旅と暮らしの日々 by sato tetsuya


今日の旅、昔の旅、そして狭間のよしなしごと。
by apolro
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
ブログとサイト
マイナー鉄道とイタリアを愛する駄菓子さんのブログ
いつも旅ごころ

黒くて大きな動物たちと暮らす詩人姐さんのブログ
トチの贈り物

高円寺「清浄」のシェフ・melさんのブログ
melのブログ

高円寺のアートなブックバー「ブラインドブックス」のブログ
BLIND BOOKS

高円寺のヘビーユースな庶民派バー「GOODY」のサイト
Dram shop GOODY

廃墟&脱力系サイト「ポンチハンター」さんのサイト
ポンチハンター

航空フォトグラファーにして文章も達者な阿施光南さんのブログ
風の探検隊

旅と読書とイタリアと鉄道と。ikeさんのブログ
ike blog

*ブログ内の写真、文章の無断転載はお断りします。
最新のコメント
最新のトラックバック
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
花の都市という異名を持つ..
from dezire_photo &..
祭壇画の秘宝「神秘の仔羊..
from dezire_photo &..
重要文化財・三重塔のある..
from dezire_photo &..
古代ローマの水道橋と旧市..
from dezire_photo &..
星を継ぐもの ジェイムズ..
from 粋な提案
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
ブログジャンル
ライフログ
画像一覧

『争うは本意ならねど』を読んだ。

f0217617_19265168.jpg
2007年。浦和レッズがアジアチャンピオンリーグを制覇したり、
最終節でリーグ制覇を逃したりに僕が一喜一憂していたころ、
Jリーグではひとつの冤罪が行われていました。
被害者は日本代表経験もある川崎フロンターレ(当時)の我那覇和樹。
そして加害者はJリーグという組織そのもの。
発熱、そして脱水症状からチームドクターに打ってもらった
一本のビタミンB1入り生理的食塩水注射を
裏も取らずにスポーツ紙が「我那覇、にんにく注射!」と報道、
そしてそれをもとに、Jリーグのアンチドーピング委員会が
我那覇をいきなりドーピングと判定する。
この判定はすぐに規定の運用ミスによるものと判明するのだが、
ここから話は一気に醜悪な方向へ。
Jリーグは組織のメンツを維持するためか、
ありとあらゆる圧力と詭弁を用いて誤った判定を覆すことはせず、
ついにはCAS(スポーツ仲裁裁判所)へ持ち込まれることになります。
我那覇を冤罪にしてならぬと、すべてのJリーグのチームドクター、
そしてサポーターたちが熱い支援を送り、ついに裁定は下される……。
巨大組織が体面の維持と保身に突っ走ったときの恐ろしさに背筋が寒くなります。
そのためには一人の選手を社会的に抹殺しかねないことにも躊躇がない。
本書で語られるJリーグ、そしてその傘下にあるアンチドーピング委員会の構図が、
原発事故を前にした政府と東京電力の構図に
とても似て見えてしまうのは想像力を働かせすぎか。
アンチドーピング委員会が違反を摘発する警察の役目と
その違反を認定する裁判の役目を兼務しているというのも、
経産省の管轄下に原子力保安院があったということと
妙にオーバーラップしてしまいます。
いずれにしてもJリーグの暗部にここまで光を当て、
今後の仕事にも絶対支障がでるだろう著者の勇気には感服。
久々に極骨太ジャーナリズムを読んだ気がしました。
この著者の本は書名に凝りすぎて、
知らない人にはいまひとつ内容が伝わりにくいことがあるのですが、
これはサッカーに興味のない人にもオススメの良書です。
東京都。2012年。

by apolro | 2012-02-22 19:30 | 日々のなかの旅 | Comments(0)
<< 今日の昼ごはん:メンチ塩ラーメン。 さいたま市西部を眺める。 >>