旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2015年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


屋久島の食堂で、あの食材と再会。

f0217617_14305248.jpg
屋久島・宮之浦岳登山のベースとなる安房の町へ着き、
登山口へと目指すバスの待合時間、
町の食堂で昼飯を食べることにしました。
バス停の場所を教えてもらった住民女性が勧めてくれた一軒の食堂、
店頭のメニューを見たところ、
刺身定食が1500円と、
「ちょっと高いなあ」というのが最初の印象です。
でもその晩からは3日間ほど、
フリーズドライやインスタントばかりの食事となるので、
ここはひとつ、栄養の前借りのつもりで奮発。
待つこと数分。
供された食事を見て1500円という値段も納得です。
刺身は5点ほどの盛りがあります。
キビナゴやアカハタといった魚がご当地っぽいですね。
ちんまりとひとつ載っているトコブシがうれしいじゃないですか。
このほかにも薩摩揚げ、野菜の煮物、キビナゴの酢の物、
そして刺身定食なのに、
なぜかトビウオの塩焼きまで一尾。
さらに特筆すべきはコレ。

f0217617_14312194.jpg
カメノテの塩茹でです。
おお、この島もカメノテ食文化圏であったか。
少々食べるのがメンド臭いけれど、
楊枝を使ってなかから身をほじくり出すと、
これがまるでカニ肉のような旨さ。
国内では、ここ以外でも伊豆諸島や房総半島で食べたことがあります。
海外では昨年行ったスペインのガリシア地方で食べましたよ。
あちらではぐっと高級な食材のようで、
メニューは書かれていても、値段は時価。
オーダーすると茹でたてのカメノテが、
布ナプキンに包まれてうやうやしく登場してきました。
今年もそんなカメノテに出会えて、ちょっとうれしい。
その旨さがみんなにバレて、
なかなか手に入らなくなったりしませんように。
鹿児島県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-29 14:33 | 旅の日々 | Comments(0)

屋久島と私とアストロ球団。

f0217617_1171231.jpg
僕が屋久島の存在を初めて知ったのは小学生の頃。
少年ジャンプで連載していた『アストロ球団』という漫画においてです。
山も島もまったく関係のないこの作品、
当時大人気を博した野球漫画でした。
ざっくり説明すると、
太平洋戦争中にフィリピンで非業の死を遂げた、
不世出の投手・沢村栄治の無念を受け継いだ超人たちが、
巨人をはじめとする日本球界に殴り込みをかけるといったお話です。
今でいうとちょっとトンデモ作品なのでしょうか。
魔球や秘打はもちろんのこと、
試合をするたびに必ず死人がでるんですよ。

f0217617_1174686.jpg
まあ、詳細は置いておきますが、
このアストロ球団のメンバーを試合中、
合法的に皆殺し(!) にしようとする、
ビクトリー球団というのが登場するわけです。
そんなビクトリー球団に対抗するためには、
普通のバットではとても太刀打ちできない。
そこで、メンバーのひとりが屋久島に赴き、
あろうことか、縄文杉をぶった切って(!)バットを作ったのでした。
わあ、縄文杉切り倒しちゃったよ。
子供心にもちょっと心配しましたね。
その後、大人になって愛蔵版を読み直してみたところ、
その件はバッサリとカットされてたので、
やはり今の時代には不適切という判断だったのでしょうね。
少なくとも、僕の成長過程において、
かなり影響を受けた漫画でした。
あれから40年、
そんな憧れとトラウマが入り混じった屋久島にようやく上陸です。
鹿児島県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-28 11:10 | 旅の日々 | Comments(0)

そして飛行機は桜島上空を飛ぶ。

f0217617_17393675.jpg
鹿児島から屋久島へ飛ぶ旅客機は、
桜島の上空を飛ぶんですね。
機窓からは火口内部もよく見えます。
最近あちこちで活発な九州南部の火山ですが、
今日のところはおとなしくしてくれているようです。
噴火までいかなくとも、
噴煙だけでも航空機には大ダメージでしょうしね。
はい、そういうわけで、
初めて屋久島へ行って来ました。
宮之浦岳に登って、
縄文杉やウィルソン株と面会の予定です。
鹿児島県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-27 17:40 | 旅の日々 | Comments(0)

懐かしい本が紹介されていた。

f0217617_15254661.jpg
『ウィルダネス』というタイトルの雑誌がある。
数あるアウトドア系雑誌のなかでもかなりハードコアな内容で、
紹介されている記事のどれを読んでも、
「どれ、週末にオレも行ってみっか」というものではない。
僕にとっては、かなり憧憬をくすぐる類の紀行が多い。
現在書店に出ている最新号をなにげなく読んでいたら、
あら、懐かしい本が紹介されていましたよ。
『探検家の野外料理』(山海堂刊)。
初版が1995年だから、
もう20年も前に発行された本だ。
内容は、数々の海外遠征隊にプロの料理人として同行した著者による、
極限の場所における野外料理のノウハウを記したもの。
実はこれ、僕が編集した書籍。
シアトルに行ったときに物色してきた洋書を、
エージェントを通して版権を買い、
日本語版にまで持っていったのだった。
当時、日本でも野外料理的な本がいろいろ出されていて、
それらに比べると、
これもまたかなりハードコアな一冊だったな。
商売的には決して成功したとはいえず、
版元の出版社もすでにない(この本が原因ではないとは思うけど)。
けれども、実売部数の数字以外では、
なかなかなかなか評価されることのない「実用書」というジャンルにおいて、
このように出版後数十年を経ても評価してもらえるというのは、
本当に幸せなことだ。
署名のない記事なので、
執筆していただいたのがどなたかはわからないけれど、
この場を借りて(どの場だ?)お礼申し上げます。
そしてこの本の編集時に、
翻訳をしてくれた藤田さん、
デザインをしてくれた善養寺さん、
カバー用に渋いオプティマス8Rの写真を撮影してくれた前川さん、
みんな元気ですか。
懐かしいです(著者のような書きっぷりだね)。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-26 15:30 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

紅葉に染まる森に苔むす遺構。

f0217617_11425157.jpg
紅葉に染まる森のなかに、
なにかの遺構を発見。
周囲は深いクマザサに囲まれていて、
これ以上近づくことはできなかったけど、
きっとなに建築物の基礎だと思う。
基礎自体かなり風化しているし、
さらには苔むしている。
基礎の内側からも、
木々がバンバン生えているので、
それなりに古いものなのでしょう。
周囲には集落の跡とかもまったくなく、
林道からもそれなりに離れている。
水源地管理関係の建物でもあったのかもしれません。
冬には豪雪で名高いこの地方、
人間がつくったものなんて、
自然の時間からみれば、
あっという間に土に還ってしまうのでしょうね。
2015年。群馬県。
[PR]

by apolro | 2015-10-21 11:43 | 旅の日々 | Comments(0)

こんな林道なら歩くのも楽しい。

f0217617_9565515.jpg
山旅の終わりに登場する林道歩き。
たいていは殺風景で無粋で、
おおよそ旅の終わりを飾るには相応しくないのだけれど、
なかにはこんな林道もありました。
周囲は紅葉に囲まれ、
カラマツ林がそびえ、
道は未舗装、砂利もなしの土道。
地図上では、「林道徒歩1時間」の情報しかなかったけれど、
これは旅のフィナーレに相応しい、
予想外のうれしい道でした。
一度、路傍のクマザサが「ガサガサッ!」と揺らいでびびったけれど。
鬼怒沼から大清水へ至る道。
群馬県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-20 09:57 | 旅の日々 | Comments(0)

年に一度のノンアルコールビール試飲会。

f0217617_1019415.jpg
恒例、年に一度のノンアルコールビール試飲会。
いや、単に健康診断の前日というだけですが。
一年に一回しか飲まないので、
どれが新作でどれが継続商品なのかもわかりません。
でも、少なくともいえるのは、
ビールにコラーゲンが入っている必要はないと思うぞ、
「オール・フリー」。
あと個人的には、通常のビールに比べると、
のど越しはまだしても、
香りはまるで違うような気がするので、
こればかりはグラスに注いで飲むよりも、
缶のまま、香りが鼻にあんまりこないように飲んだほうが、
ダマされる気がします。
いずれにしても、いくらアルコールがゼロとはいえ、
スーパーの売り場には、
「大人を想定した商品です」と但し書きがあったり、
さすがに会社で仕事中に飲むのは許されないんだろうなとか、
いろいろ、まだ社会的安定性がない飲み物ではありますな。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-19 10:22 | 飲む日々、酔う旅、美味しい時間 | Comments(0)

ニッコウイワナで二題。

f0217617_13281534.jpg
鬼怒川の源流部を歩いていると、
先日の豪雨の影響でしょうか、
川っぺりにできた溜まりに、
そこそこ大きなイワナが取り残されていました。
場所からいってニッコウイワナでしょう。

f0217617_13284098.jpg
よくよく見ると一尾だけでなく何尾も。
もう禁漁期に入っているせいか、
のんびりと日だまりを泳いでいましたが、
本流に還れる日は来るのでしょうか。

f0217617_1329492.jpg
そしてこちらは日光澤温泉小屋の生け簀で飼われているイワナ。
掛け値なしに大きい。
40センチは軽く越えていますね。
ここまで大きいと塩焼きにしてもどうなのかなと思いましたが、
食事室の壁に、
「岩魚の刺身(2〜4名分)」という張り紙があってナットクです。
栃木県。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-18 13:30 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)

紅葉の一日を日光澤温泉小屋にて。

f0217617_18354766.jpg
昨夜はひとり、
奥鬼怒の日光澤温泉小屋に投宿。
この山小屋は個人的にはかなり好きな小屋のひとつです。

f0217617_18361633.jpg
昭和初期に再建されたという木造の家屋はもちろんですが、
この部屋がまたたまらんのです。
中央にコタツ、
見上げれば白熱灯、
障子を開けば外には紅葉の枝々がちらほら。
以前、冬に訪れたときも一面の雪景色に圧倒されました。
雪国出身の人なら当たり前の光景かもしれませんが。
なんだか、原稿用紙と万年筆で、
名文の一筆でもしたためなけらばならないような気分にもなるのですが、
それは無理。
ここはお酒の在庫も豊富なのです。
もちろん屋号に冠した温泉も素晴らしい。
f0217617_18363946.jpg
外湯、内湯ともに泉質も異なり、
今回は紅葉を仰ぎ見ながら、
のんびりと寛ぎました。
最寄り駅からバスで1時間半、そこから徒歩で2時間。
このプロムナードがまた、絶妙のオードブルのような気もします。
ここに泊まるためだけに来るのもありかな。
2015年。栃木県。
[PR]

by apolro | 2015-10-16 18:39 | 旅の日々 | Comments(0)

熊除け鈴を新調。

f0217617_10485531.jpg
熊除け鈴を新調。
今まで使っていたものよりも大きなやつ。
複数人数で山に出かけるときは、
主体的に鳴らすことすらあまりなのだけれど、
人の少ない平日、
そしてこの季節、
しかもあまりメジャーでない山域をひとりで歩くときは、
やっぱりちょっと気をつけたくなりますね。
今までのはチリンチリンと風鈴のような可愛い音色だったけど、
今度のはゴロンゴロンと低音が響く野太いタイプ。
どっちがクマに効果的なのかはわからないけれど、
とりあえず新しい鈴の音を聴いていたら、
夏に歩いた、フランスの牧草地のウシたちを思い出しました。
東京都。2015年。
[PR]

by apolro | 2015-10-14 10:50 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)