旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
轢かれるまであと20センチ。
at 2017-06-29 13:58
夭折した人々。
at 2017-06-28 11:52
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2013年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧


たわわに実る稲穂をながめて小ブナ釣り。

f0217617_122218.jpg
天気のよかった昨日は、
こんな風景を目の前にしてのフナ釣り。
5センチ程度の、いわゆるカキのタネサイズに混じって、
ときどき15センチクラスのフナがかかって慌てさせてくれます。
f0217617_1222872.jpg
ほかには、コイっ子やクチボソ君といたお馴染みのメンバーが釣れ、
そして突然こんなのがかかりました。

f0217617_1224393.jpg

一瞬「バラタナゴか!?」 と思いましたが、
それにしてはちょっと大きすぎるような。
外来種のオオタナゴでしょうか。

f0217617_123030.jpg
夕方まで釣って、弟と二人でこの釣果。
みんな遊んでくれてありがとう。

f0217617_1231837.jpg
帰り道では、無人販売所でイチジクが売られていました。
8個で300円。安い!
お買い上げです。

f0217617_12335100.jpg
ああ、もう日が沈む。
これからどんどん日が短くなりますね。
ちょっと切ない秋の夕暮れ。
今年はあと何回釣りに行けるかな。
埼玉県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-30 12:05 | 旅の釣り、週末の釣り | Comments(0)

105回目の夏休み。

f0217617_11393683.jpg
昨日は、先月に死んだおばあちゃんの四十九日。
爽やかな秋晴れの空の下、ヒガンバナも咲き誇り、
気持ちよくあちらの国に行ってくれたんじゃないでしょうか。
享年105歳。すごいよばあちゃん。
でもふと考えると、
それだけ長生きしても夏は105回しかなかったわけで、
てことは自分の残りの夏の回数は……。
わー、夏に限らずやりたいことどんどんやっとかないと!
埼玉県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-28 11:39 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

チビヤモリ君、再びナゾの行動。

f0217617_16593949.jpg
我が家の玄関先で暮らしている呑気なチビヤモリ君。
今朝はどういうわけか、
郵便受けに配達された朝刊の隙間にもぐりこんでいて、
部屋で新聞を開いた瞬間に飛び出してきましたよ。
しかもぜんぜん逃げる気なし。
昨晩から急に気温が下がったので、
動きが緩慢になったのでしょうか。
そっとつかまえて、いつもの場所に放ちましたが、
そんな性格でこれからの季節を乗り切れるのか、
ホント心配です。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-27 17:00 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

まだ売られていたのか、ガラス製のビンドウ。

f0217617_16112838.jpg
わあ懐かしい。
というか、僕の世代でも現役では使ったことがないよ。
ガラス製のビンドウ。
川に沈めて魚を捕らえる漁具ですね。
割れてしまうという致命的欠点から、
だんだんセルロイド製やプラスチック製に置き換えられて、
とっくに絶滅したものと思ってました。
それがなんと江戸川近くの釣り道具屋さんの店先に、
普通に並べられていました。
うーん欲しい、と思ったけれど、
やっぱり家に持って帰るまでに割ってしまいそうで断念。
これを担いでアチコチ魚捕りに行くのも、それはそれは大変そうだし。
千葉県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-26 16:11 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(3)

キミは「ペヤングヌードル」を知っているか?

f0217617_18262089.jpg
「ペヤング」といえばソース焼きそばが有名ですが、
もともとは「ペヤングヌードル」というのがあったんですねー。
最近は、東京では全然見かけなくなったので、
てっきり生産終了したのかと思ったら、
群馬県のJA直売所ではたくさん売られていましたよ!
なぜ群馬県かというと、ペヤングを生産している「まるか食品」という会社は、
群馬県は伊勢崎の会社なんですね。
「ペヤング」なんていう全身から力の抜けそうなネーミング。
ずいぶん最近まで勝手に「関西の会社に違いない」とにらんでたね。
ちなみに「ペヤング」というのは、
「ペア」の「ヤング」にも分け合って食べてほしいという
気持ちが込められているそうです。
発売当初は袋麺にくらべて高かったからねー。

f0217617_18264486.jpg
さてお味のほうはというと、
「麺にこだわった」とか、
「スープがスゴイ」という能書きが語られる前の、
昭和の正しいカップ麺の味がしました。
具のカマボコと卵、刻みネギが泣かせます。
群馬県。2013年
[PR]

by apolro | 2013-09-25 18:28 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

トケイソウの大脱走。

f0217617_1951027.jpg
行灯仕立てで育てていたトケイソウが、
主人の目を盗んで、
いつの間にか門扉のほうへもわしわしと蔓を伸ばしていた。
なぜ気がついたのかというと、
この季節なっていっせいに開花したから。
その数、総勢十輪ほどか。
行灯仕立てのときは、
一輪ずつ、季節を通しても数輪だったのに。
やはりのびのびと育ててやったほうがいいのかな。
けれど問題が。
トケイソウ、外では日本の冬を越せないんじゃないかなー。
さあ、どうしたものか。
ちなみに左のほうに小さく見えているのも、
やりたい放題に育っているチビゴーヤ。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-24 19:07 | 旅の日々 | Comments(0)

野田の醤油といえばこちらも。

f0217617_1094215.jpg
野田の醤油会社といえばキッコーマンが有名ですが、
もうひとつ忘れてはならないのがこちら、キノエネ醤油。
もともと野田には多くの醤油醸造所があったのですが、
そのうちのほとんどが大正時代に合併、
それが現在のキッコーマンになったそうです。
そしてそのとき、事情はわかりませんが、
その合併とは袂を分かち、
あえて独立系の道を進んだのがこのキノエネ醤油だそうです。

f0217617_10144296.jpg
キッコーマンの工場は、
外から眺めてもいかにも近代的なプラントぽいのですが、
それにくらべて、このキノエネ醤油の風情!
素晴らしい!
ちなみに門の脇にあるこの建物、
これが現役の事務所ですよ!
いやあ、これだけで美味しい醤油をつくってくれそうな雰囲気ですね。
さあ、キノエネ醤油を一本買って帰りましょうね。
千葉県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-24 10:14 | 旅の日々 | Comments(0)

明石といえばタコ、ということで。

f0217617_1520855.jpg
兵庫県は明石の駅弁「明石のひっぱりだこ」。
蛸壺を模した陶製の容器に、
柔らかく煮た明石のタコや穴子の炊き込みご飯が入っているというものです。
こりゃおもしろそうだと買ったのはいいが、
新幹線のなかでこれをひとりで食べるのは、
ちょっと少々恥ずかしかったね。
兵庫県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-23 15:20 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

有馬温泉で共同浴場とサイダー。

f0217617_955242.jpg
兵庫の有馬温泉へ。
有馬温泉といえば、「有馬兵衛の向陽閣へ〜!」というCMが有名ですが、
あれ、関西限定なんでしょうかね。
もともとあのCMのイメージが強くで、
でっかい温泉ホテルしかないんだろなと思っていたら、
意外と昔ながらの温泉街の雰囲気も残していました。
共同浴場で一風呂あびて、
温泉サイダー「てっぽう水」で納涼。

f0217617_9552553.jpg
温泉街のお店は、ほとんどが観光客対象の商売ですが、
この書店兼文房具屋さんは、完全に地元向けですね。
今回の僕的文化遺産に認定です。
さあ、六甲ビールを飲んで帰るとしますか。
兵庫県。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-22 09:56 | 旅の日々 | Comments(0)

中秋の名月。

f0217617_1923611.jpg
我が家の東の空には、
昨年からでっかいビルが立ちはだかっちゃったけれど、
それでもそいつを飛び越えて、
中秋の名月が上がってきた!
健康診断のおかげで昨晩は酒を飲めなかったぶん、
今宵の月見酒はいい塩梅だぜ。
東京都。2013年。
[PR]

by apolro | 2013-09-19 19:03 | 日々のなかの旅 | Comments(0)