旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2014年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


中野サンプラザ前にパトレイバー配備。

f0217617_14152149.jpg
駅まで買い物に行ったところ、
中野サンプラザ前にパトレイバーが配備されていましたよ。
なにか、特車二課に出動要請がかかるほどの大事件があったのでしょうか。
隣にある中野のゴミ収集車置き場の車が勝手に動き出して、
街中にゴミをぶん撒いているとか、
そんなレイバー犯罪ですかね。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-30 14:16 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

雨降って、紅葉積もる。

午前中、近所までパンを買いに出たらもう雨が。
街路樹の葉もホロリホロリと降り積もっていますね。
f0217617_12582661.jpg
ケヤキの葉っぱ。

f0217617_12584672.jpg
イチョウの葉っぱ。

f0217617_1259865.jpg
見かけたときはホウノキかと思ったけど、なんだか違いますね。

これもひとつの紅葉狩りでしょうか。
来週からはもう師走。
いよいよ冬に突入ですね。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-29 13:00 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

石油ストーブの上でトーストを。

f0217617_1482186.jpg
最近ちょっとしたトーストブームなんですが、
せっかく上で調理できる石油ストーブを使っているのだから、
そこでもパンを焼きたいということで焼き網探し。
けれどもアラジンストーブ上面の直径15センチに合う
サイズの焼き網というのが意外と見つからなくてね。
無駄にサイズが大きいと、
パンを置いたときバランスを崩してひっくり返しそうだし。
そしてようやく見つけたのがこれ。
家庭用じゃなくて、アウトドア用の焼き網です。
ユニフレームのミニロースターという商品。
アウトドア用のクッキングストーブに載せて使うためのものなんだけど、
意外やアラジンストーブともサイズがぴったりでした。

f0217617_148488.jpg
一見、取っ手がじゃまかなとも思ったんだけど、
このようにストーブの脇にぶら下げておくのに、
これまた最適ジャストフィット。
暖かい部屋にトーストの香りが漂ってうれしいぜ。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-28 14:10 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

映画『女子ーズ』を観た。

f0217617_18234217.jpg
日々、宇宙よりやって来る怪人たちから東京を守るため、
女子だけでムリヤリ結成された戦隊、それが「女子ーズ」。
5人のメンバー全員が揃うと、どんな怪人も圧倒する必殺技を出せるのだけど、
これが揃わないんだな。
だって女子なんだもん。
さすがに劇場まで足を運びはしなかったけど、
以前から観たくて、ようやくレンタルに流れてきましたよ。
いやあ、バカバカしくて最高です。
テイストはダウンタウンの『ごっつうええ感じ』でやってたゴレンジャイに近いかな。
そんななかに、本業(洋服の販売員だったり、売れない劇団員だったり)と正義に味方の板挟みに悩む姿がちらりほらり。
監督が『変態仮面』の福田雄一というのを知って納得です。
この人、『勇者ヨシヒコの冒険』の脚本も手がけているんですね。
『あまちゃん』で若き日の春子さん役だった有村架純やら、
『ごちそうさん』で悠太郎の妹役をしてた高畑充希なんかも、
戦隊のメンバーで戦ってます。
戦隊の司令官の名前が「チャールズ」というのもニヤリ。
ビールでも飲みながら、力を抜いて映画を観たいときに最適かと。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-27 18:25 | 映画で旅する | Comments(0)

お疲れでした、ポーランド製のマグカップ。

f0217617_1471756.jpg
あらー、やっちゃいました。
ただでさえ、おっさんになって手の脂質がなくなってきているのに加えて、
数日の乾燥陽気でツルッと落っことしてしまいました。
かれこれ25年くらい使っていたポーランド製のマグカップ。
たしか池袋西武の上のほうにあった、
ポーランド物産店みたいなところで買ったんだった。

f0217617_1474727.jpg
500円くらいの安物だったけれど、
容量が多いうえに、
いかにもハンドメイドといった風貌が気に入っていました。
いったいこのカップで何千杯のコーヒーを飲んだことだろう。
長い間、お疲れさまでした。
どうもありがとう。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-26 14:10 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

今日のお昼ごはん:お裾分け鯛で鯛飯。

f0217617_13354898.jpg
そういうわけで、
昨日にお裾分けしてもらった鯛がまだ冷蔵庫にあったので、
今日のお昼はこれを鯛飯に。
土鍋にお米と水、塩、昆布だし、日本酒とみりんを入れて、
鱗とワタを取った鯛に塩を振って網で焼いてからそっと載せ、
あとは普通に炊くだけ。
土鍋のなかが静かになって、
軽く香ばしい匂いが漂ってきたら火を止めて蒸らします。
頭と骨を取って身をほぐしながらご飯とまぜて、
刻みネギを散らせばできあがり。
f0217617_13361088.jpg
うほー、これまた日本酒が飲みたくなるぜ。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-25 13:37 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

釣りのお裾分けが来た!

f0217617_22593613.jpg
連休、ボートで釣りに出ていた弟から帰り際にお裾分けが。
おお、ホウボウI!
おお、タイ!
そして、おお、カワハギ!
駅で受け取った帰りがけに、
酒屋で白身の刺身に合う日本酒を購入して、
さっそく刺身にしていただきます。
調理人がヘボなため、
どうしても骨まわりに身をごっそり残してしまうので、
それらはアラ汁にしてじっくりほじくらせていただきます。
ホウボウとカワハギは刺身に、
さらにこの時期のカワハギといったらキモの膨れ具合が半端ない!
そもそも肛門から肝をはみ出させてるのって生物の生きざまとしてどうよ。
当然、肝和えにしていただきます。

f0217617_2301071.jpg
そして、これがもう美味! 美味! たまりません。
新鮮なだけに生臭さゼロ。
ねっとりとした食感と複雑な旨味が口のなかで蕩けます。
まるで、長い年月熟成を重ねたチーズのようですな。
買ってきた日本酒「大雪渓」との相性も抜群です。
そもそもカワハギの刺身はフグに劣らず美味いと思うのですが、
これをさらに肝と和えて食べられるという時点で、
僕はフグを超えていると思うのですが言いすぎでしょうか(フグの肝は猛毒)。
弟よ、至高の夕餉をサンクユー。
鯛はあえて残しましたよ明日のために。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-24 23:03 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

梅酒からの、梅の実ジャム作戦。

f0217617_1153726.jpg
毎年毎年、飲み終わった梅酒漬けの残りの梅の実の処理に苦慮していました。
イワシを煮たりするときに一緒入れたりはしていたのだけれど、
とてもそれでは消費しきれません。
それで周囲の皆さんのアドバイスにしたがって梅ジャムに。
当初はジャムなんか作っても食べないだろうなと、
二の足を踏んでいたのですが、
最近のちょっとした自分的トーストブームに乗ってみたわけ。
作り方は簡単です。
梅の実を一度柔らかくなるまで煮て、
種を取り除いた果肉だけをまた煮直し。
砂糖を適量加え(今回は果肉が500グラムあったので、砂糖は200グラムに)、
あとは焦げ付かないようにときど混ぜながらコトコトと煮ていくだけ。
好みに応じてシナモンパウダーとかレモンを垂らすのもよいかも。
火から下ろした直後に味見したときは、
「甘い!」と、ちょっとびっくりしたけれど、
一晩寝かせて冷ましたところでトーストに載せて食べてみたら、
あら、いいですね。

f0217617_116429.jpg
甘みもおさまって、そのぶん梅の爽やかな酸味が表に出てきましたよ。
おお、これで来年からの梅の実対策は万全です。
食わず嫌いしてないで、もっと早くから作っていればよかった。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-23 11:08 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

『ぐりとぐら』って知ってる?

f0217617_17195847.jpg
郵便局に行ったらこんな切手が発行されていました。
『ぐりとぐら』の切手です。
日本郵便が金儲け第一で記念切手を乱発するのはいかがなものかと思うけど、
メールの時代になっても、
請求書を出したりと郵便を利用することもまだまだあるので、
こういう切手を見かけたときには入手するようにしています。
『ぐりとぐら』、実際に読んだことがあるのは、
一作目だけだけど(森で卵を見つけてカステラ作るやつね)、
実際ににはシリーズ化されていろんな話があるんですね。
冷静に考えると、森に落ちていた素性不明の卵を、
調べもせずにいきなり食っちゃうのはなかなかのチャレンジャーだけど、
そのへんのフリーダムさがこの物語を印象深くしているのかもしれません。
日本にもいましたね、ネズミ由来キャラクターの大物が。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-22 17:21 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

樹木が岩を制圧するとき。

f0217617_13132353.jpg
奥多摩で見かけた奇妙な根っこ。
まさか根が岩を砕いてこうなったんではないだろうけど。
初めは岩にひび割れが入っていて、
そこに侵入した根が次第に太く育って、
岩をも押し広げたのでしょうか。
そして途中からは左右にも根を張り、
ひび割れというひび割れに食い込んでいったよう。
タイのアユタヤにある、樹木に呑み込まれた有名な仏頭を思い出しました。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-11-21 13:14 | 旅の日々 | Comments(0)