旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2013年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧


みみうどんに出会えず、渋いラーメン屋へ入る。

f0217617_10485710.jpg
栃木県の佐野では、
残念ながら名物みみうどんには出会えませんでしたが、
代わりにこんなラーメン屋さんを発見。
クルマの往来も少ない、
おそらくは古い参道と思われる道沿いにぽつんと営業していました。
暖簾と提灯がなければ普通の民家ですね。
店内にはテーブルが四つほど。
曇りガラスで仕切られた向こう側は、
生活空間のようで、
テレビの音と、ときおり動く人影が見え隠れ。
佐野といえば、佐野ラーメンが有名ですが、
この店のメニューには、ただ「ラーメン」とあるだけで、
そういった、ご当地アピールはいっさいなし。
ならばこちらも何も聞かずに注文しましょう。
待つことしばし。

f0217617_10491957.jpg
出てきたラーメンの麺は太さも不揃いで手打ちっぽく、
スープは鶏ガラの醤油味。
たぶん、これが佐野ラーメンなのでしょう。
個人的には「なるとが載っているラーメンはいいラーメン」
という勝手な判断基準があるので、このラーメンは○です。
スープまでしっかりいただいて、
さあ、佐野の街をもうひと歩きの午後1時。
栃木県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-31 10:49 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

パラボラアンテナのようなソーラーパネル。

f0217617_11111093.jpg
パラボラアンテナのような形をしたソーラーパネルを発見!
場所がなくて苦肉の策なのかと思ったけど、

f0217617_11113079.jpg
近づいてみると、付け根にいくつかの油圧ジャッキのようなものが
設置されているのがわかります。
これはもしや。

f0217617_11121580.jpg
そばにちゃんと説明が書かれていました。
GPSを利用して太陽を自動追尾するソーラーパネルなのだそうです。
稼動は今年の5月からとのこと。
そして、世界初。
これがヒマワリ畑よろしく、何百台もずらっと砂漠に並んで、
少しずつ首をひねっていたら壮観でしょうね。
カッコイイぞ。ガンバレ!
栃木県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-30 11:13 | 旅の日々 | Comments(0)

足利の東方正教会。

f0217617_1591514.jpg
いかにも東方正教会風な写真の教会。
ロシアやギリシアでよく見かけますね。
ところが写真の教会は栃木県は足利市のもの。
日本家屋が並ぶ住宅街のなかにポツンと建っていました。
車道にも面していないので、
瓦屋根の狭間から丸井ドーム状の屋根が頭を出しているのに気づかなかったら、
素通りしてしまうところでした。
資料によると足利市に東方正教会が入ってきたのは明治11年のことだそうです。
この日、扉は閉ざされていましたが、
内部には「イリナ山下りん」さんによるイコン画が11枚飾られているそうです。
栃木県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-28 15:10 | 旅の日々 | Comments(0)

映画『風立ちぬ』を観た。

f0217617_18411958.jpg
遅ればせながら映画『風立ちぬ』を観てきました。
ええ、号泣ですとも。
涙は闇に乗じて手拭いで拭いてしまえばしまえばいいのですが、
嗚咽というのでしょうか、肩が震えるのはコマった。
シートがしっかりしている映画館で観て正解でした。
まだ観ていない人もいると思うので、
内容についてはあまりふれませんが、
日本がこんな状態の今だからこそ、
この映画を撮りたかったという気持ちはヒシヒシと伝わってきました。
飛行機も一杯出てきましたが、
そのなかでも僕がお気に入りのユンカース G38の登場がタマランかったです。

f0217617_18414117.jpg
なぜか、うちには未組み立てのこいつのプラモデルが2箱もあるので(ひとつめを買ったことを忘れてまた買った大ボケ)、
これを機に組んでみるか、と思った次第。
「生きねば。」
「撮らねば。」
そして「観ねば。」。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-26 18:43 | 映画で旅する | Comments(0)

2日目はいっそうテンション高し、阿波踊り。

f0217617_856610.jpg
高円寺阿波踊り2日目。
この夜も盛り上がりましたなあ。
昼過ぎまで、一時はかなり強く降った雨も夕方にはやみました。
踊るほうも、観るほうも、2日目のほうが祭りの空気感に染まるのか、
より一段とテンションがあがる様子です。
そして夜8時ジャストをもってピタリとお開き。
この感じも潔くてカッコイイです。
ありがとうございました。
そしてお疲れさまでした。
気がつけば、団扇をあおぎすぎて腕がパンパンなんですが。
また来年。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-26 08:56 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

阿波踊り、高円寺の夏が弾けます。

f0217617_9353148.jpg
今年も始まりました、高円寺の阿波踊り。
空模様もなんとか持ちこたえてくれて、
今年もアツイ2日間の始まりです。
観客も沿道でただ眺めているよりは、
アグレッシブに関わったほうがぐっと楽しくなるのは、
サッカー観戦にちょっと似ていますね。
さあ、本日の日中は雨の予報ですが、
夕方にはやんでくれるといいな。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-25 09:35 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

ホームステイに来た島トウガラシ。

f0217617_13385773.jpg
明日からちょっと長めの旅行に行く弟が、
「その間、預かっていてほしいものがある」というので来訪。
ペット? 魚? 飼ってたっけかなと思っていたら、
やって来たのは鉢植えだった。
しかも、これはGWに八丈島で買って帰った島トウガラシの苗ではないの。
今年の猛暑もあってか、けっこう大きく育ったね。
白い花がいくつも咲き始めていて、
こやつらが皆しっかりと実を結ぶようによきにはからえ、
ということですな。
了解しました。
水やりはともかく、
この箱入り娘にまさに悪い虫がつかないように注意しないとな。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-22 13:39 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

板塀と祖父母の思い出。

f0217617_1944997.jpg
昔はどこでもよく見かけた、こんな板塀。
今でもたまに見かけることがあって、
そしてこれを見ると、昔、祖母から聞いた話を思い出します。
うちの祖父と祖母はお互い福島県の生まれなのですが、
結婚してまだ若い頃に東京に引っ越してきて、こちらで暮らしていたそうです。
その当時住んでいた町というのが目黒区月光町。
月光町、きれいな地名ですね。
調べてみると、月光町という町名は1966年に消滅し、
今日では目黒本町と呼ばれているそうです。
目黒本町、風情のない地名ですね。
うちの祖父は、明治生まれにもかかわらず身長が180センチあり、
顔つきもまるで欧米人。
僕もときどきそんなふうに言われることがありますが、
僕から見ても祖父は日本人離れした容貌で、
どちらかというと白系ロシア人のようでした。
引っ越してきた月光町の家は、
写真のような板塀に囲まれていたそうです。
一戸建てといっても小さな家で、当然風呂はなし。
入浴は、いつも庭にたらいを出して行水していたそうなのですが、
祖父が引っ越して来た件は、近所の、とくに子どもたちの噂になったようで、
「あの家には外国人が引っ越してきた!」と評判になり、
祖父の行水中は、いつも板壁の下から子どもたちに覗かれるようになり、
祖母は子どもたちをたしなめるのがタイヘンだったとのことでした。
気の優しい祖母のことなので、叱ることができなかったんだろうな。
そんな祖父は15年前に97歳で他界し、
祖母も昨日、105歳で亡くなりました。
もっともっと、いろんな昔の話を聞いておきたかったな。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-21 19:06 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

三囲神社の狐さん。

f0217617_13383426.jpg
墨田七福神は三囲神社の狐さん。
ずいぶんと目尻が下がって、
ちょっと威厳が薄れてますよ−。
なんか、よっぽどいいことあったんでしょうか。
東京都。2103年。
[PR]

by apolro | 2013-08-20 13:38 | 旅の日々 | Comments(0)

墨田七福神界隈で昼食に出会えず。

f0217617_19375088.jpg
本日は、2〜3時間ほど墨田七福神界隈をあちこちを歩きました。
酷暑がからだに堪えます。
昼過ぎに駅に着き、まず腹ごなしをして、
それから仕事に取りかかろうと思ったのですが、
初めて下車した東京スカイツリー駅には、
時間がヘンな時間だったのと、まだお盆休みの残滓があったのか、
スカイツリー関連以外は、食事できる店はまったくなし。
歩いていればどこかあるだろうと思ったけれども、
本当にまったくなし。
途中で、偶然に田んぼの仲間に出会ったのですが、
彼には僕のハラペコ具合を悟られたでしょうか。
ゴール地点の堀切駅までいけばなんとかなるのではという願いもむなしく、
堀切駅は本当に小さな小さな駅で、駅前広場もありませんでした。
一瞬、駅にあった自販機のソフトドリンクに目がいきましたが、
ここでそんな自分の胃袋を裏切るようなマネはできません。
ええい、こうなったら敵は浅草にあり。
ということで浅草まで電車でもどって、
5時近くにようやく遅い遅いお昼ご飯となりました。
久しぶりに神谷バー。しかも2階のレストラン部。
海老フライとクリームコロッケを肴に、
生ビールをグイグイいったときの多幸感たらありませんでしたぜ。
でも、本当はこういうのは熱中症になる可能性があるからやっちゃだめです。
僕も水だけはこまめに飲んでました。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-08-19 19:38 | 旅の日々 | Comments(0)