旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2014年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧


突然、胃に激痛! ま、まさか。

f0217617_14462861.jpg
テレビ中継がないので、
しかたなくネットで情報収集していた昨日のサッカー、浦和対横浜戦。
試合はなんとか浦和が逃げ切ったのですが、
そのあたりからどうも胃に痛みが。
なんだろう。とくに食べ過ぎた記憶もないしな。
それに食べ過ぎなら、胃だけではなく腸、そしてトイレ方面も活性化するはず。
そんなことを考えながらも、
一晩我慢して寝ちゃえば直るでしょと、
必殺「一晩寝かせる」作戦(パソコンなんかはけっこうこれで直る)を結構したのですが、
痛みで1時間おきに目が覚めてしまい、
これはちょっとヤバイかもとひとり深夜に不安になります。
しかしその段になっても、腸&トイレの両者はいたって健全。
胃だけがこんなに痛い病気ってなんだ……、
ま、まさかアニサキス!
でも近日のアジサバ系の生ものなんて食べて、 いた。
イワシのマリネ食ったよ、オレ。
腹痛に七転八倒しながらも、
心の中はどこか「あら−、とうとうオレも来たか」と冷静でした。
翌朝一番で近所の大病院に行き、まずは症状を説明。
先生も痛みの位置などから、
敵は胃袋にありと判断したようで、
まずは採血で肝炎などの可能性を潰していき、
いよいよ内視鏡(胃カメラ)です。
口から内視鏡を入れるのは初めてなんだけど(下からは経験アリ)、
いやあ、なめてましたよ。
あんなにツライものだとは。
入れる前のミスト状の麻酔を喉に吹く時点ですでにオエオエ。
入れはじめてからも、もうえづきまくり。
昨晩から何も食べてないから何も戻ってはこないんだけど、
顔は涙と汗でびっしょりです。
女性の先生も「痛くはしませんから……」とか、
「体の力を抜いて……」とか、
「目は開けておいてね……」とか、
どっかで聞いたことがあるようなセリフで僕をリラックスさせようと一生懸命です。
そしてようやく開放されたのちの先生の言葉は、
「いませんね、アニサキス」
ガーン! なんですとー!
イワシはシロ! アニサキス冤罪!
こんな苦しみをしてその見返り?がないとは……。
まあ、胃カメラ初めてだし、胃のチェックができたからいいんだけど(←負け惜しみ)。
では真犯人は誰だったのか?
それがよくわからんのです。
胃カメラ直後は、胃の痛みもマックス状態まで上がっていて、
「これがアニーちゃんのせいでないとしたらいったい……」と、
全身に不安がよぎったのですが、
その後もう一回診察してもらうのに小一時間待っていたところ、
次第に痛みも穏やかになってきてしまったんだな。
先生は、胃けいれん的な可能性に言及するし。
とりあえず、痛み止めその他の薬を処方してもらい帰宅。
実際のところ、原因はなんなんだろう。
ちなみに、過去にサッカー・ナビスコカップの決勝、
浦和対鹿島戦を見ていたときにも調子が悪くなったことがあって、
このときは前日食べたレバ刺しによる
カンピロバクター・ジュジュニ菌由来の食中毒でしたとさ。
いずれも浦和が勝っていることから、
我が身を挺してチームに福を与えているのではないかと思います。
きっとそうに違いない。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-30 14:46 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

よもぎのパンが美味しくて。

f0217617_950572.jpg
最近お気に入りの荻窪パン屋「えだおね」さんの新作、よもぎのパン。
春限定、かな。
これが口に含むと、モチモチの食感のなかに
よもぎの香りがぶわーっと広がってきて、それがまたタマラン。
なんか、一瞬和菓子が頭に浮かんでしまうのは、
よもぎ=和菓子、と脳が誤変換してしまうんでしょうね。
あっという間にに食了です。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-29 09:50 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

北アルプス・燕岳より無事下山。

f0217617_10333748.jpg
北アルプス・燕岳より無事下山。
面倒臭がりでいつもはスルーしてしまうのですが、
今回は珍しくご来光を拝んでみました。
写真左上方の頂上で灯っている明かりは、「頂上でご来光」組でしょう。
今回はちょっと驚いたのは、
山ガールはもちろんですが、テント泊山ガールがたくさんいたこと。
4月下旬とはいえ、いったん天候が悪化すれば真冬に逆戻りするようななか、
おしゃれな出で立ちで、おっきなバックパックを担いで、
皆さん、さっそうと雪面を蹴り登っていいます。
いやあ、元気だなあ。
長野県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-28 10:34 | 旅の日々 | Comments(0)

今回の山旅のお供のお酒。

f0217617_15211660.jpg
今晩からの山旅準備完了。
お供のお酒は、
一昨日、福生の石川酒造にて買い求めた、
「多満自慢」のしぼりたて純米生原酒「かめぐち」。
まさにこの春の絞りたて、あらばしりを火入れせずにそのまま瓶詰めしたもの。
蔵元でしか手に入らずで、
フレッシュさとフルーティーな香りが身上です。
未開封、冷蔵でも2週間しかもたないっていうんで、
思い切って持ってちまおう!
といって、瓶のままではデンジャラスすぎるので、
専用容器に移さないとね。
稜線に出てから雪見で一杯といきたいところだけど、
登り始める前に飲みきっちゃう気配濃厚なり。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-25 15:22 | 旅の日々 | Comments(0)

戸田競艇場にイケチョウガイが放流されている、ということは。

f0217617_10262691.jpg
今朝の東京新聞の記事。
埼玉の戸田競艇場の水質改善のために、
ここ数年、琵琶湖水系のイケチョウガイを4000匹ほど放流して、
それで淡水真珠も作っているとのこと。
淡水真珠もいいんですが、
それよりも気になるのはイケチョウガイの放流。
イケチョウガイって、タナゴ類の産卵床ですよね。
とすると、現在の戸田競艇場はタナゴの生息場所として、
ちょっと期待が持てるということでしょうか。
そしてうれしいような、喜んではいけないようなこととして、
琵琶湖水系からやって来たイケチョウガイが、
すでに琵琶湖・淀川水系の固有種タナゴの卵を抱えて来ている
という可能性は考えられないのでしょうか。
まあ、戸田競艇場はバス釣り場としても有名なようですから、
環境はなかなか過酷そうですが。
釣りに、とくにタナゴ釣りに興味のない人にはまったく関係のない話でした。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-24 10:27 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

新緑の釣り堀で、ひねもすのたり。

f0217617_10352968.jpg
ご存じ、市ヶ谷駅前の釣り堀。
桜並木はすっかり葉桜になってしまいましたが、
それはそれでいい感じです。
新緑に囲まれていると、
今年も夏がやって来るんだなあと実感。
これから梅雨までの季節は、
ビール片手にこんなところでのんびりするにはうってつけですね。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-23 10:36 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

今年も東の窓際はこいつに占拠されり。

f0217617_13362078.jpg
今年も春がやって来て、午前中の東の窓際はこいつの定位置に。
ガラス越しに距離5センチのところにいるんだけれど、
僕にはまったく懐きません。
道路ですれ違うときなんて、すごい形相でにらみますから。
ガラス越しに写真を撮るだけでも、
「こら、なに勝手に写真撮ってんじゃい!」
と恫喝されているような気分です。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-21 13:36 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

春の埼玉スタジアム。

f0217617_11285852.jpg
春の埼玉スタジアムへ向かいます。
実は今年の初参戦。
ホーム開幕戦でいきなり発生した、例の情けない事件の影響もあるのでしょう。
いまひとつ足が向かなかったのですが、
昨日は、いきなり思い立ち出かけました。
昼間の暖かい陽気もその気にさせたのでしょう。

f0217617_11283739.jpg
最近は当日直接スタジアムに行っても、
そこそこよい席のチケットが手に入るのがうれしいような、かなしいような、
で、それほど並んでもいないチケット売り場の最後尾に並んでいると、
見知らぬ男性から、
「チケット1枚余っちゃってるんですけど、買ってもらえませんか」と声を掛けられ、
格安でチケットを譲ってもらえました。
こいつは春から縁起がいいですね。

f0217617_11291940.jpg
会場には、昨シーズンで引退した鉄人・山田暢久選手の引退試合の案内が。
チケットの席種名はすべて「暢久」しばり。
個人的には「暢久自由大人」が一番しっくりくるでしょうか。

対戦相手は川崎フロンターレ。
最近あんまり相性のよくないチームですね。
試合のほうは、川崎のねちっこいパスまわしに手を焼きつつも、
浦和はワンタッチパスをつなげてゴールに迫るという展開。
アクセントのようにときどきゴール前に放り込まれるボールに一喜一憂です。
結局、後半半ばに少ないチャンスもものにした浦和が、
そのままシャットアウトで逃げ切りました。
いやあ、お互いがお互いのストロングポイントを前面に出せた、
よいゲームだったのではないでしょうか。

f0217617_11294472.jpg
この日の入場者数は3万5239人。
最近ではまずまずの数字ではないでしょうか。

f0217617_1130454.jpg
ゲーム終了後、
いつもなら雑踏が一息つくのを待つためもあり、
スタジアム前のアフターバーで
ビールの1〜2杯も引っかけてから帰路につくのですが、
(ゲーム中ももちろん飲んでるくせに)
この日は一人ということもあり、
さらには日中の暖かさとはうって変わった厳しい寒さに勝てず、まっすぐ帰宅。
おかげで電車は都心まで立ったままでしたとさ。
しかし、やっぱりスタジアムはいいな。
チケットも取りやすいことだし、今年はもっとふらりと行ってみよう。

ところで、僕にチケットを譲ってくれた男性。
「並びの席なんで、試合が始まったらまた会いましょう」と挨拶して別れたのですが、
結局来ることはありませんでした。
僕の隣りは最後まで空席のまま。
彼はひょっとして「これからはもちっと来るんじゃぞ」という、
フットボールの「席」の神様だったのでしょうか?
埼玉県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-20 11:36 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

シャガがあちこちで咲いている。

f0217617_13185545.jpg
あちこちでシャガの花が咲き始めていますね。
日陰が好きなのか、
あんまり日の当たらない木陰などで群生しているのを見かけます。
実はこのシャガ、種子をつくらない、いわゆる三倍体の植物だそうで、
そのくせ、こんなにあちこちに広まっている理由がよくわからないそうです。
まあ、これだけ派手な花なんで、
きっと人が株分けしていったんでしょうね。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-18 13:19 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

今日のお昼ご飯:タケノコごはん。

f0217617_13495923.jpg
もう悩んでいる時間はない。
えいやっと気合いでタケノコ購入、
一気呵成に下ごしらえ。
灰汁抜きで煮ているとき、
茹でたてのトウモロコシの香りにもちょっと似た、
なんともいえない良い香りが台所に広がりますね。
2時間ほどの灰汁抜きの後、
切ったのをちょいとつまんでみるとこれまた美味い!
青々とした春の味覚。
アク、完全に沈黙です。
さっそく、炊き込みご飯にして、
シジミの味噌汁と一緒にいただきます。
おかずは鰯の塩焼き。
ニッポンの食卓です。

f0217617_1350610.jpg
オマケ:美しきタケノコの同心円。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-04-17 13:50 | 今日の昼ごはん | Comments(0)