香りだけはほのかに香る程度。
脂っこさが適度に流されていい加減。
下のはシメサバ。これもまた上品な締めかたで美味。
右の白身が今回一番びっくりしたマツカワガレイの刺身です。
白身ながら旨味がたっぷり、脂の甘味もくどくない程度にのってます。
カレイにもこんな種類があったのか。釣らなくちゃ。

f0217617_10461952.jpg
そしてこちらは小樽産のシャコ。で、でかい。
「北に行くほど同種の生物なら大きくなる」
というベルクマンの法則はシャコにも成立しているのか!
オスメスセットで出てくるのですが、
どちらも味は濃厚で、これでけっこうオナカいっぱいになっちゃいました。
うーん、美味しいものを食べるときはやっぱり戦力を充実させないと、
いろいろ攻められないですねー。
今晩からちょっと八丈島に行ってくるので、彼の地でも美味しいものに期待。
北海道。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-31 10:48 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

余市のフゴッペ洞窟にて。

f0217617_1841270.jpg
北海道は余市町の外れに「フゴッペ洞窟」と呼ばれる遺跡がありまして、
その奇妙な名前の響きにも惹かれも一度行って見たかったところです。
これは昭和25年に札幌から海水浴に来ていた
中学生によって発見されたいわゆる壁画遺跡です。
時代は続縄文期の頃、約2000年ほど前のものらしく、
アイヌの遺跡であるとか、
ロシアの沿アムール文化の影響があるとかいわれているのですが、
いまだに決定的な答えは出ていないようです。
上の写真の崖の裏手から発見されたそうで、

f0217617_18412833.jpg
現場は現在カプセル式に封印され、その上に上屋が建てられて博物館になっています。

f0217617_1841533.jpg
館内は当然のように撮影禁止なので、とりあえずフォトカードを購入しました。
実際に現物を見ても、遺跡保護のためなのでしょうがとにかく照明が暗くて、
老眼気味の眼にはツライものがあります。
興味深いのは、この巨大な羽の生えた人物像ですね。
博物館のお姉さんは、
「ネイティブアメリカンやイヌイットとの関連が検証されています」と説明してくれました。
つまり、シャーマンみたいなものを描いているということですね。
でも、僕がひと目見たときに思ったのは、
「これ、エヴァンゲリオンじゃん! こんなシーンあったじゃん!」でした。

f0217617_18413233.jpg
帰りに購入したキーホルダーの図案も、なんか使徒っぽいし。
でも逆ならともかく、古代人がエヴァを引用するということはありえないですね。
いずれにしてもカタカナ表記の遺跡はなぜかテンションが上がるなあ。
九州のチブサン遺跡なんかも行ってみたいです。
漢字を当てはめようがない出自がタマランのでしょうか。
北海道。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-30 18:43 | 旅の日々 | Comments(0)

アスファルトを粉砕して春へ。

f0217617_13123577.jpg
アスファルトを粉砕して育つ、北海道の春の植物。
タケノコとかならわかるけれど、
こんなはかなげな植物までが、なんという力強さ。
ユキノシタに似ているけれど、
調べてみたら北海道にはユキノシタは生息しないらしい。
近縁種かな。
いずれにしてもこの状態をみたら、名前はユキノシタじゃなくて、
「アスファルトノシタ」ですね。
北海道。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-29 13:12 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

北海道では、こんな植物が雑草化?

f0217617_17228.jpg
北海道は余市の田舎道を歩いていたところ、
道端にこんな植物がもそもそっと生えていました。
この形状って、いわゆるアスパラですよね。
彼の地では、アスパラも雑草化しているのでしょうか。
注意しながら歩いていると、けっこうあちこちに生えています。
こぼれ種? 地下茎で増えるタイプじゃないよねアスパラって。
そんで誰も摘もうともしないんですね。
北海道。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-28 17:03 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

梅酒と氷砂糖の黄金比率とは。

f0217617_1646476.jpg
今年も梅酒漬け完了。
とくに意味はないんだけれど、
毎年梅雨入り前にすませられると安心しますね。
ところで、梅酒を漬けるときってどのくらい氷砂糖を入れますか?
僕は昔は400グラムからスタートして、現在は200〜250グラムくらいというところ。
200グラムを切ると、保存性に影響が出そうでちょっと心配です。
ちなみに何気なく、氷砂糖の袋に書かれていた
「梅酒の作り方」のレシピを読んでみたら、
なんと「氷砂糖を1000グラム入れよ」と書かれているではないか。

f0217617_16471629.jpg
自社の商品を多く売りたいのはわかるけれど、
1000グラムも入れたらさすがにベッタベタの梅酒になっちゃうでしょ。
カロリーもハンパなさそうだなあ。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-27 16:49 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

SDカードのちょっと怖い話。

f0217617_9263822.jpg
デジカメ撮影にSDカードはもはやなくてはならない記憶媒体ですが、
昨日ちょっと怖い事故が発生。
撮影データの入ったSDカードからデータをパソコンに移そうとしたところ、
画面に「書き込み禁止のロックがかかっています」というメッセージが出たのです。
ロックした覚えはないので、
「あれー、取り出すときにツメをさわっちゃったかなー」と、
SDカードを取り出してみたのですがロックなんてかかっていません。
というか、ロックをかけるためのツメそのものがない!
なんだこれ! 一瞬びっくりしましたが、
こんな物理的なトラブルの理由はひとつ。
なんらかの力がかかって、ツメが折れたか取れたかしてしまったのでしょう。
写真左のカードですね。
問題はここからです。
ツメがなくなった跡にはなんの痕跡も残っておらず、
どうやってもロックを解除できないのです。
ルーペで拡大してみても痕跡らしきものはなし。
針の先で突いてみてもなんの引っかかりもなし。
つまり、これは、なかのデータが回収不可能ということじゃないですか!
たまたまこのカードに入っていたのが再撮影可能な写真だったからいいものの、
仕事やら旅先での撮影データが入っていたとしたら……、
ちょっとゾッとしました。
記憶媒体そのもには、おそらくなんのダメージもないのがかえって悔しい。
対策としては、大容量カード1枚に頼ることなく、
毎日のようにカードを使い分けて、
被害を最小限に留めるということくらいなのでしょうか。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-27 09:42 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

タンポポの大群落。

f0217617_11423429.jpg
どこでも見かけるタンポポもこれだけ群生していると見事ですな。
しかもここなんでもない空き地、休耕地なのかな。
24ミリレンズでも全然収まりきれません。
花の下のヒラヒラが反り返っているように見えるから西洋タンポポなのかな。
昔、日本に遊びに来たイタリア人の友人に、
「この花は日本でなんていうのか?」と尋ねられたので、
「タンポポだよ」と答えると、
「タンポポ! なんてかわいい名前なんだ!」と感動していたのを思い出しました。
やっぱりイタリア人で、言葉の音に敏感なの、か?
たしかに、ちょっとイタリア語っぽい響きかも。
f0217617_11371418.jpg
そしてサクラも満開。
北海道にもようやく春がやって来たようです。
北海道。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-26 11:47 | 旅の日々 | Comments(0)

低山が魅力的な季節です。

f0217617_15305850.jpg
見上げれば森を覆わんとする新緑。
足下は冬の名残でフカフカの落ち葉道。
もちろん風は爽やか。
f0217617_1530227.jpg

梅雨入り前のこの時期は、
低山歩きが一番魅力的な季節かもしれませんね。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-23 15:31 | 旅の日々 | Comments(0)

中野の沖縄居酒屋へ。

f0217617_1034789.jpg
中野の沖縄居酒屋「あしびなー」。
細くて少し軋む階段を登っていきます。
早い時間に訪れたらまだほかにお客さんがいなかったので、
店内の写真を撮らせていただきました。
開けた窓からは街灯の灯りが見え、
気持ちのよい夜風が入ってきます。
夏近し。沖縄料理に泡盛が美味しい季節です。
2013年。東京都。
[PR]

by apolro | 2013-05-22 10:05 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

実はタヌキの街か館林。

f0217617_10564736.jpg
館林は本格的に「分福茶釜」を売り出しているようで、
周辺のどこの駅で降りても駅前にタヌキの像が並んでいます。

f0217617_10571117.jpg
そしてその総本山ともいえる茂林寺には、
もうタヌキたちがずらずらーっと。

f0217617_10582380.jpg
参道では両側から迎えられます。

f0217617_10581355.jpg
こんな可愛いのやら。

f0217617_10593725.jpg
オッサンぽいのやら。

f0217617_10592095.jpg
ちまちましたのやら。

f0217617_110025.jpg
イタそうなのやら。

f0217617_1113554.jpg
周囲は自然も豊かで、これならリアルなタヌキもいそうですね。

群馬県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-05-21 11:03 | 旅の日々 | Comments(0)