旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

田植えへ。

f0217617_11112070.jpg
友人の田植えを手伝いに埼玉県の武蔵嵐山へ。
数年前、東京からこの地に引っ越したイラストレーターの彼は、
いつの間にか米作りをはじめ、今では立派な「半農半描」の人。
なかなか都合が合わなかったのですが、今年ようやく参加できました。
この日、田植えを行った田んぼは広さ一町五畝(せ)。
150メートル四方といったとこでしょうか。
ちなみに一町は約100メートル四方、
その10分の1が一反、さらにその10分の1が一畝だそうです。
みんなが田んぼの端から横一列に並び、
張られた紐を定規代わりに一本ずつ手で植えていきます。
f0217617_11114884.jpg
見ていると、この作業は性格がでますね。
几帳面な人はピシーッときれいに、
大雑把な人は稲の列がぐらんぐらんとたわんでいます。
結局30人もの参加者があったこともあり、
田植えは2時間ちょっとで無事終了。
面倒を見てくれている地元の農家のかたからは、「今までで一番きれいに植わりましたね」とオホメの言葉をいただきました。
いつ雨が降ってもおかしくない空ももってくれました。
f0217617_1112187.jpg
終わった後は、みんなで用水路に入り、足を洗います。

さあ、結果は如何に。それは9月にわかります。
でも本当に大変なのは、これから定期的に行わなくちゃならない草取りだそうで。
頑張って、イガラシさん。
埼玉県。2011年。
[PR]

by apolro | 2011-06-19 11:17 | 旅の日々 | Comments(0)
<< 田植えノチ釣り。 『プラハ 1968』。 >>