旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2014年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


山の準備と肉体回復の遅さ。

f0217617_1722864.jpg
明日からの山の準備完了。
いつもながら、
重要なモノを忘れていないかちょっと不安。
そんなときは、
絶対忘れてはいけないモノは持っているかを確認することに。
ピッケル、アイゼン、シュラフ、ヘッドランプ……。
大丈夫大丈夫。
あと、2週間前に山でちょっと痛めたヒザ裏のスジに、
まだ違和感があるのが、イヤ。
ホント、加齢とともに肉体の回復って遅くなってきてナサケナイ。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-29 17:22 | 旅の日々 | Comments(0)

知らなかったよ、大田黒公園。

f0217617_10355460.jpg
知らなかった。
荻窪にこんな静謐な公園があったなんて。
大田黒公園。
入口の重厚な木の門をくぐると、
一直線に続くイチョウ並木。
その先にはは回遊式の日本庭園。
庭園内に何本もそそり立つ巨木が、
周囲の低層住宅街とのコントラストと相まって見事。
音楽評論家の大田黒元雄さんというかたが、
自邸の何割かを公園として寄贈したそうです。
なかには自邸も記念館として保存されています。
不勉強にて知りませんでしたが、
このかたはドビュッシーをはじめとする多くの作曲家を、
いち早く日本に紹介したのだそうですよ。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-29 10:36 | 旅の日々 | Comments(0)

今日の昼ごはん:アジの開きとカニかまサラダなど。

f0217617_17161556.jpg
アジの開きって、ときどき無性に食べたくなりますね。
そして、そんなときは午前中からでも魚屋で買ってきて食べれば、
期待を裏切らない美味さです。
お行儀悪いけど、
もったいないので背骨、腹骨にこびりついている身も
こそげるように食べるとまたタマラン。
サラダは、ベビーリーフにとほぐしたカニかまを和えて、
塩こしょうにオリーブオイルとバルサミコ酢を降れば、
ごはんのおかずにもなるサラダのできあがり。
これにシジミの味噌汁があれば、もう満足。
ごちそうさま。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-27 17:17 | 今日の昼ごはん | Comments(0)

井の頭池は、かいぼり中。

f0217617_11385360.jpg
昨日今日と、井の頭公園にある井の頭池はかいぼり中です。
「かいぼり」というのは、溜め池や用水路の水を抜いて掃除することですね。
この池も、昔は透明な水を湛えていたそうですが、
湧水量の減少や、水質汚染などによって、
ご存じの通りの濁った池になってしまいました。
今回のかいぼりの目的は、その水質改善ともうひとつ。
いつのまにか増えてしまった外来生物の駆逐。

作業はボランティアによるかいぼり隊で行われています。
僕もこの作業には参加したかったのですが、
昨年12月に行われた公募はわずか数時間で、
定員オーバーになり締め切られてしまいました。
なので、せめて結果だけでもと、
日頃ならまず行かないであろう、週末の喧噪井の頭公園へ。
畔にはテントが張られ、その下で獲れた生き物を展示しています。
展示は在来種コーナーと外来種コーナーに分けられています。
在来種はかいぼり終了までしばし飼育された後、再び池にご帰還。
外来種は……、ドナドナ状態だそうです。
生き物自体には罪はないんですけどね。
在来種コーナーにいたのは、ナマズや大きなギンブナ。

f0217617_11385533.jpg
30センチ以上あります。
ギンブナもここまで大きくなるんですね。
一瞬コイかと見紛いましたよ。

f0217617_11392220.jpg
ちなみにコイは、増えすぎていたり、
もともとは井の頭池にいないはずだったり、
色のついたコイがいたりで、
適宜間引かれるようです。
f0217617_11403390.jpg
小魚系はダボハゼ(ヌマチチブ)とクチボソ(モツゴ)がメイン。
しかし思ったよりクチボソが少なくてびっくり。
埼玉あたりの用水路に行けば、イヤと言うほど釣れるのに。
この日は、合計でも100匹も獲れなかったみたいです。
やはり外来種の食害が影響しているのでしょうか。

f0217617_11405828.jpg
スジエビは多いようですが、
テナガエビは少ないですね。
住処となる、岩の隙間みたいな場所が少ないのかな。

続いては亀コーナー。

f0217617_11412913.jpg
座布団みたいなスッポンです。

f0217617_11415276.jpg
おお、最近は少なくなってしまったイシガメも。

f0217617_11421078.jpg
モクズカニ。あれっ、モクガニって海に下って産卵するんじゃなかったっけ?
なぜ池に?

f0217617_11423631.jpg
これは外来種のミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)ですね。

f0217617_1146133.jpg
外来種といえば、
こんなでかいブラックバスが!
50センチちかくあります。
ほかにもお馴染みブルーギルが大量に。

f0217617_11425848.jpg
作業は池の端までローラー作戦で追い込んで一網打尽にするようです。

f0217617_11434061.jpg
池の中央には、そんな包囲網を突破した亀がのそりのそり。

f0217617_11435845.jpg
水が抜けた池でなにより多かったのが自転車です。
その数なんと200台以上とか。

f0217617_11441213.jpg
これはショッピングカート?
なぜこんなものが……。
池にモノを捨てるのはよくないです。
ちなみに個人的な興味からタナゴと二枚貝はいましたかと尋ねたところ、
残念ながらなし。
タナゴは、外来種のタイリクバラタナゴもいなかったそうです。
ライギョもいませんでした。
数年後にはきれいな池になってるといいですね。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-26 11:47 | 旅の日々 | Comments(0)

バラクラバを新調してみた。

f0217617_1001934.jpg
来週の冬山に向けてバラクラバを新調。
バラクラバというのは、まあ目出し帽のことですね。
今までは化繊のだったけど、今回は奢ってメリノウールにしてみた。
自分の顔の構造上、
冬山でこれがないと鼻の先と顎の先がもげそうに痛くなる。
銀行襲撃じゃあないよ。
F1ドライバーでもないよ。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-25 10:00 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

『宝石の国』と『GIANT KILLING』。

f0217617_17221824.jpg
今日買ったコミック2冊は、
どっちもアタリ!
『宝石の国』2巻は、鉱物の特質をもった者たちの世界観が徐々に明らかになってきて、
その世界にぐいぐい引き込まれるし、
『GIANT KILLING』30巻は、
プロフットボーラーとしての矜持とやらにムネアツです。
早くも次巻が待ち遠しい。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-24 17:21 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

夏から秋、そして冬へ至る風景。

f0217617_14124149.jpg
お寺の苔むした手水鉢のなかに
降り積もる落ち葉。
その落ち葉を抱えたまま張る薄氷。
夏から秋、そして冬へと至る
季節をまとめてどうぞ。
2014年。神奈川県。
[PR]

by apolro | 2014-01-24 14:13 | 旅の日々 | Comments(0)

やきそばなのか、炒飯なのか、弁当なのか。

f0217617_13511358.jpg
「やきそば弁当」風味の炒飯の素、
というのをもらった。
「やきそば弁当」というのは、
北海道の言葉で、
カップやきそばの麺を茹でたお湯を、
スープに再利用するシステムのことですね。
さて、やきそば味なのか、炒飯味なのか、はたまた弁当味なのか?
つくってみました。

f0217617_13512929.jpg

これはやきそば弁当風味というよりは、
ソース味の炒飯ですな。
やきそばの気配は感じられません。
よくみたら、パッケージにも「ソース味」って、
書いてあるじゃん。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-23 13:53 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

宅配便の古本買取屋を使ってみた。

f0217617_1241454.jpg
宅配便で古本を買い取ってくれるというやつを初めて利用してみた。
箱を送ってくれて、伝票も記入のうえ送ってくれて、
着払いで送ってくれるという「古本買取コンシェルジュ」というところ。
中身は、たぶん値段がつかないだろうなというものから、
アマゾンのマーケットプレイスで4000〜5000円の値がついている、
稀少本や写真を都合36冊。
予想は全部で3000円くらいかなと思っていたのだけど、
ついた値段は1728円。
そんなもんですか。
36冊中、26冊は市場価格が10円以下で値段がつかなかったそうだ。
送料負担してくれるとはいえ、
発送料金1370円はきっと、抜かれているのでしょうね。
利用してみた感想。
このシステムのよいところは、とにかく手軽ということ。
ダンボールに詰めるだけで、あとは全部やってくれる。
単純に不要本を処分したいだけの人にはいいでしょうね。
よくないところは、本ごとの査定を教えてくれないということ。
どの本にどんな価値があったのかわからないので、
売る側にはいつになっても知識がつかない。
それぞれの本にそれなりの思い入れがある人には向かないかも。
査定に不満だったら、送料自己負担で返品もしてくれるというけれど、
まあ、そこまでする人も少ないでしょう。
個人的には、直接古書店に持ち込むか、
フリーマーケットで、お祭り感覚で100円均一で売るほうが楽しいな。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-22 12:41 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

机に向かって一日、ああ怖かった。

f0217617_17295424.jpg
添付されてきたナンバーズ(アップル純正のエクセル的なアプリね)の
ファイルを開こうとしたら、
「アプリをアップデートしないと開けない」といわれ、
アプリをアップデートしようとしたら「OSをアップデートしないとダメ」といわれ、
しかたがないので、OSをマーベリクスにアップデートしようとしたら、
「インストールに失敗しました」といわれて、
以降、マックがまったく起動できなくなってしまった。
サポートに電話したりしていろいろやって、
一日がかりでようやく復旧。
ああ、怖かった。
ひとりでシゴトをしていると、
こういうとき周りに聞ける人がいなくて心細いねー。
そして焼きソフト「TOAST11」の機能が一部使えない。
ひょっとしてまだマーベリクスに対応してないのか。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-01-21 17:32 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)