旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
轢かれるまであと20センチ。
at 2017-06-29 13:58
夭折した人々。
at 2017-06-28 11:52
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
映画『探検隊の栄光』を観た。
at 2017-06-23 11:26
嵐の午後の来訪者。
at 2017-06-22 13:53
サトウキビ畑に屹立する廃煙突。
at 2017-06-21 10:07
雑誌『WILD SIDE』1..
at 2017-06-20 11:32
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2014年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧


今年最後の古書市では釣りの本。

f0217617_155735.jpg
今年最後の高円寺古書市で手に入れたのは釣りの本2冊。
どちらも昭和20~30年代の釣行をまとめたもの。
最近、この時代の釣行記を読むのにちょっとハマっていて、
昭和20〜30年というと、
都市の河川が公害でメタメタに汚れてしまう直前。
読んでいると、そのころは多摩川や荒川でもこんな釣りをしていたんだと感慨深い。
その後、下水浄化システムが発達し、
排水の規制も厳しくなって、
都会の川もずいぶんきれいになった。
僕が子どものころには見かけもしなかったテナガエビなんかも、
最近ではありふれた存在に戻りつつある。
これでまた、昔のような川に戻りつつあるのかなと希望を持っていた矢先に、
今度は東日本大震災による放射能汚染。
昔のような都会の川に釣り糸を垂らすことは、
僕たちが生きているうちにはもう来ないのかね。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-31 16:05 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

魔法の粉250%増し。

f0217617_12515959.jpg
山の行動食にと思って買ってみました。
ハッピーターン、パウダー250%増し。
けれども、魔法の粉は僕には通常の量のほうが向いているみたいです。
なんか、出汁が強すぎるお吸い物というか……。
ノドが乾く。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-30 12:52 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

極東丹沢? を北から南へ。

f0217617_1610211.jpg
東丹沢という呼びかたがあるのなら、
ここは「極東丹沢」といってもいいのかな。
なんせ信仰の山・大山よりもさらに東。
尾根沿いから東を望めば、
関東平野を遮る高台はほかになし。
飯山観音から七沢温泉へ向かう小さな山。
標高は300メートルにも足りませんが、
そんななかにいくつもの峠が交差しています。
厚木と清川の間を古来より多くの人が行き来したのでしょう。
わずか2時間ほどの山歩き。
下山後にはお肌ツルツルで有名な、
七沢温泉に寄っていくことにしましょう。
僕の肌もツルツルになるかしら。
神奈川県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-29 16:11 | 旅の日々 | Comments(0)

衝動買いの料理本2冊。

f0217617_14272224.jpg
ついつい衝動買いしてしまった料理本。
1冊目は『ポルトガルのごはんとおつまみ』。
夏に行ったポルトガルを懐かしんでということと、
レシピに書かれている素材が、
みんな駅前で手に入りそうだとの理由で。
いかにおいしそうな料理でも、
わざわざあちこちから材料かき集めないとならないようなのは、
なかなか手がつきません。
もう1冊は『ロシアのスープ』。
寒くなってくると、やっぱり汁物が欲しくなるわけですが、
意外とスープのレパートリーが少ないことが判明。
ロシアのスープならさぞ暖まることでしょう、というのと、
昔、ソ連時代に乗ったシベリア鉄道で飲んだスープがこれまた懐かしくて。
まあ、僕が訪ねたのは夏なので、
スープで暖まる! みたいな状況では全然なかったんですけどね。
それでも車輌の端では、
いつもサモワールが熱いお湯を沸かしていたなあ。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-27 14:28 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

カップ酒三昧な夜。

f0217617_17424942.jpg
昨晩は高円寺の舌笑(ごち)にて、忘年会的な飲み会。
冷蔵庫のなかに、全国各地のカップ酒があれやこれや並んでいて、
次から次へと飲んでみたくなっちゃうんですな。
すっかり酔っぱらってしまいました。
ご迷惑を掛けた人がいましたら、ごめんなさい。
東京都。2104年。
[PR]

by apolro | 2014-12-26 17:41 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

富士山詣で。

f0217617_15273146.jpg
富士山に登ったことはないけれど、
富士山を眺めるのは嫌いではない。
冬は寒いけれど、
そのぶん空気が澄んでいて、
太平洋側は天候も比較的安定しているので、
富士山の美しい姿も眺めやすいですね。
これは御坂山塊・黒岳からの富士山。
下に光っているのは河口湖ですね。
富士の高嶺に雪は降りつつ。
あれは静岡側から詠んだ歌でしたね。
山梨県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-25 15:28 | 旅の日々 | Comments(0)

なんだ、このどらやきは。

f0217617_16432163.jpg
冷蔵庫に入っていたどら焼きを無造作に食べたところ、
一瞬、口の中が大混乱しましたよ。
どらやきなのに、どらやき、じゃない……。
なんだこりゃと、あらためて食べたところを見てみると、
こ、これはカレーではないのか。
けれどカレーパンみたいに完全にカレーじゃなくて、甘くもある。
あんこにカレー粉をブレンドしたんでしょうか。
ときどきパリパリいうのはアーモンドスライスかな。
いずれにしても、人は外観とまったく違う味の食べ物を口にすると、
舌が思考停止してしまうことがわかりました。
あらためて、包装紙の見てみると、
商品名は「インドラ」。
なるほど。
けれどもまたたいそうな名前を。
ヒンドゥー教やらゾロアスター教の人に怒られなければいいですが。
東京都。2014年
[PR]

by apolro | 2014-12-24 16:43 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

冬枯れの低山歩き。

f0217617_12322322.jpg
近郊の低山は、
夏よりも冬のほうが気持ちがよかったりしますね。
平地と変わらぬ高温多湿に襲われる夏のそれにくらべて、
とくに落葉樹に覆われた低山は、
湿度の低さはもちろんのこと、
葉もすっかり落として日当たり良好。
これに南側斜面という条件さえ揃えば、
日だまりのなか、気持ちのよい山歩きを満喫できます。
今年も残すところあと1週間あまり。
年内にもう1回くらい山に行けるかなあ。
山梨県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-23 12:32 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

霜柱の不思議。

f0217617_14325455.jpg
子どものころから見慣れているとはいえ、
やっぱり霜柱って不思議です。
地中の水分が柱状に凍るってのはわかるんですが、
でもなんであんな一直線に上を向かなきゃならんのか。
ときには上に載っかっている大きな石ごと持ち上げたりしてますもんね。
あのパワーをなにかに利用できぬものかと、
せせこましい生きかたをしている僕などは考えてしまいます。
まあ、利用はおろか、
「実験で霜柱を作ってみよ!」いわれても、
どうやったらできるのか想像もつかないわけですが。
山梨県。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-22 14:33 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

今日の昼ごはん:味噌漬け生たらこからの、からすみパスタ?

f0217617_11193112.jpg
先日、生たらこに塩と日本酒で漬けたものが、
ことのほかうまくいったので、
調子に乗って今回は赤味噌で漬けてみました。
赤味噌だけだと粘性が強すぎるので、
みりんと醤油を少し足して緩くして。
二日ほど冷蔵庫に保存したものを軽く炙って食べてみると、
おお、これも美味いじゃないですか。
過度に味噌が主張しすぎず、ちょうどよい香りと味。
とくにムッチリとした食感などはまるでからすみのよう。
からすみ……。
ということはこれでパスタをつくれば、
からすみのパスタのようになるんじゃないのか!?
オレ、発見!
慌ててパスタを茹で、
オリーブオイルに鷹の爪で香りをつけたところに、
生たらこの味噌漬けを刻んで投入。
そこに茹でたてのパスタを放り込んで絡めることしばし。

f0217617_11201178.jpg
食べてみると、美味い!
より熱が入ったことで味噌の風味がまろやかになり、
それでいてたらこの味はしっかりと。
だけど、
これはあくまでの味噌漬け生たらこのパスタだな。
からすみのパスタでは、ない。
東京都。2014年。
[PR]

by apolro | 2014-12-21 11:20 | 今日の昼ごはん | Comments(0)