旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
旅支度。
at 2017-07-02 15:37
今宵は、あがた森魚&はちみつ..
at 2017-07-01 23:39
珊瑚の石垣に囲まれた細道。
at 2017-07-01 15:05
梅雨の発酵香。
at 2017-06-30 14:36
轢かれるまであと20センチ。
at 2017-06-29 13:58
夭折した人々。
at 2017-06-28 11:52
誕生日と登山靴。
at 2017-06-27 14:15
黒い格子戸と白い壁。
at 2017-06-26 10:26
寿司とともに経りぬ。
at 2017-06-25 15:12
潜水服のプラモでも。
at 2017-06-24 11:44
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2015年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧


ロバ使いの女性。

f0217617_17592353.jpg
巡礼道脇の原っぱから、
突然ロバの群が乱入してきました。
ロバは小さいしおとなしいので、
恐怖感はありませんが、
それでもやはりびっくりはします。
そのロバたちに続いて、
若いフランス人の男女。
女性は手慣れた手つきでロバたちを従え、
男性は後ろから車で、
ロバたちが道草を食わないように追い立てています。
夫婦なのかな、兄弟なのかな。
どうやら、夕方まで放牧していたロバたちを、
家に連れ帰る作業だったようです。
いつもはフランスというと、
どうしてもパリを初めとする都会をイメージしてしまいますが、
こんなにのどかな光景もあるんですね。
そして、巡礼道にはこんな使いかたもあったんですね。
フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-31 18:00 | 旅の日々 | Comments(0)

亀有のモツ焼き屋さん『江戸っ子』。

f0217617_16413496.jpg
打ち合わせあがりに連れていっていただいた、
亀有のモツ焼き屋さん「江戸っ子」。
1階2階ともにコの字型のカウンターがメインという構造で、
まだ夕方6時になるかならないかという時間なのに、
店内はほぼ満席。
明るいうちから来ているのは皆地元の馴染みのお客さんのようで、
僕らが入ると、
みんなであっちこっちと移動して、
スペースを空けていただいて恐縮です。
大きめに切って焼かれたモツはどれも美味。
ビールはもちろん頼もしい大瓶。
東京で一番美味しい酎ハイが飲めるお店だそうです。
東京の西に澄んでいると、
亀有ってあまり行く機会のない土地ですが、
今度来たときはひとりでふらりと入ってみましょうかね。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-30 16:42 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

干し草ロールに注意。

f0217617_14233464.jpg
牧草地帯でよく見かける干し草のロール。
正しくはロールベールと呼ぶんだそうで、
ロール製作専用のマシンも当然あるんだとか。
緩やかな傾斜が続くあんな牧草地に放置しておいて、
よく勝手に転がり出したりしないもんだな、
やっぱりプロはそのへんも手抜かりないんだろうなと
感心しながら歩いていたら、
ありましたよ。
巡礼路にいきなり突進してきたと思われるやつが。

f0217617_14235752.jpg
写真右手の牧草地から転がりだして柵を突破、
左手の樹木にぶつかってようやく止まったようです。
たかが干し草とあなどるなかれ。
ロールひとつで大きいのになると約1トンもあるそうですから、
人が直撃されたらひとたまりもありません。
迫ってくるときも静かに来そうですしね。
フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-29 14:25 | 旅の日々 | Comments(0)

空を眺める時間が多かった。

f0217617_16475363.jpg
フランスの空はやたらと飛行機が飛んでいた気がしたのですが、
よく考えると、
毎日歩きながら空を見上げる時間がやたらあった、
というのが正解でしょうね。
でも日本で見るようにいつも同じ方角から、というのではなくて、
あっちこっちからと飛んできます。
ときにはこんな風に、
飛行機雲がアステリスクマークを描いたり。

f0217617_16481387.jpg
さらには、戦闘機が飛んでいったなと思ったら、
しばらくしてもの凄い爆音が追いついてきたり。
低空でどんだけ飛ばしてるんだ。

f0217617_16483265.jpg
形からするとダッソー・ラファールでしょうか。

f0217617_1648507.jpg
これは飛行機じゃないね。
トンビかな。
フランス。 2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-28 16:49 | 旅の日々 | Comments(0)

コンセントから青い炎がボワッと。再び。

f0217617_11463058.jpg
以前、ルーマニアのホテルでiPadを充電しようとしたところ、
いきなりコンセントから青い炎が出て、
そのままiPadのアダプターが
お亡くなりになったという経験があるのですが、
今回も似たようなことが。
リヨンのホテルに泊まったおりに、
iPadを充電しよう(またか!)としたのですが、
ほかにもカメラのバッテリーとかも充電したかったので、
日本より持参の三ツ口タップをかませたわけです。
もちろんその先には変圧器もつけてますよ。
そしてあらためてその三ツ口タップに、
iPad、そしてカメラの充電器を差し込んだ瞬間、
またもやコンセントから青い炎がボワッと噴きだして、
その直後、部屋が真っ暗に。
ガーン!
このとき一番心配したのは、
「ひょっとしてこの停電、まさかホテル全館じゃないよな(ゴクリ)」
ということでした。
そおーっと入口の扉を少し開いて廊下を覗いてみると……、
よかった。ほかは無事のようです。
何食わぬ顔でフロントに出向き、
カタコトのフランス語で、
「なんか知らないけれど(ウソツケ!)部屋の電気がつかないよ」
と相談、部屋のブレーカーを戻してもらって事なきを得ました。
今回はアダプターは無事。
代わりに三ツ口タップが昇天されたようです。
まあ、怖くてもう三ツ口タップは使えませんでしたが。
しかし、あの程度でブレーカーが落ちるとは。
ホント、海外の電気事情は油断ならんですわ。
リヨン/フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-27 11:48 | 旅の日々 | Comments(0)

どこから一体化したのすらわからない。

f0217617_18394188.jpg
樹木の逞しさを讃えるべきか、
人の大雑把さを嘆くべきか。
巡礼の道沿いでは、
こんなふうに有刺鉄線を呑み込んで
一体化してしまっている樹々をときどき見かけます。
たいていは放牧地のなかを
巡礼道として開放しているようなところでの発見が多く、
つまりは家畜の脱走防止ですね。
もしかしたら、
初めからいずれこうなることを計算して施工したんでしょうかね。

f0217617_18403640.jpg
ものによっては、どこから吸収したんだかまったくわからないほど
見事に一体化しているものもあり、
その見事さたるやブラック・ジャック先生のオペ並みです。
エスタン/フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-26 18:42 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

蚤の市の猛者。

f0217617_1842445.jpg
土曜日ということで、
トゥールーズの教会まわりでは蚤の市をやっていました。
家にあるものをそのまま持ってきました的なものから、
中古の水道蛇口や電気のスイッチなどのDIY用途のもの、
なかには「これ買ってどうするの!?」といったリアルガラクタまで、
かなりリアルチープな印象の蚤の市。
極めつけはこいつです。

f0217617_1844486.jpg
たった今まで履いていたかのようなパンツ1点のみの出店。
さすがにこれを買うやつはいないだろうと思ったのですが、
店主不在なので勝手に写真を撮っていると、
僕を店主と間違えて、
「これ、いくら?」と聞いてくるオジサンがいるではないですか!
うーん、おそるべしトゥールーズ。
トゥールーズ/フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-25 18:06 | 旅の日々 | Comments(0)

トゥールーズで「自転車食堂」に出会った。

f0217617_12224980.jpg
トゥールーズで泊まった宿のお姉さんに、
「このへんに安くて美味い食堂、ない?」と尋ねて、
教えてもらったのがここ。
お姉さんが言うには、
「前の通りをちょっと歩けば自転車屋があるから、そこ」
……?。自転車屋? 行きたいのは食堂なんだけどな。
ま、近そうだし行ってみればわかるじゃろと歩いてみると、
たしかに自転車屋さんがありました。
といっても、古い自転車がたくさん吊してあって、
そもそも自転車屋さんとしてさえ、営業してるの?
という風貌なんですが、
よく見るとたしかに入口には手書きのメニュー表示が。
おそるおそる入ってみたところ、
なんと中庭が食堂になっているのでした。
こりゃあ、知らなきゃわからんわー。
たしかに値段も手頃で料理も美味しい。

f0217617_1223916.jpg
昼時とあって、地元の老若男女で賑わっておりました。
最初は、自転車屋の中庭を間借りして営業しているだけなのかと思ったら、
隣の席では自転車の修理をしていたり、
あちらでは自転車のパーツを見せていたりと、
なにやら自転車の香りがハンパではありません。
そして食事を終えて、お会計の段になってようやく気づきました。
ここは、食堂であって、自転車屋でもあって、
さらには自転車に関するさまざまな情報を提供する
ビジターセンターな存在でもあったのです。
店を出てあらためて建物を見直すと、こんな表示が。

f0217617_12233354.jpg
『自転車の家』。
なるほどね。
さすが自転車大国フランス。
自転車が好きにはたまらん店かもしれません。
トゥールーズ/フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-24 12:25 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

「スシヤキ」って美味いのか?

f0217617_16161642.jpg
だーかーらー。
こういうワケわかんない日本語まがいの店名をつけるから、
外国人が混乱するんだってばよ。
なんなんだよ「スシヤキ」って。
生なのか?
それとも焼いてあるのか?
本当は僕が全然知らないだけで、
そういう料理がすでに発明されていたりして。
そしてそれは絶品だったりして。
トゥールーズ/フランス。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-23 16:16 | 旅の日々 | Comments(0)

トラベラーズチェック、まだ持ってる?

f0217617_19441451.jpg
あたかもお守りのような感覚で、
海外の旅に出るときは携帯していたトラベラーズチェックですが、
発行元のアメックスも最近、
新規発行を終了したとのこと。
たしかにこれだけクレジットカードやらネットやらが普及したら、
なかなか出番もないですしね。
僕も持っているだけで、
もしかしたらこの10年ほど換金してなかったかも。
先日、成田空港の両替所に行ったら、
成田ですら先日、トラベラーズチェックの取扱を終了したとのことで、
これはいかんと、
帰国後、慌てて換金場所を探した次第。
聞くところによると、アメックスはまだありますが、
なかには換金が難しくなっている会社のものもあるらしいです。
万が一、引き出しにトラベラーズチェックを死蔵させているとしたら、
両替のタイミングは今かもしれませんよ。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-07-22 19:45 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)