旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

<   2016年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


乗り継ぎ、ビール、乗り継ぎ。

f0217617_135856.jpg
ご心配おかけしました。
無事にヘルシンキ到着。
ここからレイキャビクへの乗り継ぎも55分というタイトさですが、
ヘルシンキの空港が機能的でなんとか間に合いそうです。
さあ、あとひとフライト。
ヘルシンキ/フィンランド。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-29 00:59 | 旅の日々 | Comments(0)

チェックインカウンターで発券できず。

f0217617_050054.jpg
出発早々にトラブル。
今回のルートは羽田、名古屋、ヘルシンキ、レイキャビクという航路なのだけれど、
羽田のチャックインカウンターでいきなり名古屋から先のチケットが発券できず。
40分ほど待たされた末に時間切れ。
とりあえず名古屋まで行って
共同運航のフェンランド航空カウンターでなんとかしてもらってけろとのこと。
乗り継ぎ時間1時間ちょいなのだけど大丈夫かね?
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-29 00:00 | 旅の日々 | Comments(0)

EURO2016でアイスランドがえらいことに。

f0217617_10413576.png
サッカーのEURO2016。
本戦初出場のアイスランドは、
ポルトガルやハンガリーといった
強豪居並ぶグループリーグを無敗で突破。
そして昨晩。
決勝トーナメント初戦でなんとイングランドに逆転勝利!。
ベスト8に進出しました。
こりゃあ、明日訪ねるレイキャビクの街も
ずいぶんと盛り上がってるでしょうなあ。
アイスランドとイングランドは、
「タラ戦争」なんかでいろいろと確執もあるでしょうし。
写真中央で両手を挙げているヒゲ面の選手、
いいですねえ。
いかにもバイキングの末裔といった面持ちです。
そして次の準々決勝の相手は開催国のフランス。
僕は山に入っちゃうからこれは見られないけれど、
これに勝って、さらに次の準決勝もものにすると、
決勝は7月10日。
その日なら、僕もレイキャビクに戻っているじゃないですか。
観たい!
応援したい!
頑張って奇跡を起こしてほしいなあ。
とりあえず、山を歩いている最中の楽しみがひとつ増えました。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-28 10:44 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

期日前投票へ。

f0217617_16232352.jpg
期日前投票へ。
投票日の一週間前からは、
各投票所にて行えるのですが、
それ以上前の場合は区役所でしか投票できないんだよね。
まあ、投票できるだけでもありがたいですが。
二週間も前のしかも平日なので、
さすがに投票しに来ている人なんていないかと思いきや、
並ばない程度に人が来ていてちょっとびっくり。
みんなそんなに長期不在にするとは思えないのだけれど。
「できるかぎり早めに投票しておくように」とか、
組織票にはそんな指示でもあるのでしょうか。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-27 16:23 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

アイスランドの装備選び。

f0217617_1745370.jpg
とりあえずアイスランド行きの装備をピックアップ。
現地の気候状況がいまひとつ明確でないので、
なんだかんだで装備が増える。
7月とはいえ部分的には残雪があり、
日中の気温は20℃以下、
朝晩は氷点下に下がることも。
途中何度か氷河から流れる激冷の川を、
膝下くらいの深さで渡渉することがある、そうだ。
うーん、
北アルプスの3000メートル峰の初夏といったところだろうか。
まあ、その未知数なところが旅の醍醐味なのだが。
東京都。2016年。

[PR]

by apolro | 2016-06-26 17:45 | 旅の日々 | Comments(0)

アイスランドへの道。

f0217617_16172511.jpg
なんとか仕事に区切りをつけ、
ようやくと来週半ばから出かけるアイスランドの山準備へ。
初アイスランドなので、
日本語で出ている資料はざっと目を通したものの
山旅に関するものはほとんどなし。
ようやくアマゾンUKで写真にあるガイドブックを見つけてひと安心。
しかし資料少ないな。
アイスランドというか北欧って
ここ数年流行っているように見えたのだけれど、
山旅に関してはその限りではなかったみたい。
僕がお気に入りの『旅の指差し会話帳』も
アイスランド語版は出ていないし。
(あの本、実用性よりも現地の人にウケルんだよね)
アイスランド語って特殊なアルファベットが多いうえ、
どうすればこの文字がそういう発音になるんだという単語ばかりで、
ローマ字読みが全然通用しなさそう。
幸いアイスランドの人は、
ほとんど人が英語はとても流暢だそうなので、
会話はなんとかなりそうですが、
問題は地名ですよ、地名。
自分が滞在する予定の地名すら、
読みかたがいまだにわかっていません。
これはもう、
現地についてからネイティブに発音してもらうしかないかな。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-25 16:19 | 旅の日々 | Comments(0)

梅雨時の運動不足問題。

f0217617_17184661.jpg
梅雨時は天候が不安定で、
どうしても山から足が遠のきがち。
2週間も行かないでいると、
次に行ったときにはちょっとしんどさを感じることがある。
昔はそんなことなかったのにね。
やはり年齢とともに体力の維持には
手間をかけないといけないのでしょう。
カズやイチローを見習ってね。
以前やっていた、
バカバカしいテレビを見るときは、
その間、筋トレをすることルールを復活させようかな。
夏の日差しが待ち遠しいです。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-24 17:19 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

夕方から晴れる。

f0217617_15372758.jpg
ここ数日、
東京地方の天気予報は、
「曇りときどき雨」的なものが続いているのに、
現実には午後2時くらいから急激に
晴れ渡るというパターンが多いですね。
おかげで夕方近くになって、
あわてて洗濯機に洗濯物を放り込むこと多いです。
梅雨前線の細かな動きは、
やはりなかなか予測しにくいのでしょうかね。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-23 15:38 | 日々のなかの旅 | Comments(0)

カメラを更新したわけですが。

f0217617_1816293.jpg
現在メインに使っているカメラはキヤノンのイオスkiss X7。
僕にとって必要な機能はほぼ備えているし、
なによりも本体重量わずかに370グラムというのが愛用の理由。
これはテントやら食料やらを担いでいく山旅には助かります。
へたなミラーレス一眼より軽いのではないでしょうか。
ただ5年以上も使っているうえ、
その多くが山という過酷な環境のせいもあってか、
最近、たまーに怪しげな挙動をすることがあるのが気がかりでした。
仕事で使う機会も多いことだし、
そろそろ買い替え時かなあと思ったのですが、
キヤノンはこのシリーズの軽量化にはもう興味がないのか、
次世代機のX8は本体重量510グラムと、
なんと大幅な重量化。
まあ、可動式モニタ標準装備というのが大きいんでしょうが。
で、結局同じX7をもう1台追加購入ということに。
値段もずいぶんこなれてきているし、
いずれ製造中止になる可能性もあるし、
かといって、次次世代機がさらに軽くなるかどうかは未知数だし。
使い勝手もわかっているし、
そしてそしてバッテリー、チャージャーといった
各種付属品がこれまでのをそのまま流用できるのがうれしい。
新旧をくらべてみても当然同じものなのですが、
新しいほうはけっこうマットな仕上がりです。
これ、別に仕様が変わったわけじゃなくて、
長く使っているうちに、
すり減ってツルツルの質感になっちゃったんですね。
いろんなところに一緒にいったもんなあ。
もちろん旧機もサブとしてこれからも頑張ってもらいますよ。
東京都。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-22 18:18 | 旅の道具、日々の道具 | Comments(0)

田植えとザリガニ。

f0217617_11481471.jpg
田植えをする田んぼの脇には用水路が流れている。
田植えのあとに小一時間ほど、
そこに竿を出すことが多いのだけれど、
今までに確認できた魚種は
オイカワ、ウグイ、カワムツといったところ。
で、これがなかなかの難敵。
川幅3メートルほどで、
周囲がボサに覆われていて、
竿を出せる場所が限られているうえ、
たぶん一番の原因は水量。
多いところでも水深20センチほどで、
上から魚影が丸見え。
ということは向こうからもこちらが丸見えということで、
かなり警戒心が強いみたい。
そこで今回は田植えの最中にお魚マンションを放り込んでおいて、
ほかにどんな魚が棲んでいるのか確かめようと画策したのだが、
やつらはそんなに甘くはない。
ザリガニしか入ってませんでした。
まあ、田植えのついでという心構えからしていかんのでしょうけれど。
埼玉県。2016年。
[PR]

by apolro | 2016-06-21 11:50 | 旅の生き物、日々の生き物 | Comments(0)